タグ:ガビチョウ ( 3 ) タグの人気記事

■ 鳥 3種   17.4.6   (ガビチョウ、カワセミ、ノスリ)

春の「嵐」とはいかないものの、天気悪化を思わせる強い春風が吹いている。蝶のスプリング・エフェメラル「ツマキチョウ」を撮りたいカメラマンと会うと「まだかなー」の一言が。雨模様が続くと予想されるので、しばらくはお預けです。

鳴き声が買われた外来種「ガビチョウ」が、これも外来種「コジュケイ」と声を競っている。猛禽ノスリがまだ居ついていた。カワセミのペアリングはおわったかな?。


ガビチョウ   17.4.4   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO200 1/250,F9
e0339873_17024509.jpg
        頭の上からけたたましい囀り声が聞こえてきた。
        藪の中を目を凝らして見ると、すぐ上で大きな口を開けて鳴いていた。


カワセミ   〃   〃 ISO800 1/500,F8
e0339873_17024673.jpg
        小さな女の子が「鳥がいるー」と見つけた。視線を下げて見ると、コブシの花の下、池の上のカワセミが見えた。
        大人の視線では気づかない位置でした。


ノスリ   4.3   〃 ISO400 1/320,F8
e0339873_17024591.jpg
        瓜久保に入ると、田んぼから飛び上がった鳥がいた。
        すぐ近くの木の枝に全身を晒してとまったのは、だいぶ前から姿を見せている猛禽ノスリです。
        すぐまた飛び去ったが、奥の広場へ行くと、何やら獲物を咥えて飛ぶところに出会った。

[PR]
by higirinikki2 | 2017-04-06 17:26 | 舞岡公園の鳥 | Comments(0)

■ 鳥 3種   16.11.6   (キビタキ、カワセミ、ガビチョウ)

小春日和の日が続いている。午前中、「急ぎ散策」に出た。園内某所で大勢のカメラマンが集まっていた。手近の枝にキビタキのメスがいた。皆は綺麗なオスを待っているようだったが、すでに朝早くから来た人にはその幸運にあずかったようだった。
こちらは「急ぎ歩き」のカメラマンですから、たまに大勢のカメラマンの「おこぼれ」を頂戴することがある。今日もその例でした。


キビタキ ♀   16.11.6   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/400,F6.4
e0339873_17335595.jpg
        ホントに地味な色合いの姿です。
        今シーズン、ぜひオスにご対面したいものです。


カワセミ   〃   〃   1/170,F5.6
e0339873_17355446.jpg
        31日の「電池切れ=撮影不能」事件以来、この池に居ついたらしい個体です。
        私にはあの日のリベンジ成功ですが、縄張り争いの結果ここに落ち着いたオトナ・オスなのでしょう。
        餌の量は?ちょっと不安です。


ガビチョウ   10.31   〃   1/105,F5.6
e0339873_1740451.jpg
        最近は園内の林や繁みがある所なら、どこでも声や姿に出会うことができる。
        この日も、数羽の群れが長久保の奥にやってきていた。
        台湾リスと同じく、「外来生物」が大きな顔をして動き回っています。

.
[PR]
by higirinikki2 | 2016-11-06 17:43 | 舞岡公園の鳥 | Comments(2)

■ ガビチョウ(画眉鳥)   15.12.25

またまた気温が15℃以上の暖かな天気になった。
おとといの「死屍累々」の鳥の写真をよく見てみたら、珍しいシーンがあったので取り上げることにした。


ガビチョウ   15.12.23   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/180,F5.6
e0339873_1871044.jpg
        園路を歩いていると、がさがさと葉を探る音が聞こえた。
        3~4羽のガビチョウの群れを追いかける形になった。

e0339873_1893775.jpg
        レンギョウ(?)の小枝の中に入って、地面の枯れ葉をひっくり返し始めた。

e0339873_1811721.jpg
        何か餌となるものを咥えたようだ。
e0339873_18114672.jpg
        どうやら蜘蛛のように見える。「やったー」というような目を見開いている。

e0339873_18132261.jpg


        ガビチョウ
        かなり大きな音色で美しく囀る。ウグイスやキビタキ、オオルリ、サンコウチョウといった他種の囀りをまねることがある。
        地上採食性で、地上を走り回って昆虫や果実を食べる。
        中国南部から東南アジア北部にかけて広く生息する。 日本では、ペットとして輸入された個体がかご脱けにより定着した。
        外来生物法で特定外来生物に指定されており、日本の侵略的外来種ワースト100選定種にもなっている。 (Wikipedia より引用)
[PR]
by higirinikki2 | 2015-12-25 18:17 | 舞岡公園の鳥 | Comments(0)