タグ:オオスズメバチ ( 2 ) タグの人気記事

■ トラップにかかるオオスズメバチ   17.4.30

気持ちよく晴れ上がった春の日。爽やかな風に誘われて散策に。風は花にも虫にも撮影上は敵です。

「小川アメニティ」の谷戸の入り口、山藤の咲き具合を見に行ったが開花はしばらく先のことのようだった。
その反対側のお宅の庭先にオオスズメバチ捕獲用に、ペットボトルに4か所穴を開けて、底に酢、砂糖水、酒を混ぜた液体を入れた「トラップ」が木にかかっているのを見つけた。

すぐにオオスズメバチの女王蜂が匂い(香り?)に誘われて飛んできた。


トラップ   17.4.30   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/100,F8
e0339873_18231634.jpg
        ボトルの向こう側に蜂がとまっている。
e0339873_18231606.jpg
        こちら側に回り込んできた。
e0339873_18231663.jpg
        匂いのする穴を見つけて覗き込んでいる。
e0339873_18231882.jpg
        頭を突っ込んだ。
e0339873_18231718.jpg
        頭を引っ込めて覗いている。
e0339873_18231762.jpg
        入った!(ゴミのようなものに隠されて見えにくいが)
e0339873_18231776.jpg
        内側で横になって掴まっている。
e0339873_18231773.jpg
        必死につかまっているようだ。
e0339873_18231749.jpg
        ついに肢を滑らせて液体に落っこちた。溺れて死ぬのだろう。

        庭先に出てこられたご主人に話を聞いた。
        「この時期、毎年スズメバチが前の山から飛んできて巣をつくろうとする。
        小川沿いに散歩する人が刺されるといけないので、トラップをかけているのです」とのことだった。

[PR]
by higirinikki2 | 2017-04-30 19:14 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ オオスズメバチ食事中   16.11.18

ちょっと「小春日和」。散策のタネは尽きない。

今日はオオスズメバチの観察をした。瓜久保に対面する営農畑の垣、サザンカの白い花が咲き続けている。この花に2頭のオオスズメバチがぶんぶん飛んでいた。小さな虫を狩っているかと思いきや、どうもサザンカの蜜を吸っているように見える。実は決死の覚悟で近接撮影しているのだが、花の中心に頭を突っ込んで、黄色い花粉にまみれている姿を見ると笑ってしまいました。



オオスズメバチとサザンカの花   16.11.18   FUJIFILM X-S1 24-624mm() ISO800 1/250,F6.4
e0339873_18215319.jpg
        このくらいの距離感で撮影するなら危険は感じないのだが。
        これでは迫力ある写真にはならない。


オオスズメバチ全体像   〃   〃 ISO200 1/500,F6.4
e0339873_18243166.jpg
        なにやら捕まえたのかじっとしているところ。
e0339873_18252279.jpg
        顔をのぞきこむ位置から。(トリミングしています)
        大顎がいかにも肉をひきちぎってやるぞという感じを与える。


オオスズメバチ 花に潜り込む   〃   〃   1/100,F6.4
e0339873_1829393.jpg
        雄蕊の根元まで頭を突っ込んでいます。何を食べて(齧って)いるのでしょう?
e0339873_1831315.jpg
        恐る恐る顔を覗き込んでみました。(トリミングしています)
        黄色い花粉にまみれた顔、しんそこ笑ってしまいました。

        この時期のオオスズメバチの生態については一切勉強していませんので、
        この2頭の行動の意味するところはわかりません。


.
[PR]
by higirinikki2 | 2016-11-18 18:33 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)