タグ:ウラナミアカシジミ ( 8 ) タグの人気記事

■ 名残のゼフ 3種   17.6.17   (ウラゴマダラシジミ、ミドリシジミ、ウラナミアカシジミ)

午前中、小谷戸の里の事務所での月1のボランティア作業に行く。前後の時間で散策。

カメラお仲間のGoさんに教えてもらったウラゴマダラシジミの卵を撮影、隣りのクリの木でミドリシジミに、トラフシジミ狙いのリョウブの木でウラナミアカシジミに出会った。


ウラゴマダラシジミ   17.6.17   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO200 1/100,F8
e0339873_18051479.jpg
        「産卵をおえた♀が出てきたので、見つけられた。そうでなければ、とても見つからないと思います」。
        Goさんの言葉通り、教えられても探し出すのがやっと。撮影も大苦労でした。解像が悪いです。
e0339873_18051444.jpg
e0339873_18051576.jpg
        視野の中に2か所、5個と2個の塊りがあった。


ミドリシジミ   〃   〃 ISO800 1/250,F8
e0339873_18051410.jpg
        クリの木の葉陰で見つけた。開翅はとても望めない状況です。


ウラナミアカシジミ   〃   〃  ISO800 1/125,F8
e0339873_18051516.jpg
        トラフシジミを捜していると、赤っぽい蝶を見つけた。こんな時に、こんな所に、と思う蝶でした。


トラフシジミ ?   〃   〃  ISO400 1/640,F5.6
e0339873_18051542.jpg
        恥ずかし画像です。
        リョウブの木にトラフシジミを見つけたのですが、飛び回っていてピントを合わせられない内に見失いました。


[PR]
by higirinikki2 | 2017-06-17 18:20 | ・ゼフィルス | Comments(0)

■ ミドリシジミ   17.6.5

3日、4日の早朝にミドリシジミが大量発生したらしいので、月2回の早朝歩きに続けてミドリシジミ探索に行った。8時前では遅かったのか、開翅しているメスを撮り損なった以外、1頭も出なかった。

朝飯返上で、別ポイントに行くとクリの木の下にカメラマンが集まってオスの開翅を待っていた。が、開かず、皆諦めて離れていった。一人になって、それならばと枝を引き寄せてのマクロ撮影、吸蜜に懸命でいつまでも付き合ってくれた。「ありがとう」。


ミドリシジミ   17.6.5   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/400,F8
e0339873_18045119.jpg
e0339873_18045060.jpg
e0339873_18045024.jpg
        2枚目、吸蜜する管(口吻)が見えます。


        途中、アカシジミとウラナミアカシジミが近接撮影を許してくれました。


アカシジミ   〃   〃 1/80,F7.1
e0339873_18045083.jpg
        アジサイの葉とコラボした色彩が綺麗ですね。


ウラナミアカシジミ   〃   〃 1/250,F8
e0339873_18045120.jpg
        こちらはヤブマオの葉にとまっていた。
        こんなに接近しなくてもいいのですが。

[PR]
by higirinikki2 | 2017-06-05 19:10 | ・ゼフィルス | Comments(0)

■ ゼフ第4弾はウラナミアカシジミ   17.6.1

6月1日といえば「衣替え」、詰襟学生服を脱いでカッターシャツだけでよくなった高校時代を思い出す。朝の超満員電車での通学はタイヘンだったのです。

今日の散策では第5弾のゼフに出会ったのですが(それは明日にして)、第4弾のウラナミアカシジミはきのうの散策の最後の最後、まさに神様のご褒美でいただいたものです。


ウラナミアカシジミ   17.6.1   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/160,F8
e0339873_18042650.jpg
        御覧のような人通りの多い場所で目立っていました。

e0339873_18042722.jpg
        よく見ると左下翅にあるべき尾状突起が見えません。

e0339873_18042751.jpg
        早くも何者かに襲われて食いちぎられたのでしょうか。
        お尻にも顔があるかのように偽装した効果でもあるのかな?

[PR]
by higirinikki2 | 2017-06-01 18:20 | ・ゼフィルス | Comments(0)

■ ゼフィルス追跡   16.5.27   (アカシジミ、ウラナミアカシジミ、ミズイロオナガシジミ)

夜中から降り出した雨が昼過ぎまで続いていたが、やんだ2時過ぎ寒ささえ感じる中をゼフを求めて歩いた。
雨上がりの冷たい風の中では、さすがに見つからない。

かなり傷んだアカシジミとウラナミアカシジミがいた。綺麗なウラナミアカシジミと羽化直後のミズイロオナガシジミ、の4頭に出会うことができた。


アカシジミ   16.5.27   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO1600 1/500,F5.6
e0339873_218676.jpg
        左後翅を齧られている。尾状突起を頭と間違えたのは誰だろうか?


ウラナミアカシジミ   〃   〃   1/250,F5.6
e0339873_21102728.jpg
        右前後翅を大きく齧られている。


   〃   〃   1/600,F5.6
e0339873_21114697.jpg
        新鮮個体もいました。ちょっと撮影しにくい位置でしたが。


ミズイロオナガシジミ   〃   〃   1/250,F5.6
e0339873_21125969.jpg
        かなり小型でしたが、これも羽化直後かと思われる。
[PR]
by higirinikki2 | 2016-05-27 21:14 | ・ゼフィルス | Comments(0)

■ ゼフ第2弾は ウラナミアカシジミ   16.5.19

今日もすこし強めの涼しい風の吹く、青空の日。ゼフ第2弾探しに出たのですが、満開近いイボタノキの白い花の周辺を丹念に探すもウラゴマダラシジミは見つからず。
諦め半分で、「最近はアカスジキンカメムシを見ないなー」と目を凝らしたナツグミの葉の中に、思いもかけぬウラナミアカシジミが風に揺れていた。

大揺れに揺れるナツグミの葉に必死にしがみついているウラナミアカシジミを、フラッシュで写し止めてみた。


ウラナミアカシジミ   16.5.19   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/140,F5.6
e0339873_1830525.jpg
e0339873_18301223.jpg
e0339873_18302089.jpg
        綺麗ですね~。


アカシジミ 1   〃   〃   ISO400 1/45,F5.6
e0339873_18312263.jpg
        園路際の斜面にいました。園内どこでも見られるようになりそうです。

〃 2   〃   〃   ISO800 1/170,F5.6
e0339873_18334523.jpg
        ウラナミアカシジミのいた付近の場所で見つけました。
[PR]
by higirinikki2 | 2016-05-19 18:34 | ・ゼフィルス | Comments(0)

■ ウラナミアカシジミ   15.5.28

今夜遅く、帰宅予定です。

おとといの散策、ウラゴマダラシジミが見つからず、「そういえば、ウラナミアカシジミをマクロ撮影できていなかった。なんとか、できないかな」と望みながら、例の場所へ。クリの花は末期になっていましたが、手の届く位置にウラナミアカシジミがいました。


ウラナミアカシジミ   15.5.26   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/300,F8
e0339873_22221415.jpg
e0339873_22223041.jpg

[PR]
by higirinikki2 | 2015-05-28 18:16 | ・ゼフィルス | Comments(0)

■ ウラナミアカシジミが全開翅   15.5.24

天気予報が外れた。「なんだ、雨はふりそうもない」とわかって3時頃に散策に。途中「あ、今日は千秋楽。早く帰らなくては」と急ぎ帰宅。
その道で、思いかけないシーンに出会った。


ウラナミアカシジミ    15.5.24   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO1600 1/90,F8
e0339873_21331834.jpg
        きのうと同じ木にいた。
        ゼフ第3弾は見つからず、しょんぼり帰る道すがら出会ったのが次のシーンです。


〃    〃   〃   1/90,F8
e0339873_21355934.jpg
        下草の中にオレンジ色の姿を見つけた。
        裏側を見てビックリ。

e0339873_21372822.jpg
        なぜ、草につかまって表翅をひろげているのだろうか?
        飛んでいるところか、標本になっているか、いずれにしろ完全な開翅しているところを見る機会はないでしょう。

e0339873_21393666.jpg
        もういちど裏翅をよく見た。
        左下翅に穴があいているように見える。飛べないのだろうか?
[PR]
by higirinikki2 | 2015-05-24 21:41 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ ゼフ第2弾は ウラナミアカシジミ   15.5.23   (ウラギンシジミ、キタテハ)

今日も爽やかな風が吹く「行楽日和」。明日は天気が崩れる予想なので、ゼフ探しに出る。
第2弾はウラナミアカシジミだった。先着カメラマンが撮影中だったので、撮らせてもらう。


ウラナミアカシジミ    15.5.23   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO1600 1/250,F8
e0339873_2165750.jpg
        ヤマグワの葉の上にいる。角度があってこれ以上は接近できない。

〃 
e0339873_21124552.jpg
        アカシジミが数頭いるクリの木にいた。こちらも高い位置で、これ以上は接近できなかった。
        いずれマクロ撮影できる位置で撮影したいものだ。


ウラギンシジミ   〃   〃   1/240,F8
e0339873_2195882.jpg
        この頃、園路を歩いているところを、まとわりつくように飛んでいる。
        「白い稲妻」とひそかに呼んでいるチョウです。


キタテハ   5.21   〃   1/1000,F8
e0339873_21155887.jpg
        こちらも最近よく見るチョウだ。
        赤っぽい「春型」から産まれた「夏型」で黄色っぽいのが特徴です。
[PR]
by higirinikki2 | 2015-05-23 21:17 | ・ゼフィルス | Comments(0)