タグ:ウラゴマダラシジミ ( 9 ) タグの人気記事

■ ゼフ 落穂拾い   17.6.22   (ミドリシジミ、ウラゴマダラシジミ)

きのうの荒れた天気が収まって蒸し暑い1日に。強風で折れた木の枝が散乱する公園を歩いた。

ミドリシジミはまだ産卵を控えている筈と探してみた。B型♀の開翅姿が撮れた。


ミドリシジミ   17.6.22   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/160,F8
e0339873_17235736.jpg
        幼虫の食草である榛の木の下草を見つめていると、開翅する姿が見えた。
        葉の隙間からなのでピントが合わないうちに飛ばれた。
e0339873_17235783.jpg
        足元の草にとまって、すぐに開翅した。
        ちょっと擦れていたが、綺麗なブルーの紋様のB型メスだった。

e0339873_17235729.jpg
        場所を変えて探しに行くと、榛の木にとまった個体を見つけた。
        産卵するつもりだったのだろうか、ちょっと近づきすぎたので飛ばれた。


ウラゴマダラシジミ   〃   〃  ISO1600 1/160,F8
e0339873_17235653.jpg
e0339873_17235641.jpg
        移動中、園路際を白い蝶が飛んだ。
        ちょっと傷んではいるが、「まだ頑張っているんだね」と思わせる個体だった。


[PR]
by higirinikki2 | 2017-06-22 17:41 | ・ゼフィルス | Comments(0)

■ 名残のゼフ 3種   17.6.17   (ウラゴマダラシジミ、ミドリシジミ、ウラナミアカシジミ)

午前中、小谷戸の里の事務所での月1のボランティア作業に行く。前後の時間で散策。

カメラお仲間のGoさんに教えてもらったウラゴマダラシジミの卵を撮影、隣りのクリの木でミドリシジミに、トラフシジミ狙いのリョウブの木でウラナミアカシジミに出会った。


ウラゴマダラシジミ   17.6.17   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO200 1/100,F8
e0339873_18051479.jpg
        「産卵をおえた♀が出てきたので、見つけられた。そうでなければ、とても見つからないと思います」。
        Goさんの言葉通り、教えられても探し出すのがやっと。撮影も大苦労でした。解像が悪いです。
e0339873_18051444.jpg
e0339873_18051576.jpg
        視野の中に2か所、5個と2個の塊りがあった。


ミドリシジミ   〃   〃 ISO800 1/250,F8
e0339873_18051410.jpg
        クリの木の葉陰で見つけた。開翅はとても望めない状況です。


ウラナミアカシジミ   〃   〃  ISO800 1/125,F8
e0339873_18051516.jpg
        トラフシジミを捜していると、赤っぽい蝶を見つけた。こんな時に、こんな所に、と思う蝶でした。


トラフシジミ ?   〃   〃  ISO400 1/640,F5.6
e0339873_18051542.jpg
        恥ずかし画像です。
        リョウブの木にトラフシジミを見つけたのですが、飛び回っていてピントを合わせられない内に見失いました。


[PR]
by higirinikki2 | 2017-06-17 18:20 | ・ゼフィルス | Comments(0)

■ ひさしぶりのゼフ 3種   17.6.9   (ミドリシジミ、オオミドリシジミ、ウラゴマダラシジミ)

「梅雨に入った」とはいえ、今日は日差しもあって暑くなった。5日のミドリシジミ1頭以来、ゼフ探し空振りの日が続いていた。今日もそうなるかと思っていたが、昼間近にバタバタと3種に出会った。


ミドリシジミ   17.6.9   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO1600 1/125,F8
e0339873_17432550.jpg
        近くに栗の木がある木の下陰では、なかなか開翅はしてくれなかった。


オオミドリシジミ   〃   〃 1/1250,F8
e0339873_17432694.jpg
        「虫仲間」が「オオミドリは意外な所に姿を見せるんだ」と言ったとたん
        「今飛んだのはオオミドリ?」と私が見つけた。すぐに開翅したのは♀だった。


ウラゴマダラシジミ   〃   〃 1/320,F8
e0339873_17432638.jpg
        もうすっかり姿を消したと思われていたが、なんと新鮮個体です。
        この後、近くで少し傷んだ個体も見つけた。まだいるのです。


[PR]
by higirinikki2 | 2017-06-09 17:53 | ・ゼフィルス | Comments(0)

■ ゼフ再見   17.6.3   (アカシジミ、ウラゴマダラシジミ、ミズイロオナガシジミ)

昨夜は、25年くらい前に机を並べていた会社の同僚とのOB会で自由が丘に。今日は、ウオーキンググループ「悠々会」の例会で多摩丘陵を歩いてきました。

きのうで「ゼフ6種制覇」を達成したものの、出会う個体数は全体的にいつもの年よりも少ない気がする。その少ない出会いの報告です。


アカシジミ   17.6.2   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO1600 1/80,F8
e0339873_21293771.jpg
e0339873_21293752.jpg
        この日、例の栗の木は花が終わりの時期になっていて、アカシジミが乱舞するのを見ることができなかった。
        そのかわり、園路沿いの斜面で見るこよができた。


ウラゴマダラシジミ   6.1   〃 ISO400 1/1000,F8
e0339873_21293679.jpg
        ルリシジミに似た、より大きめの白い蝶がウツギの花で吸蜜行動をしていた。
        羽化後、日時が経っているようで、やや黒ずんで見える。


ミズイロオナガシジミ   6.1   〃 ISO800 1/320,F8
e0339873_21293677.jpg
        すこし小さ目の個体が強風をこらえて葉にしがみついていた。

   6.2   〃 ISO1600 1/250,F8
e0339873_21293607.jpg
        こちらは、もっと小さい個体。やはり強風をこらえてクサギの葉にとまっていた。



[PR]
by higirinikki2 | 2017-06-03 21:44 | ・ゼフィルス | Comments(0)

■ ゼフ第3弾はウラゴマダラシジミ   17.5.31

早くも5月末日です。「日々、何も考えずに散策ばかりしていてもなー」と思いながらも、出かけてしまうのは何なのでしょうね。

「何も考えないわけでもなく、今日こそは新しいゼフに出会うぞ」と思っているのですが。毎日「空振り」が続くと、「神様、こんなに出会いを熱望して、散策をしている男にご褒美をくださいよ」と念じたところ、なんと目の前に大きめの白い蝶が飛び出しました。「ゼフ第3弾」のウラゴマダラシジミの新鮮個体でした。


ウラゴマダラシジミ   17,5,31   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/160 F8
e0339873_17122218.jpg
e0339873_16534839.jpg
e0339873_16534851.jpg
e0339873_16534865.jpg
e0339873_16534727.jpg


[PR]
by higirinikki2 | 2017-05-31 18:53 | ・ゼフィルス | Comments(0)

■ ウラゴマダラシジミ   16.5.30

昨夜来の雨が降り続いて、昼間は弱い雨になったままです。きのうの疲れもあって休養日にしました。

おとといの散策途中で出会ったウラゴマダラシジミです。


ウラゴマダラシジミ 1   16.5.30   15.5.28   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/600,F5.6
e0339873_1717977.jpg
        大きなイボタノキの上の方を飛んでいるウラゴマダラシジミを見つけました。
        下の方に降りてきてくれません。

ウラゴマダラシジミ 2
e0339873_1719883.jpg
        イボタノキの向こう側の蘆の葉の上にとまってくれた。
        翅が傷んでいるようです。

ウラゴマダラシジミ 3
e0339873_17204894.jpg
e0339873_17205551.jpg
        イボタノキと葦の中間の樹(アオキかな?)の葉にとまったところを見つけました。
        ゆっくりと開翅、この方向だけからしか撮れません。が、独占取材(?)です。

        ゼフ制覇、残るはミドリシジミの、♀の開翅、♂の卍飛び、を追いかけます。
[PR]
by higirinikki2 | 2016-05-30 17:25 | ・ゼフィルス | Comments(0)

■ ゼフ第3弾は、一挙3種   16.5.26   (ミドリシジミ、ミズイロオナガシジミ、ほか)

薄曇りの空、すこし湿っぽい空気の日。正味6日ぶりの散策に。

ミドリシジミが羽化を始める頃と読んで、フィールドに。先着カメラマン数名がいた。数えること数頭を見つけた。全部が♂だったが、ちょっ遠めだったがよく開翅していた。


ミドリシジミ   16.5.26   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/90,F5.6
e0339873_19471926.jpg
        教えられて見たのが開翅する姿でした。撮影角度で、青黒く見えます。

e0339873_19485289.jpg
        下草の葉の上で翅を閉じている個体です。これが飛んで、高い葉の上に。

e0339873_1950862.jpg
        すぐに開翅した。

e0339873_19505374.jpg
        別の個体を下草に見つけた。葉の隙間ながら、真横から撮影できた。

e0339873_19515879.jpg
        また別の個体を葦の間に見つけた。


ミズイロオナガシジミ   〃   〃   1/250,F5.6
e0339873_19535937.jpg
        ミドリシジミと離れて、別のゼフを捜しに。
        また、先着カメラマンに所在を教えられた。アキカラマツの葉の上で風に揺られていた。


ウラゴマダラシジミ   〃   〃   1/280,F5.6
e0339873_19561632.jpg
        ルリシジミかと思い込んで撮影した。
        画像チェックしたらウラゴマダラシジミだった。
[PR]
by higirinikki2 | 2016-05-26 19:58 | ・ゼフィルス | Comments(0)

■ ゼフ第4、5弾は ウラゴマダラシジミとミドリシジミ   15.5.30

天気のはっきりしなかった昨日は「お疲れ休み」をしたが、一転して気持ちよい日となった今日。
昼弁当をはさんで、古民家で紙芝居を演じる妻の手伝いをした。その前後に散策に出た。

ゼフ第4、5弾は ウラゴマダラシジミとミドリシジミ。


ウラゴマダラシジミ   15.5.30   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO1600 1/900,F8
e0339873_1823224.jpg
        食草イボタノキの花がおわろうとしている。
        今シーズンは、とうとう出会えないのかと思っていたウラゴマダラシジミだったが、執念で捜し出した。
        そうとう擦れていて痛々しい姿をしていた。


ミドリシジミ   〃   〃   1/280,F8
e0339873_18272285.jpg
e0339873_18273449.jpg
        ようやくミドリシジミに出会えた。といっても、いつもの年より早い時期かな?
        先着カメラマンが場所を教えてくれた。


〃 開翅   〃   〃(trimming)   1/170,F8
e0339873_18294825.jpg
        別の場所で開翅していた。角度が悪く水色に見える。


〃 卍飛び   〃   〃(trimming)   1/680,F8
e0339873_183105.jpg
        早くも♂の卍飛びが出現した。上の2枚は、いずれも証拠写真ですが。
[PR]
by higirinikki2 | 2015-05-30 18:32 | ・ゼフィルス | Comments(0)

■ ゼフィルスの幼虫 2種   15.5.8   (ミドリシジミ、ウラゴマダラシジミ)

本当に爽やかで温かな日、こういう日を「五月晴れ」と言って良いのかな?

今月末から出現するシジミチョウ「ゼフィルス」の仲間、その幼虫を2種見つけた。

ミドリシジミ   15.5.8   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/140,F7.1
e0339873_21294128.jpg
e0339873_21295812.jpg
        園内某所の観察ポイント、ハンノキを下ってくる幼虫を2頭見つけた。
        今月末には成蝶を見ることができるだろうか?

e0339873_21353514.jpg
        昆虫観察仲間から「ぎょうざ」と呼ばれている、この正体は?
        ミドリシジミの幼虫が、食草であるハンノキの葉を丸めて、その中に潜っています。「巣」です。


ウラゴマダラシジミ 幼虫   5.8   〃   ISO1600 1/680,F8
e0339873_21394667.jpg


〃 蛹   5.8   〃    1/160,F8
e0339873_21415038.jpg
        観察仲間が「ここにいるよ」と教えてくれた。食草であるイボタノキの葉についている。
        「蛹は寄生蜂にやられている可能性がある」、とのことだった。
[PR]
by higirinikki2 | 2015-05-08 21:44 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)