タグ:アカボシゴマダラ ( 14 ) タグの人気記事

■ アカボシゴマダラ 春型 ♂   17.5.21

一気に真夏になったかのように暑い。風がすこし乾いた感じなのが救いか。

栗の木を中心にアカシジミ探しに励むも空振り。黒い大きな蝶がなかなか撮れず、小さい蝶も出会えず。例年、姿をよく見るアカボシゴマダラも、5日前に春型を一回見たきり。「不調」です。(蝶が少ないのか、私の運がないのか、どちらか)。


アカボシゴマダラ 春型 ♂   17.5.16   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/400,F8
e0339873_18313583.jpg
        狐久保の石畳道を歩いていると、右手の木の上をひーらひーらとゆっくり飛ぶ白い蝶。
        今季、初見のアカボシゴマダラ。白黒がはっきりしていて、紅い斑点がないので「春型 ♂」です。
        真っ白に見える春型♀の姿は、今日の散策で目撃したが撮影はできなかった。

[PR]
by higirinikki2 | 2017-05-21 18:37 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ アカボシゴマダラの(越冬?)幼虫   16.11.29

11月16日に紹介した「アカボシゴマダラ幼虫群」ですが、最近の寒さでエノキの葉も枯れ始めてきました。
その後、どうなっているのか、追跡取材してみました。

緑色をした幼虫はほとんどいなくなり、残った幼虫は、①黒っぽくなった姿で枯れ葉に同化している、か ②黒っぽくなって枝の別れ際のところにしがみついている。


枯れ葉とともに   16.11.27   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO3200 1/250,F5
e0339873_1612149.jpg
        真冬になって、アカボシゴマダラの越冬幼虫に詳しい人たちが、
        落ち葉をひっくり返して幼虫を探していることは知っていますが、実際の姿を見たことはありません。

        この画像の幼虫は、この枯れ葉が下に落ちれば、そのままそこで越冬するということなのだろうか?


枝にとまって   11.28   〃 ISO1600 1/250,F8
e0339873_16184368.jpg
        この幼虫は、このままここで越冬するのでしょうね。

       今日から4日間、旅に出ています。この記事は「予約投稿」です。

.
[PR]
by higirinikki2 | 2016-11-29 16:03 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ アカボシゴマダラ幼虫がいっぱい   16.11.16

「晴れ」の予想が外れたようで曇り空で寒い。この秋3回目の「古民家説明」は岡津小、すこし早めの到着だったので、早めに開始し見学・遊びの時間にも余裕ができ、楽しそうに勉強し遊んでいったようだ。

帰宅途中、先輩「虫撮りカメラマン」氏に教わった「アカボシゴマダラ幼虫がいっぱい」のエノキの幼木を観察、撮影をした。すでに終齢段階にあるはずで小さいまま越冬準備に入っているようだ。正確には、4齢で越冬するらしいです。このまま葉について地面に展開するのだろうか?または、枝の又にとどまる幼虫もいるのかも。
今日も「一夜漬け」の説明で、正確なところはわかりません。画像だけ、ご覧ください。


幼虫がいっぱい   16.11.16   FUJIFILM XQ2 6.4-25.56mm ISO400 1/320,F3.6
e0339873_18195518.jpg
e0339873_18202097.jpg
e0339873_18202917.jpg
e0339873_18213086.jpg
        レンズが複数の幼虫を捉えた画像です。合計で9頭になる。
        以下、単独画像で3頭、総計12頭だが、撮影していなかったのがあるので、
        結局このエノキの幼木の葉には、全部で15頭がいました。
        さて、何頭が来春に成蝶になれるだろうか?


単独の幼虫
e0339873_18283675.jpg
e0339873_18284412.jpg
e0339873_18302765.jpg
        

        拡大してみると
e0339873_18314182.jpg
        いろいろとブツブツしたものがあるのですね。

.
[PR]
by higirinikki2 | 2016-11-16 18:31 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ ゴマダラチョウとアカボシゴマダラの幼虫   16.11.11

お昼頃までかなり強く降り続いた雨が上がった午後一、もと勤めていた会社の戸塚駅利用者でつくった「戸塚会」の集まりが駅前居酒屋であった。6人全員が70歳を超えた集まりなので、話題は入院体験や服薬品など健康に関することが中心。こうして集まって酒酌み交わすのが大事、だからこそ、またの再会までの健勝を祈るや切。

里山ではエノキの葉はまだ緑でついている。エノキの葉を食草としているゴマダラチョウとアカボシゴマダラの幼虫、いずれ落ち葉の陰や枝の又で越冬することになる。
両者の識別ポイントは、下に黄色い字で示したことに尽きます。


ゴマダラチョウ 幼虫   16.11.8   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/14,F8
e0339873_202218.jpg
e0339873_2022930.jpg
        ゴマダラチョウ=背中の突起が3つで尾端は開く。


アカボシゴマダラ 幼虫   11.3   〃   1/80,F5
e0339873_2044148.jpg
        アカボシゴマダラ=背中の突起が4つで上から3つ目が大きく、尾端は閉じる。


        記事掲載後に気づいたのですが、アカボシゴマダラの幼虫、
        体の下に抜け殻のような白い繊維状のものが見えます。
        これは、いったい何なのでしょうか?  
        これは、どうやら脱皮殻のようです。古い頭部は下に落下して写っていなかったようです。
        知っていれば探したものを。後の祭り、です。
e0339873_2018266.jpg


.
[PR]
by higirinikki2 | 2016-11-11 20:06 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ アカボシゴマダラ   16.9.4

夜半に降った雨が上がって昼間は時々日の光が射していた。きのうの疲れで、今日は休養日に。

最近の散策ではアカボシゴマダラの姿をよく見かけるようになった。


産卵するアカボシゴマダラ   16.8.31   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/52,F6.4
e0339873_1817175.jpg
        すこし翅がいたんでいる、大きめのアカボシゴマダラ。
        こちらも葉が少なめのエノキ、その枝の割れ目あたりに尻を押し付けていた。
        産卵しているのだと思います。


アカボシゴマダラの幼虫   〃   〃   1/42,F6.4
e0339873_18201843.jpg
        近くの葉に幼虫がいました。

   9.2   〃   1/160,F8
e0339873_18252954.jpg
e0339873_18255291.jpg
        同じ幼虫だろうか、上から見てみました。
        こんな角をしているのですね。

.
[PR]
by higirinikki2 | 2016-09-04 18:27 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ チョウ 3種   16.7.22   (モンキアゲハ、アカボシゴマダラ、モンキチョウ)

やっぱり「梅雨寒」だったようです。長袖シャツでないと寒い。2日続きの休養日に。退屈です。

おとといの散策で出会ったチョウたちです。


モンキアゲハ   16.7.20   FUJIFILM X-S1 24-624mm() ISO1600 1/1400,F5.6
e0339873_1724840.jpg
        歩き始めてすぐに黒いアゲハに出会った。なかなかとまってくれない。
        やっと桑の葉の上にとまった。こんなアングルも面白いかな?


アカボシゴマダラ   〃   〃 ISO800 1/600,F5.6
e0339873_17305165.jpg
       今年は出会う回数が少ない。ひらひら飛んで来て、目の前のエノキの葉(?)にとまった。


モンキチョウ 黄色型♀   〃   〃 ISO800 1/500,F5.6
e0339873_17361468.jpg
        翅を開くと白い、これは黄色型の♀です。
        いろいろの葉にとまっては尻を押し付けている。
e0339873_17385058.jpg
        そのクローバの葉を見ると卵が見えた。

.
[PR]
by higirinikki2 | 2016-07-22 17:39 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 大型のチョウ 3種   16.7.9   (クロアゲハ、ナガサキアゲハ、アカボシゴマダラ)

小谷戸の里での会議に出るため、かなり強い吹き降りの中を歩いて行った。

きのう撮影した大型のチョウ 3種です。今シーズンは、アゲハ類が少なく撮影チャンスがなく、これが初めてかな。


クロアゲハ   16.7.8   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/450,F5.6
e0339873_18581266.jpg
e0339873_18582031.jpg
        「さくらなみ池」の干上がった泥の上で吸水する黒いチョウが。
        ヤマグワの葉にとまってお休み。


ナガサキアゲハ ♀   〃   〃(trimming)   1/1400,F5.6
e0339873_1914776.jpg
        実が成った姿をみたことのない柑橘系の樹にナガサキアゲハ♀が2頭、産卵らしき動きをしていた。
        全然、動きをとめることがなく撮影不能に。アガパンサスにとまったところです。
        

アカボシゴマダラ♀   〃   〃(trimming)   1/1400,F5.6
e0339873_195454.jpg
        今シーズン初めて見るアカボシゴマダラ夏型です。
        上のナガサキアゲハともつれるように飛んでいたが、エノキの若い幹に尻をのばして産卵した。

.
[PR]
by higirinikki2 | 2016-07-09 19:09 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ コムラサキ♀   15.9.13

午前中、薄曇りで涼しかった。庭の雑草が伸びて「草取りをするには今日しかない」という状況、2時間かけて終えたが疲れて以後は休養に。

きのうの散策で、水車小屋の前の柿の木にアカボシゴマダラが乱舞していた。そこにいた高校生が「ゴマダラチョウがいましたよ」と教えてくれたが見つからなかった。かわりに、コムラサキ♀が目の前のアオキの葉の上で開翅してくれた。


柿の木   15.9.12   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/320,F8
e0339873_22113030.jpg
        柿の実が熟し始めて色づいてきた。そこにタテハチョウの仲間が熟柿を啄みに来る。そこへスズメバチもやって来る。


アカボシゴマダラ
e0339873_2215741.jpg
        じゅくじゅくになって今にも落ちそうな実はまだない。
        鳥が齧ってくれれば蝶もかじれるのだろう。実にとまった姿が撮りにくい。


e0339873_22172210.jpg
        アオキの葉にペアがとまった。交尾にはいたらなかったが。
        上翅が丸みを帯びている上の個体が♀、鋭角の下の個体が♂だろうか?


コムラサキ
e0339873_22203192.jpg
        アオキの葉にとまったコムラサキ。暫らく翅をとじていた。


e0339873_22214778.jpg
        じきに翅を開いた。残念!♀でした。
[PR]
by higirinikki2 | 2015-09-13 22:22 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ アカボシゴマダラが羽化ラッシュ   15.8.30

天気予報は午前中は「曇り」だったが、9時過ぎから小雨、本降りになった。

ひさしぶりの田んぼ作業「草取り・水抜き」に参加、炊き出し昼食、午後は案山子作り、夕方から小谷戸の里の会議出席、1日中フル活動をして6時前に帰宅した。

小さなエノキに沢山いたアカボシゴマダラの幼虫が、順調に蛹になり羽化ラッシュを迎えた。
すっかり公園に定着してしまった「外来種」アカボシゴマダラです。


羽化直後のアカボシゴマダラ   15.8.28   FinePix F200EXR 6.4-32mm ISO800 1/110,F3.3
e0339873_21291982.jpg
e0339873_21215664.jpg
e0339873_2122369.jpg
        早朝散歩の途中、7時半頃のシーンです。

   8.30   〃   1/60,F3.3
e0339873_21235136.jpg
        田んぼに行く途中の9時頃のシーンです。

   〃   〃   1/60,F4.6
e0339873_2125145.jpg
e0339873_21252153.jpg
        午後5時半、本降りの雨の中、まさかと目を疑いました。
[PR]
by higirinikki2 | 2015-08-30 21:26 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ アカボシゴマダラが羽化   15.8.21

蒸し暑いが真夏日にとどまる日、連日の散策もできるようになった。

春に観察したエノキの若木に、またアカボシゴマダラの幼虫がいっぱいついていた。今朝、覗き込んでみると羽化したばかりと思われる新鮮個体がいた。


アカボシゴマダラの幼虫   15.8.16   FinePix F200EXR 6.4-32mm ISO400 1/150,F3.3
e0339873_21451342.jpg
        丸々と太った終齢幼虫がいっぱい。
        エノキの葉が食い尽くされる寸前でした。


〃 蛹   8.20   〃   1/220,F3.3
e0339873_21465270.jpg
        4日後、すでに蛹になったものもいました。
        奥にも幼虫がいます。


〃 蛹の抜け殻   8.21   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/125,F8
e0339873_21514578.jpg
        「きのうの蛹は?」と捜したら、すでに抜け殻になっていました。
        「ああ、羽化してしまったか」と、羽化シーンを観察できなかったのを残念に思った。
       すると・・・


〃 羽化直後?   〃   〃   1/70,F8
e0339873_21582963.jpg
        50cmくらい上で新鮮個体を見つけた。当然、夏型です。
[PR]
by higirinikki2 | 2015-08-21 21:56 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)