■ ミズキが泣いている?   17.4.7

夜半の雨は上がっていたが曇り空で風が強い。明日の花見行に備えて休養日に。

お役所の年度末予算消化を思わせるように、3月中は園内の老木が切り倒されるシーンをいくつか目撃した。その中でミズキの切り口から、まるで涙が流れ出るように樹液が出ていた。それが時間の経過で、赤橙色に変化してきて目撃者に「なんだ?」と思わせていた。きのうの散策中、その理由を説明する表示がされていることに気づいた。


ミズキの切り口   17.4.3   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/80,F8
e0339873_17270537.jpg
        伐採前の姿がないのだが、園路にかぶさるように枯れたように見える枝が倒れかかっていたミズキの大木でした。
        万一、通行人がいる時に倒れたら危険だったので伐採はやむをえなかったと思う。
        異様なのは、写真のように樹液が大量に流れ出て、しかも色づいていることだった。


伐採されたミズキ   4.6   〃 ISO200 1/250,F8
e0339873_17270694.jpg
        もう一本、伐採されたミズキがありました。同じように樹液が流れています。


説明表示
e0339873_17270605.jpg
        この木の根方にこのような説明表示がされていました。

        「ファフィア酵母」ってなんだ? 調べてみました。

        JA全農が提供する畜産総合情報サイトに「ファフィア酵母の実用化に成功!」という記事がありました。
        それによると
        JA全農では新しい卵黄着色原料の開発を進めた結果、癌に対する予防効果やコレステロールの抑制作用などが
        あるとされる天然色素アスタキサンチンを含む原料としてファフィア酵母の実用化に成功しました。
        従来、消費者のし好により、卵黄色を一定以上に高めるため、一般的にパプリカ(赤トウガラシ)由来の
        卵黄着色原料が使用されていますがパプリカは品質のバラツキや価格変動が比較的大きく、
        使用上の管理が難しい原料の一つでした。

        ファフィア酵母は、近年その機能などが明らかとなった酵母で、自然界ではミズキやナラの樹液に生息し、
        ピンク色から赤色のバター状コロニーを形成します。
        今回、実用化に成功したファフィア酵母は、遺伝子組み換え技術を用いない育種や製造方法の改善により
        生産したもので、天然カロチノイドであるアスタキサンチンを高濃度に含有しています。


        この開発により「ファフィア酵母の卵黄着色効果」と「アスタキサンチンの機能性効果の活用」
        が期待されるようです 

[PR]
# by higirinikki2 | 2017-04-07 18:10 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 鳥 3種   17.4.6   (ガビチョウ、カワセミ、ノスリ)

春の「嵐」とはいかないものの、天気悪化を思わせる強い春風が吹いている。蝶のスプリング・エフェメラル「ツマキチョウ」を撮りたいカメラマンと会うと「まだかなー」の一言が。雨模様が続くと予想されるので、しばらくはお預けです。

鳴き声が買われた外来種「ガビチョウ」が、これも外来種「コジュケイ」と声を競っている。猛禽ノスリがまだ居ついていた。カワセミのペアリングはおわったかな?。


ガビチョウ   17.4.4   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO200 1/250,F9
e0339873_17024509.jpg
        頭の上からけたたましい囀り声が聞こえてきた。
        藪の中を目を凝らして見ると、すぐ上で大きな口を開けて鳴いていた。


カワセミ   〃   〃 ISO800 1/500,F8
e0339873_17024673.jpg
        小さな女の子が「鳥がいるー」と見つけた。視線を下げて見ると、コブシの花の下、池の上のカワセミが見えた。
        大人の視線では気づかない位置でした。


ノスリ   4.3   〃 ISO400 1/320,F8
e0339873_17024591.jpg
        瓜久保に入ると、田んぼから飛び上がった鳥がいた。
        すぐ近くの木の枝に全身を晒してとまったのは、だいぶ前から姿を見せている猛禽ノスリです。
        すぐまた飛び去ったが、奥の広場へ行くと、何やら獲物を咥えて飛ぶところに出会った。

[PR]
# by higirinikki2 | 2017-04-06 17:26 | 舞岡公園の鳥 | Comments(0)

■ 蛇アパートに春が来た   17.4.5

ようやく本当の春が来た、という感じ。気温は20℃近くまで上がり、強い春風も吹いた。

「蛇アパート」と呼んでいる石垣に、一昨日に姿を見せたアオダイショウが昨日も今日もいた。太陽光を体に浴びて温まっている。顔は識別できないが、どうも3頭はいるようだ。

蛇が苦手の方、ごめんなさい!


蛇アパート   17.4.4   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO200 1/80,F9
e0339873_18265556.jpg
        この石垣の凹んだ所には小石などが詰まっていて、その隙間が蛇が冬眠するに絶好の場所なのです。


アオダイショウ 1   〃   〃 1/50,F9
e0339873_18265539.jpg
        上の写真の主です。


〃 2   〃   〃 1/125,F9
e0339873_18265526.jpg
        石垣の左手の方にいた。


〃 3   4.5   〃 ISO400 1/100,F8
e0339873_18355411.jpg
        今日、全長を見せていた個体です。きのうとは離れた場所にいた。3頭目とします。

[PR]
# by higirinikki2 | 2017-04-05 18:38 | 舞岡公園・その他の生き物 | Comments(2)

■ アミガサタケ   17.4.4

きのうよりいちだんと暖かくなった日、サクラもいちだんと咲き進んだ。「おおなばの丘」や「けやき広場」では花見のグループが、花と食事(酒と歌は控えめに)を楽しんでいた。

サクラの木の下ではアミガサタケが発生し始めていた。


アミガサタケ   17.4.3   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO200 1/160,F8
e0339873_17520061.jpg
e0339873_17520085.jpg
e0339873_17520008.jpg
e0339873_17520167.jpg


[PR]
# by higirinikki2 | 2017-04-04 17:53 | 舞岡公園のキノコ | Comments(0)

■ フデリンドウ   17.4.3

ようやく「春が来た」と思える暖かさ(空気はひんやりしているが)になった。桜が一気に咲き進みそうだ。

園内某所で、初春の花「フデリンドウ」が咲き始めていた。


フデリンドウ   17.4.3   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO200 1/250,F8
e0339873_18405055.jpg
e0339873_18311737.jpg
e0339873_21310798.jpg
e0339873_18311817.jpg
e0339873_18311801.jpg

[PR]
# by higirinikki2 | 2017-04-03 18:38 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)