■ 交尾 3態   17.6.7   (スジグロシロチョウ、カノコガ、セアカツノカメムシ)

「梅雨寒」だろうか?曇り空で気温が低い。フィールドではゼフの姿が見えない。

そんな所で「交尾拒否」で尻を上げているメスに交尾を迫るオスがいた。そういえば、交尾する昆虫の写真が溜まっていることに気づいた。何回かのシリーズを続けます。


スジグロシロチョウ   17.6.7   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/320,F8
e0339873_18104177.jpg
        右側、草の葉の陰で尻を持ち上げて「交尾拒否姿勢」をとっているメス。
        左側、執拗に交尾を迫ってなんとか隣りにくっつこうとしているオスです。

   6.1   〃 ISO400 1/640,F8
e0339873_18104186.jpg
        6日前の画像です。合意して交尾しているペアです。

        「交尾拒否」については、詳しい記事を過去に掲載しています。
        スジグロシロチョウの産卵  07.4.28


カノコガ   6.7   〃  ISO400 1/80,F8
e0339873_18103132.jpg
        逆様にとまっているところを横から撮影しました。綺麗な紋様をしていますね。


セアカツノカメムシ   6.2   〃  ISO800 1/100,F8
e0339873_18102418.jpg
        (チョウのペアの画像がないので、カメムシの画像です)
        ツノカメムシの仲間に会ったのは久しぶりでした。綺麗な姿をしたペアですね。


[PR]
# by higirinikki2 | 2017-06-07 18:40 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 蛾 3種 (2)   17.6.6   (ウコンカギバ、ムジホソバ、ヨツボシホソバ)

昨日、今日とふだんより早い時間と夕方に散策に出るもゼフに出会えず。ふだんの行いが悪いのか、そもそも時間・天候が合っていないのか。

それにひきかえ、蛾はよく目に入ってくる。


ウコンカギバ   17.6.4   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO1600 1/160,F8
e0339873_18494136.jpg
        こういう色を「ウコン(鬱金)色」というのか。なるほど。


ムジホソバ   〃   FUJIFILM XQ2 6.4-25.6mm ISO400 1/200,F1.8
e0339873_18494050.jpg
        「無地の細い蛾」?。


ヨツボシホソバ ♀   6.2   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO1600 1/40,F9
e0339873_18494047.jpg
        ♂ には名前の由来となった4つの黒い星があるのだが、
        ご覧のように、♀ にはない。全く別種のように見える。
 
[PR]
# by higirinikki2 | 2017-06-06 18:59 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ ミドリシジミ   17.6.5

3日、4日の早朝にミドリシジミが大量発生したらしいので、月2回の早朝歩きに続けてミドリシジミ探索に行った。8時前では遅かったのか、開翅しているメスを撮り損なった以外、1頭も出なかった。

朝飯返上で、別ポイントに行くとクリの木の下にカメラマンが集まってオスの開翅を待っていた。が、開かず、皆諦めて離れていった。一人になって、それならばと枝を引き寄せてのマクロ撮影、吸蜜に懸命でいつまでも付き合ってくれた。「ありがとう」。


ミドリシジミ   17.6.5   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/400,F8
e0339873_18045119.jpg
e0339873_18045060.jpg
e0339873_18045024.jpg
        2枚目、吸蜜する管(口吻)が見えます。


        途中、アカシジミとウラナミアカシジミが近接撮影を許してくれました。


アカシジミ   〃   〃 1/80,F7.1
e0339873_18045083.jpg
        アジサイの葉とコラボした色彩が綺麗ですね。


ウラナミアカシジミ   〃   〃 1/250,F8
e0339873_18045120.jpg
        こちらはヤブマオの葉にとまっていた。
        こんなに接近しなくてもいいのですが。

[PR]
# by higirinikki2 | 2017-06-05 19:10 | ・ゼフィルス | Comments(0)

■ 蛾 3種   17.6.4   (ユウマダラエダシャク、トンボエダシャク、シロヒトリ)

快晴、強風の日が続く。午前の散策、夕方の会議、さらにその後の散策と半日以上は公園に関わる。

夕方の散策では、蛾が目立った。


ユウマダラエダシャク   17.6.4   FUJIFILM XQ2 6.4-25.6mm ISO640 1/30,F1.8
e0339873_20535484.jpg
        最近の園内でよく見かける。今が羽化の盛りなのだろうか?
        ひらひら、蝶とは少し違う飛び方をするので目立つこともある

e0339873_20535471.jpg
        翅を立ててとまることもあるのが、「蛾」一般とは違うような気がする。


トンボエダシャク   〃   〃  ISO400 1/50,F1.8
e0339873_20535400.jpg
        今季の初見。白と紺の紋様が日本的に見える。

e0339873_20535525.jpg
        腹を上げて逆さまにとまっている。焦点深度が浅く、翅の紋様がわかりにくいですね。


シロヒトリ   6.2   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO1600 1/200,F8
e0339873_21213027.jpg
        真っ白な大型の蝶がひらひらゆっくり飛んで葉の裏に逆さまにとまった。
        蝶ではなく蛾だった。肢と腹の一部に真っ赤な箇所があるという。それを見つけて撮影するには位置が悪かった。
        悪名高き「アメリカシロヒトリ」とは別種です。


[PR]
# by higirinikki2 | 2017-06-04 21:03 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ ゼフ再見   17.6.3   (アカシジミ、ウラゴマダラシジミ、ミズイロオナガシジミ)

昨夜は、25年くらい前に机を並べていた会社の同僚とのOB会で自由が丘に。今日は、ウオーキンググループ「悠々会」の例会で多摩丘陵を歩いてきました。

きのうで「ゼフ6種制覇」を達成したものの、出会う個体数は全体的にいつもの年よりも少ない気がする。その少ない出会いの報告です。


アカシジミ   17.6.2   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO1600 1/80,F8
e0339873_21293771.jpg
e0339873_21293752.jpg
        この日、例の栗の木は花が終わりの時期になっていて、アカシジミが乱舞するのを見ることができなかった。
        そのかわり、園路沿いの斜面で見るこよができた。


ウラゴマダラシジミ   6.1   〃 ISO400 1/1000,F8
e0339873_21293679.jpg
        ルリシジミに似た、より大きめの白い蝶がウツギの花で吸蜜行動をしていた。
        羽化後、日時が経っているようで、やや黒ずんで見える。


ミズイロオナガシジミ   6.1   〃 ISO800 1/320,F8
e0339873_21293677.jpg
        すこし小さ目の個体が強風をこらえて葉にしがみついていた。

   6.2   〃 ISO1600 1/250,F8
e0339873_21293607.jpg
        こちらは、もっと小さい個体。やはり強風をこらえてクサギの葉にとまっていた。



[PR]
# by higirinikki2 | 2017-06-03 21:44 | ・ゼフィルス | Comments(0)