■ ヒメハラナガツチバチ?   17.9.5

きのうまでの寒く感じる日和から変わって暑くなった。

1日の散策で出会ったツチバチの仲間。背中からの画像が欲しかったところですが、華奢な印象と、黄色の帯の色が薄く、毛も少ないので「ヒメハラナガツチバチ」とします。触覚が長いので♂個体です。


ヒメハラナガツチバチ?   17.9.1   FUIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/250,F8
e0339873_18371281.jpg
e0339873_18371642.jpg
        ツルボの花に来たハチ。目当ては花粉?蜜?


[PR]
# by higirinikki2 | 2017-09-05 17:38 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 蛾 3種 (3)   17.9.4   (オオウンモンクチバ、サザナミスズメ、フタテンシロカギバ)

このまますんなりとは秋の気候には移っていかないのだろう。

同定困難で放っておいた蛾たちがいました。がんばって同定を試み、やっと名前が分かった(つもり)。


オオウンモンクチバ   17.9.1   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO1600 1/320,F8
e0339873_21285485.jpg
        瓜久保の草原で追いかけまわして、ようやく全身像が撮れた。
        「アツバ」の仲間かと思ったが、じきに特異な紋様で「オオウンモンクチバ」と同定した。


サザナミスズメ   〃   〃 ISO400 1/100,F8
e0339873_21285431.jpg
        「さくら広場」のトイレで見つけた。以前、どこかで見た記憶はあったが、同定に苦労した。
        「スズメガ」の仲間の特徴を頭に入れてあれば、すぐにわかっただろうに。


フタテンシロカギバ   〃   〃 ISO3200 1/640,F6.4
e0339873_21285574.jpg
        てっきり「シャクガ」の仲間と思い込んで検索を重ねたのに、似た蛾はみつからなかった。
        以前、購入して活用していなかった「昆虫探検図鑑1600」で、ほかの科の蛾のページを繰っていて、やっと見つけた。
        丸っぽい印象を与える姿から「シャクガ」の中から見つけようとしていたのに、「まさか」の「カギバガ」の仲間にいました。
        いちど憶えてしまえば間違いようがないのに。どこに、鉤翅があるのだ!

 

[PR]
# by higirinikki2 | 2017-09-04 17:22 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ アゲハチョウ(ナミアゲハ)   17.9.3

台風が去って秋の気候に(なればいいが)。きのうの疲れをとるのと、6日からの旅行の準備で散策はお休みに。

長久保のカラタチの垣根で、アゲハが産卵を繰り返していました。


産卵するアゲハ   17.9.1   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/300,F8
e0339873_13293570.jpg
e0339873_13293511.jpg
e0339873_13293666.jpg
        産まれてくる幼虫が十分に食事できるように、
        枝の先端の若葉で伸びてくる根元に卵を産んでいます。

e0339873_13293558.jpg
        垣根の足元では吸蜜にも余念がありませんでした。


[PR]
# by higirinikki2 | 2017-09-03 17:30 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ ハラアカヤドリハキリバチ   17.9.2

台風15号が素早く本州東方海上を抜けたおかげで、10時過ぎくらいから雨が上がり青空が広がってきた。涼しい北風が吹いたおかげで、ウォーキング仲間「悠々会」の今月の例会「溝の口駅~日吉駅の約15kmを歩く」を楽しんでこれました。
きつい坂道の上下を繰り返すコースで、どこを歩き何を見てきたかの報告は困難なので割愛します。

きのうの散策で、7月26日の記事で誤った同定を訂正した「ハラアカヤドリハキリバチ」の本物に出会うことができました。


ハラアカヤドリハキリバチ   17.9.1   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/250,F8
e0339873_20571037.jpg
e0339873_20571044.jpg
e0339873_20571085.jpg
        腹が真っ赤なハチに出会いました。
        「これぞハラアカヤドリハキリバチだ」と勇躍、カメラを向けてシャッターを切るのですが、
        次々と花から花へ移動するので、なかなか望む写真がとれません

e0339873_20570931.jpg
e0339873_20570920.jpg
        ようやく「ハラアカ」を示す姿を撮れました。

        ハラアカヤドリハキリバチはオオハキリバチの巣に侵入し、オオハキリバチの幼虫を殺し、そこに卵を産み付ける。
        「労働寄生」と呼ばれる習性を持っているのだそうです。
        ブログ 「そよ風のなかで」 さんの記事で、この習性が説明されていましたので、ご覧くださいね。


同定を誤っていた 7月23日の記事 を再掲します。

ハラアカヤドリハキリバチ? ツマアカクモバチ   17.7.23   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/320,F8
e0339873_16570673.jpg
        腹の先端が赤いハチ?
        手掛かりはこの赤い腹なのですが、断定できません。

        田仲義弘様のご指導で「ツマアカクモバチ」と判明しました。
        「アシガタグモ」や「コアシダガグモ」を狩るそうです。

        「蜘蛛を狩る蜂」の記事は、過去に下記の3つがありました。御覧ください
        ■ クモを狩るハチ キバネオオベッコウ   11.7.26
        ■ ジョロウグモを狩るベッコウクモバチ   15.8.14
        ■ ゴミグモを狩るオオシロフクモバチ   16.5.13 



[PR]
# by higirinikki2 | 2017-09-02 21:09 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 古民家周辺の花 3種   17.9.1   (オミナエシ、タマアジサイ、ナンバンギセル)

大型台風15号の動きがとまったようで、天気が良くなってきた。おとといの散策で見つけた花たちです。


オミナエシ   17.8.30   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/160,F8
e0339873_09211315.jpg
        鮮やかな黄色の細かい花、ボリューム感を出すのはむずかしいですね。


タマアジサイ   〃   〃 1/250,F8
e0339873_09211396.jpg
        小さな池に張り出すように咲いている花です。


ナンバンギセル   〃   〃 ISO320 1/100,F8
e0339873_09211363.jpg
        今年はミョウガ畑の前方、見やすい位置にいっぱい出現してくれました。


[PR]
# by higirinikki2 | 2017-09-01 17:55 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)