■ ツマキチョウ   17.4.12

また春が戻ったようで、昼過ぎには気温が20℃を超えたと思える暑さを感じさせた。谷戸は「山笑う」状態になりかかっている。春の花・虫も姿を見せている。

3月末からずっと姿を追い求めてきた「ツマキチョウ」に、園内某所のタンポポ道でやっと出会えた。
たんぽぽにはとまらなくなったモンシロチョウより、ちょっと小ぶりの白い蝶が、この道を行ったり来たりしているなと見つめていたら、目の前のタンポポにとまった。


ツマキチョウ   17.4.12   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/1000,F8
e0339873_17361893.jpg
        逃げられないように、まず望遠でそっと撮る。
e0339873_17361835.jpg
        吸蜜に夢中のようなので、そっと近づいてマクロで撮影する。
        傍に仲間のカメラマンがいる時に、こんな動きをすると「動かないで遠くから撮るように」と
        注意されるところだが、ひとりなので「自己責任」で動く。
        でも、裏翅を撮ろうと、しゃがみこもうとしたら飛ばれた。

e0339873_17361721.jpg
        羽化したばかりで腹が減っているのだろうか、また戻ってきて吸蜜に余念がない。
        だが、しゃがみこむのはさせてくれない。
e0339873_17361726.jpg
        もう一度、戻ってきてくれてすこしだけ裏翅を撮らせてくれた。

        次の機会には、裏と表を綺麗に撮りたいですね。
       当然ながら、今度は♀にも会いたいものです。

       今年は春と冬の陽気が行ったり来たりで、ツマキチョウの出現時期は遅い方かなと思って、
       過去の撮影時期を調べてみた。  過去記事  ツマキチョウ
        16.4.6  15.3.29  14.3.28  13.3.28  12年記事なし
        11.4.13  10.4.17  9年記事なし  08.4.28
        早い時期から探し求めるようになった13年以降では、やはり遅いようです。

[PR]
# by higirinikki2 | 2017-04-12 18:22 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 鯉幟のある風景   17.4.11

異常気象だろうか?また真冬の寒さに戻って雨が降り続いている。休養日として、きのうTV録画しておいた「美空ひばり」の番組を4時間近くも見続けてしまった。

古民家のお雛様がしまわれた後は、五月節句の人形が飾られて庭では二組の鯉幟が泳いでいる。


鯉幟のある風景   17.4.4   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO200 1/200,F9
e0339873_19075091.jpg
e0339873_19075062.jpg
e0339873_19075118.jpg
e0339873_19075197.jpg


[PR]
# by higirinikki2 | 2017-04-11 19:58 | 舞岡公園の行事 | Comments(0)

■ お花見 (4) 舞岡公園   17.4.10

6日から続いていたぐずついた天気がようやく好転して青空らしきものが見える日に。
足元での花見ができていなかったので、満開を迎えて花が散り始めた園内を歩いてみた。
明日はまた強い雨風が予想されているので、今年の花見は散々なままで終わりそうだ。


こぶし広場の桜   17.4.10   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/500,F8
e0339873_18353411.jpg
e0339873_18403434.jpg
        これほど桜の木があったかなと思わせるほど、花いっぱいの状態だった。
        大きな木の下では園舎を持たない幼児教育団体「もみの木」が、創立20周年の活動を開始していた。


おおなばの丘の桜
e0339873_18572789.jpg
e0339873_18353517.jpg
        名称の由来がわからない広場ですが、ここでは2~3のグループが花見の宴を展開していた。
         染井吉野だけでなく大島桜も枝垂桜も点在していて見頃状態だった。


ばらのまるの丘の桜
e0339873_18502319.jpg
e0339873_18353404.jpg
        尾根のように張り出している丘の両側や真ん中にある桜が満開状態に。
        休日なら花見グループが木の下に陣取っているだろうに。
        「独り占め」状態で見て回ってきました。


小谷戸の里の桜
e0339873_18353519.jpg
        入口の門を入ってすぐの右手の枝垂れ桜が見頃です。


斜面の桜
e0339873_18353512.jpg
        苗代田んぼの向こう側の斜面で大島桜の真っ白な花がいっぱいです。

[PR]
# by higirinikki2 | 2017-04-10 19:09 | 舞岡公園・その他 | Comments(0)

■ お花見(3) 根岸森林公園と三渓園を歩く   17.4.9

きのうは臨時「悠々会」でお花見。天気に恵まれず雨中の歩きでした。雨天の桜もよいかと気を取り直して紹介することにします。

桜の季節は、私個人にとっては根岸森林公園は4年ぶり、三渓園は11年ぶりです。しかし、悠々会では初めてだったので楽しみにしていたのですが。まー、雨に打たれる桜もよいかなと思ったのに、画像を整理してみると桜の写真はほとんどありませんでした。少ない写真の中からです。


根岸森林公園の桜   17.4.8   FUJIFILM XQ2 6.4-25.6mm(相当) ISO400 1/800,F4.5
e0339873_16274600.jpg
e0339873_16274777.jpg
e0339873_17332993.jpg
        桜の花がどすぐろく見えるかも。今思うと遠景の桜ばかりで、桜の木の下には行ってなかったようです。


三渓園の桜   〃   〃 1/1000,F2.8
e0339873_16274670.jpg
e0339873_16274692.jpg
e0339873_16274601.jpg
        カメラに雨がかかるのを恐れてか、桜の花をあまり撮っていなかったようです。

[PR]
# by higirinikki2 | 2017-04-09 17:00 | 交友記 | Comments(0)

■ センボンヤリ   17.4.8

「雨よ、降らないでくれ」という祈りも空しく終日雨に降りこめられてしまった。ウォーキンググループ「悠々会」の臨時会は、「2か月中国勤務、1カ月日本勤務」という仕事を続けているHi氏を迎えての花見歩き「根岸森林公園と三渓園」は、雨にたたられての花見会になってしまった。なんとか撮影してきた画像はお見せするに足る出来栄えではありませんでした。ので、通常の植物画像とします。

小谷戸の里、事務所から古民家へつづく道の両側にセンボンヤリが年々、増殖してきました。
秋には「閉鎖花」が結実して「千本槍」の姿を見せてくれるのですが、春、今頃はそれとは全く違った「菊」のような花を咲かせて見せてくれます。


センボンヤリ17.4.4FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO200 1/80,F8
e0339873_21160560.jpg
e0339873_21160644.jpg
e0339873_21160655.jpg
e0339873_21160793.jpg
e0339873_21160724.jpg

[PR]
# by higirinikki2 | 2017-04-08 21:16 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)