■ ありじごくーウスバカゲロウ   15.9.11

大雨→堤防決壊、が宮城・岩手県でも起きた。地球温暖化の影響か?

久しぶりの青空で午前中4時間も散策してしまった。中で、思わぬ収穫です。


ありじごく   15.9.11   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/160,F11
e0339873_22121252.jpg
        水屋の前の乾いた地面に穴が開いていた。
        「舞スター」のOさん、今年の新人Kaさんが教えてくれた。

        「ありじごく」です。 こどもの頃、縁の下の乾いた土にこんな穴がいくつもあった。
        ぼんやりお坊ちゃまだった私は、当時は、これが「ありじごく」だとは知らなかった。


ウスバカゲロウ 幼虫
e0339873_2217455.jpg
        ふたりが「この穴には、これがいるのだ」と教えてくれた。
        土にまみれて体表面がどうなっているのか見えない。
        が、カマキリの鎌のようなギザギザの刃のついた前肢(?)大顎が見える。


アリジゴクの蟻
e0339873_22201234.jpg
        Kaさんが、掴まえた蟻を穴に入れると、すぐに穴に引きずり込まれた。

蟻とウスバカゲロウ幼虫
e0339873_2222334.jpg
        引きずり込まれないように抵抗する蟻を引き上げると、ウスバカゲロウ幼虫も上がってきた。
        無理矢理引き上げたからか、ウスバカゲロウ幼虫は死んだふりをしているらしかった。
[PR]
# by higirinikki2 | 2015-09-11 22:24 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 広角マクロ画像   15.9.10   (ツマグロヒョウモン、サトキマダラヒカゲ、ジョロウバチ)

不幸なことに、北関東に降った50年に一度の大雨で鬼怒川の堤防が決壊した。孤立した家で救助を求める人たちを、ヘリで救助するシーンがTVで中継されている。

最近の散策で「広角マクロ」で撮影した画像があります。脈絡なく掲載します。


ツマグロヒョウモン   15.9.5   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/480,F8
e0339873_1644030.jpg


サトキマダラヒカゲ   9.6   〃   1/160,F8
e0339873_1662650.jpg


ジョロウバチ   〃   〃   1/125,F8
e0339873_1672714.jpg

[PR]
# by higirinikki2 | 2015-09-10 17:56 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ イオウイロハシリグモ   15.9.9

台風18号が東海地方を北上、秋雨前線に向かって関東地方を北上する雨雲が大雨をもたらした。が、4時過ぎから青空も見えている。このまま、雨が上がってくれればいいな、と思っている。

きのうに続いて、6日の散策からの報告です。
蜘蛛の子のかたまり「団居(まどい)」が目につく時期だ。この日は、2ヵ所で団居とそれを見守る母蜘蛛に出会った。


イオウイロハシリグモ   15.9.6   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/160,F8
e0339873_17145660.jpg
        まず目についたのは、葉陰にある黒いかたまり。あきらかに「団居」だ。
        近くを探すと「いたいた」、イオウイロハシリグモのお母ちゃんだ。


〃 子蜘蛛たち
e0339873_17173143.jpg
        背中に筋がある子蜘蛛たちが群れている。「フー」と息を吹きかけてやると、慌てて分散するのがおもしろい。


〃 母親
e0339873_1719527.jpg
        すぐ傍で見守ってやってもよいのに、と思う距離感だが。


イオウイロハシリグモ 2   〃   〃   1/160,F8
e0339873_17214169.jpg
        こちらの親子は絶妙の距離感にいるようだった。


イオウイロハシリグモ 幼体   〃   〃   1/240,F8
e0339873_1724365.jpg
        こちらは、まだ幼体、いずれ母親になるのだろうか?

        過去記事  イオウイロハシリグモ


        参考までに、過去記事の中から 「卵のうを抱える ♀」 を紹介します。

卵のうを抱える ♀   14.9.8   FinePix F200EXR 6.4-32mm ISO200 1/105,F3.3
e0070891_19535920.jpg
        健気にも卵のうを守り、孵化した子供たちも近くで見守ってやる、
        イオウイロハシリグモは母親の鑑ですね。「本人」はどう思っているのでしょうね。

        今の時期、探せばみつかるのでしょう。
[PR]
# by higirinikki2 | 2015-09-09 17:24 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ オオカマキリの捕食   15.9.8

秋雨前線に台風が接近・融合して大雨が予想されている。

おとといの散策で見つけたオオカマキリの捕食シーンです。
肉食カマキリの猟の形態は「待ち伏せ」です。周囲の草葉に紛れてじっとしている。気づかずに接近した昆虫などを、あの鎌で捕まえるのです。
おとといも、何気なく見た藪の中にシオカラトンボがいるのが不自然に思えて、覗き込んだところ「オオカマキリ」が鎌で抱きかかえているところだったのです。


オオカマキリ   15.9.6   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/420,F9
e0339873_18513357.jpg
        まるで抱っこしているように見えますが、
        よく見ると鋭い刃のついた鎌ががっちりと確保しています。

e0339873_18531831.jpg
        首根っこを抑えられています。

e0339873_18534394.jpg
e0339873_18535098.jpg
        トンボが1秒間に何回、羽ばたいているのか知らないが、その翅を動かしている筋肉は凄いですね。
        その筋肉はカマキリにとってのご馳走でしょう。
[PR]
# by higirinikki2 | 2015-09-08 18:56 | 舞岡公園の虫 | Comments(2)

■ 赤紫色の花 3種   15.9.7   (ヤハズソウ、ヒメジソ、ツルマメ)

朝方まで強い雨が降ったりしていて、昼間は雨が上がって曇り空の1日。早朝歩きも雨の中だった。

最近の散策から、秋の花です。


ヤハズソウ   15.9.5   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/350,F8
e0339873_17481577.jpg
        「なかまるの丘」の階段を降りようと下を向いた時に目に入ってきた小さな花です。

        過去記事  ヤハズソウ


ヒメジソ   〃   〃   1/200,F8
e0339873_17503039.jpg
        小谷戸の里「まい小谷戸屋」の隣りの花壇で咲いている。
        
        過去記事  ヒメジソ


ツルマメ   9.6   〃   1/450,F8
e0339873_1753624.jpg
        園内の藪で見られるようになった。絵になるシーンを見つけるのが難しい。

        過去記事  ツルマメ
[PR]
# by higirinikki2 | 2015-09-07 17:55 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)