■ ウラギンシジミ 手乗せ   15.7.14

猛暑の日が続く。小谷戸の里に行かねばならない用事が出来て、ついでにちょっと散策してきた。

「白い稲妻」ウラギンシジミが、強風に耐えて大揺れのヤマブキの葉にしがみついていた。


ウラギンシジミ   15.7.14   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO1600 1/500,F8
e0339873_171579.jpg
        揺れがとまった一瞬、開翅した。綺麗なオレンジ色をした♂だった。


〃 手乗り   〃   〃   1/320,F8
e0339873_175453.jpg
e0339873_1751326.jpg
        しがみついているのも辛いだろうと、指をさしのべてみた。
        例によって「はなのあぶらをちょとつけ」た指、塩分か何か好きな匂いでもするのかな?

        過去記事   ウラギンシジミ
[PR]
# by higirinikki2 | 2015-07-14 17:09 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 蜘蛛 3種   15.7.13   (クサグモ、ネコハエトリ、サツマノミダマシ)

台風11号が押し上げる熱気(?)で関東地方が熱帯気候になっている。外へ出る気力が湧かない。

最近の散策で見つけた蜘蛛 3種です。


クサグモ   15.6.29   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/80,F8
e0339873_1825367.jpg
        ヒイラギモクセイの垣、葉と葉のあいだのいたる所にクモの巣 (棚網と管状住居) が張られている。
        トンネル状に絞られている奥にクモが顔を出している。フーと息を吹きかけるとスッと潜り込む。

        過去記事  クサグモ

ネコハエトリ   7.8   〃   1/75,F8
e0339873_1828195.jpg
        赤いダニをつけたハエトリグモ、見事に餌を捕まえました。
        ハエの種類はわかりません。

        過去記事  ネコハエトリ

サツマノミダマシ   7.10   〃   1/210,F8
e0339873_18302765.jpg
        綺麗な緑色の腹と縁の黄色。 「薩摩の実」 (ハゼの実) と間違えるほど似ている、からという。
        「ワキグロサツマノミダマシ」 と似ているが、腹の裏側が黒くなかったので、「サツマノミダマシ」 とします。

        過去記事  サツマノミダマシ
[PR]
# by higirinikki2 | 2015-07-13 18:33 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 夏の花 3種 (2)   15.7.12   (ヤマユリ、ハンゲショウ、コバギボウシ)

きのうから義父が遊びに来ていて、曾孫相手に対応してくれている。

8日の散策で出会った花です。


ヤマユリ   15.7.8   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/240,F8
e0339873_17592114.jpg
        なぜか今年の里山では、ヤマユリの姿が少ない。やっと咲き始めた大輪です。


ハンゲショウ   〃   〃   1/85,F8
e0339873_1811897.jpg
        古民家裏庭で、真っ盛りになっている。


コバギボウシ   〃   〃   1/800,F5.6
e0339873_182202.jpg
        水屋裏の花壇で、雨露に濡れた姿を見せて咲き始めた。
[PR]
# by higirinikki2 | 2015-07-12 18:03 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 夏の花 3種   15.7.11   (コバノカモメヅル、アキノタムラソウ、ミソハギ)

青空2日目、暑い!真夏日になったのだろうか?

8日の散策で見つけた夏の花 3種です。


コバノカモメヅル   15.7.8   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/180,F8
e0339873_2262082.jpg
        カラタチの枝の中にアゲハの幼虫を捜していて、小さな花に気づいた。

        過去記事  コバノカモメヅル

アキノタムラソウ   〃   〃   1/210,F8
e0339873_2281332.jpg
        撮影しにくい花です。 初夏から晩秋まで咲く花です。

        過去記事  アキノタムラソウ

ミソハギ   〃   〃   1/800,F5.6
e0339873_2294573.jpg
        お盆の花です。 そういえば「お盆の始まり」13日はすぐです。(東京出身の私の実家の習慣です)

        過去記事  ミソハギ
[PR]
# by higirinikki2 | 2015-07-11 22:10 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ エゴノネコアシ   15.7.10

やっと青空が戻った。
東京の7月の9日間の晴れの時間はなんと総計24分間だったとのこと。今日のご近所の人と顔を合わせた時の挨拶「やっと晴れましたね。暑くなりそうですね」だった。

雨続きで散策に出られない内に「花期(?)」が終わってしまうと、タシロランを探しに出たのに、出現したのか、消失したのか、その形跡は全く見つからなかった。がっくりして帰る途中、見上げた2本のエゴノキに見つけたのが「これ」でした。


エゴノネコアシ   15.7.10   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO1600 1/140,F8
e0339873_22585262.jpg

e0339873_2259171.jpg
        いわゆる「虫こぶ」の一種です。
        8年前の記事に、やっと名前がわかった経緯が記載されていました。

         「エゴノネコアシアブラムシ」による虫えい(エゴノネコアシ)であるということで、
        バナナの房のようにも見える虫こぶを、猫の足先に見立てた名前です。
        さらにバナナが大きく伸びると、虫が這い出てくるということです。

        Googleで「エゴノネコアシ」を検索してみると、トップに出てくるサイト廿日市市の自然観察に詳しい説明があります。
        興味のある方はあたってみてください。
        
[PR]
# by higirinikki2 | 2015-07-10 23:08 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)