■ 水元公園から柴又帝釈天へ   15.6.13

ウォーキンググループ「悠々会」の月例会、今回は私の企画・案内で「水元公園から柴又帝釈天へ」歩いてきました。

梅雨の合い間の薄曇り・時々晴れ間で、蒸し暑くはあっても木陰は涼しい風も吹いてくれた。常磐線「金町」駅から、水元公園巡回バスで公園奥の「かわせみの里」から歩き始めました。同じコースを歩くグループと、ゆっくりと抜きつ抜かれつ、最後の江戸川「矢切の渡し」付近のゴールまで歩きました。帝釈天参道のだんご屋で休憩した後は、小岩の中華料理店まで歩き打ち上げ、合計17000歩の1日でした。


水辺を歩く   15.6.13   FinePix F200EXR 6.4-32mm ISO400 1/240,F9
e0339873_223319.jpg
        とにかく広大な公園をくまなく歩くのは半日のウォーキングでは無理なので、水辺に沿って歩くことに。

e0339873_2252423.jpg
        ウッドデッキに立つと水面をわたる風が気持ちよく感じる。

菖蒲園
e0339873_2271562.jpg
        この時期は菖蒲が満開。「菖蒲まつり」と銘打って、屋台店が並び、歌謡ショーも賑やかに行われていて、大勢の来園者でいっぱいだった。

江戸川堤防を行く
e0339873_22324621.jpg
        公園を出ると、すぐ近くの江戸川の堤防を下流に向かって歩く。
        歴史ある「金町浄水場」のタンク群も見えた。

矢切の渡し
e0339873_22114481.jpg
        映画「男はつらいよ」や、細川たかしのヒット曲で有名になった「矢切の渡し」(正確には、やきりのわたし)。
        10人ほど乗った渡し船が、向こう岸の「真間」に向かって櫂で漕ぎ進んでいました。

柴又帝釈天
e0339873_22172888.jpg
        大勢のお坊さんが「ネパール地震義捐金」を呼びかけていました。


        過去の記事は、こちらで参照できます。
        悠々会
        交友記録
[PR]
# by higirinikki2 | 2015-06-13 22:18 | 交友記 | Comments(0)

■ 蜘蛛 3種   15.6.12   (チュウガタシロカネグモ、アリグモ、ヤマシロオニグモ)

夜半の雨が昼過ぎまで降り続いた日。また「休養日」ですが、きのう取ったウメの実を「梅ジュース」に漬けた。

最近の散策で山道を歩いていると、蜘蛛によく出会う。


チュウガタシロカネグモ   15.6.8   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO1600 1/250,F8
e0339873_21332341.jpg
e0339873_2133401.jpg


アリグモ   6.7   〃(trimming) 1/500,F8
e0339873_21353555.jpg


ヤマシロオニグモ   6.6   〃   1/250,F8
e0339873_21363554.jpg
        チュウガタシロカネグモもそうですが、円い巣を張る蜘蛛は腹側を向けているので、
        背中側を撮るのはむずかしいです。
[PR]
# by higirinikki2 | 2015-06-12 21:37 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 蜂 3種   15.6.11   (キアシナガバチ、シロスジヒゲナガハナバチ、コンボウアメバチ)

今夜から雨が予想される、つかの間の晴れ間、午前中はご近所のウメの実とり、午後は親戚の病院見舞いに出かけてきました。

7日の散策で出会った「蜂 3種」です。


キアシナガバチ   15.6.7   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/85,F8
e0339873_21423736.jpg
        ミドリシジミの観察ポイントの木柵の柱を、キアシナガバチが齧っていた。
        巣の素材にするのだろうか?


シロスジヒゲナガハナバチ?   〃   〃   1/100,F8
e0339873_21444459.jpg
        オカトラノオの花穂の蕾に止まっているハチです。同定には自信はありません。


コンボウアメバチ   〃   〃(trimming)   ISO1600 1/480,F8
e0339873_21481660.jpg
        長い触角と腹が特徴ある姿のハチです。上に見える芋虫は誰の幼虫だろうか?
[PR]
# by higirinikki2 | 2015-06-11 21:50 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ ミドリシジミ ♀   15.6.10

きのうの梅雨寒は過ぎて、梅雨らしい晴れた蒸し暑い日に。

こんな日は、ミドリシジミの♀が姿を現して、開翅して産卵するだろう、との予測のもとに散策に。
12時過ぎ、予測は見事に当たり10頭近くの♀が、それぞれの姿を見せてくれた。


ミドリシジミ ♀ 産卵   15.6.10   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO1600 1/1600,F6.4
e0339873_1655222.jpg
e0339873_16544872.jpg
        ぷっくり膨らんだ腹、さぞたくさんの卵があるのだろう。


ミドリシジミ ♀ O型   〃   〃   ISO800 1/350,F8
e0339873_16595094.jpg


ミドリシジミ ♀ A型
e0339873_170542.jpg


ミドリシジミ ♀ AB型
e0339873_1714346.jpg


ミドリシジミ ♀ B型?
e0339873_1722815.jpg

[PR]
# by higirinikki2 | 2015-06-10 17:46 | ・ゼフィルス | Comments(0)

■ 甲虫 3種   15.6.9   (ドウガネサルハムシ、アトジロサビカミキリ、コフキゾウムシ)

梅雨入りした後の「梅雨冷え」の1日。散策続きの日々から解放し「休養日」に。

7日の散策で出会った「甲虫3種」です。


ドウガネサルハムシ   15.6.7   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当)(trimming) ISO1600 1/120,F8
e0339873_18141578.jpg
        アリに追われているようだった、のがおもしろい。


アトジロサビカミキリ   〃   〃   1/680,F8
e0339873_18161770.jpg
        ススキの葉に乗っています。腹の後半部が白いのが見分け法。


コフキゾウムシ   〃   〃   1/500,F8
e0339873_18182881.jpg
        「粉吹き」の名の通り。粉が取れてしまった個体も見られる。
        
[PR]
# by higirinikki2 | 2015-06-09 18:19 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)