<   2018年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧

■ モズ   18.1.16

寒気団が北上して列島は暖かな空気に覆われた。風も弱く、陽ざしのある所では背中も手も暖かくなる。
暖かくても鳥の出は悪いのか、大勢のカメラマンをさんざん待たせて現れたアリスイは、すぐに飛び去ったが、皆さんは満足して帰る人が多かった。

運よくその場に居合わせたわたしですが、その後は縄張り巡回中のモズに出会っただけだった。


モズ   18.1.16   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO200 1/500,F6.4
e0339873_17530129.jpg
        高い見晴らしのよい所にとまって、周囲を見張っている。

   〃   〃(trimming) ISO200 1/640,F6.4
e0339873_17530150.jpg
e0339873_17530122.jpg



[PR]
by higirinikki2 | 2018-01-16 17:56 | 舞岡公園の鳥 | Comments(0)

■ 冬鳥 3種   18.1.15   (モズ、カシラダカ、シメ)

朝の冷え込みはあいかわらず、早朝歩きの園内某所では寒暖計が-3℃を示していた。昼間は温度が上がって、これから暫くは寒さはきつくないようだ。

11日の散策で出会った鳥3種です。遠くの被写体なので、これまた証拠写真にすぎないのですが。


モズ   18.1.11   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当)(trimming) ISO400 1/1250,F6.4
e0339873_19495477.jpg
        開花したばかりの白梅の枝にモズが飛んできてとまった。
        強い陽に照らされて、画像が白飛びしてしまう。


カシラダカ   〃   〃  ISO800 1/250,F8
e0339873_19495476.jpg
        アリスイ劇場のすぐ目の下にカシラダカの群れがやってきた。
        一瞬アオジかと思うが、頭頂部の毛が立つと違いがわかる。


シメ   〃   〃  ISO200 1/250,F8
e0339873_19495434.jpg
        ごちゃごちゃとした枝先に小さな黒い実をつけた、この木は何だろう。
        その天辺あたりにとまった鳥、シメだという。
        今季の初見だろうか?  この木はムクノキのようだ。


[PR]
by higirinikki2 | 2018-01-15 19:58 | 舞岡公園の鳥 | Comments(0)

■ さいと焼き   18.1.14

今日もきつい冷え込み、青空と強い北風のもと、谷戸の14番田んぼでは正月行事「さいと焼き」が行われていた。小谷戸の里では「お汁粉」がふるまわれていた。
お二階のふたりの孫娘(6歳と4歳)といっしょに出かけてきました。


さいと焼き   18.1.14   CANON PowerShot G7X 8.8-36.8mm ISO125 1/1000,F4
e0339873_17211388.jpg
e0339873_17211414.jpg
e0339873_17211491.jpg



お汁粉
e0339873_17211408.jpg
e0339873_17211466.jpg



まゆ玉
e0339873_17211487.jpg



小谷戸の里すごろく
e0339873_17211490.jpg



[PR]
by higirinikki2 | 2018-01-14 17:25 | 舞岡公園の行事 | Comments(0)

■ ヤマシギとトラツグミ   18.1.13

今日の冷え込みは、きのうより一層きついものだった。毎月のウォーキンググループ「悠々会」の例会は、東横線「大倉山」を出発点に、熊野神社市民の森、獅子ヶ谷市民の森、二つ池、三ツ池公園、総持寺と馴染みのコースで、総計2万歩あまりを歩いてきました。

10日の散策では、ヤマシギ観察ポイントが中心だった。先月20日ほどには接近してくれなかったが、集まったカメラマンは「水浴びシーン」を期待して、ずっと待っていた。待つのが苦手な私には、「時間切れ」で帰ってきました。その後「水浴びシーン」が見られたのかはわかりません。


ヤマシギ   18.1.10   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当)(trimming) ISO400 1/250,F6.4
e0339873_20411394.jpg
e0339873_20411346.jpg
        後頭部のバーコードマーク、大きな目が見えるのがいいですね。


カメラマンたち   〃   〃 1/100,F6.4
e0339873_20411361.jpg



トラツグミ   〃   〃 1/320,F6.4
e0339873_20411327.jpg
        この日、最近姿をみせているトラツグミを目撃することができました。
        真逆光で、ピント合わせが難しかった。


[PR]
by higirinikki2 | 2018-01-13 20:47 | 舞岡公園の鳥 | Comments(0)

■ アリスイとベニマシコ   18.1.12

朝はこの冬一番の冷え込みだったようだが、晴れ上がって風は弱く日向ぼっこには最適な日。

いつもより早く9時頃に着いたら、アリスイが芦原から姿を見せて「アリスイの木」や「アリスイの杭」にとまって、日向ぼっこをしてゆっくりと撮影をさせてくれた。
その右手の芦原には、私にとって今季初見のベニマシコの雌の群れが出て、セイタカアワダチソウの穂先にとまって小さな実を啄んでいた。


アリスイ   18.1.12   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当)(trimming) ISO400 1/800 F6.4
e0339873_18104833.jpg
e0339873_18104921.jpg
e0339873_18104968.jpg



ベニマシコ   〃   〃 1/320 F6.4
e0339873_18104940.jpg
e0339873_18104912.jpg
        遠くで、揺れる穂先、細い枝がごちゃごちゃあってピントを合わせにくい悪条件での撮影。
        「証拠」にもならない画像でした。


[PR]
by higirinikki2 | 2018-01-12 18:35 | 舞岡公園の鳥 | Comments(0)

■ 白いもの3つ   18.10.11   (白梅、クワコ、産毛)

きょうも、風が強い晴天の冬らしい日に。ヤマシギを求めてやってきたカメラマン多数、昼までは空振りだったようだ。

園路を歩いていて、「白いもの」3つを見つけました。


白梅   18.1.11   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO200 1/500,F8
e0339873_17303537.jpg
        例年、早めに開花する東門下の白梅が、やはり白い花をつけていた。


クワコの繭   〃   〃 1/500,F8
e0339873_17303636.jpg
        ヤマグワの枝先に白い綿のようなものが風に揺れている。
        絹糸をつくるために家畜化されたカイコの祖先とされる「クワコ」の繭だ。
        成虫の蛾は羽化した後かな?裂け目が見えないので、まだ蛹が中にいる?


和毛   〃   〃 1/320,F8
e0339873_17303594.jpg
        赤い実が食い尽くされたマユミの枝先に白い毛が。
        柔らかそうな和毛、どこかで猛禽に襲われた小鳥の毛でしょうか?


[PR]
by higirinikki2 | 2018-01-11 17:44 | 舞岡公園・その他 | Comments(0)

■ ツチグリ   18.1.10

風が強い晴天の冬らしい日に。ヤマシギ、アリスイに新顔トラツグミが加わって、カメラマン仲間の交流が活発に行われている。

相変わらず、気に入った写真が撮れないのだが、今日は「出現」を待っていたツチグリをみつけたので嬉しい。


ツチグリ   18.1.10   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/100,F6.4
e0339873_18455934.jpg
        園内某所、そろそろ出現するかなと観察を続けていたのだが、
        強く落ち葉掻きをされたせいか、一見すると小さな里芋に見える姿が見つからない。
        おとといの雨で湿気を吸ったおかげか、見事に「花開いて」いる個体をひとつ見つけた。


翌日のツチグリ   1.11   〃  1/50,F6.4
e0339873_11581230.jpg
        翌日11日に行ってみたら、こんな姿になっていました。
        まさに「一期一会」、タイミングが合うか合わないかです。


[PR]
by higirinikki2 | 2018-01-10 18:49 | 舞岡公園のキノコ | Comments(0)

■ 青空に富士山   18.1.9

「夜半の雨が上がると、強風が吹き気温が上がる」との予報通りに、抜けるような青空になった。3カ月ごとの病院回りで1日がつぶれた。

7日も同じような青空だった。ひさしぶりに「富士山が見えるかな」と尾根道に登ってみた。めっきり坂道を上下する脚力が落ちてきたので、手近に見える場所で妥協した。今年の富士山は雪が少なく登山道が見える、とのうわさ通りの富士山が見えた。


青空と白い雲   18.1.7   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO200 1/500,F8
e0339873_19000705.jpg
        富士山ビューポイントに向かう途中、谷戸から見た北の空です。 


富士山と丹沢の山並み   〃   〃 1/1000,F8
e0339873_19000758.jpg
        手前の電線が邪魔なのだが、ビューポイントなのです。


富士山   〃   〃 1/1000,F8
e0339873_19000824.jpg
        なるほど、山肌が見える所もありました。


飛行機雲   〃   〃 1/1000,F8
e0339873_19000861.jpg
        七草粥をいただいた後の帰宅途中の南の空です。飛行機雲が流れていました。


[PR]
by higirinikki2 | 2018-01-09 19:09 | 舞岡公園・その他 | Comments(0)

■ ヒヨドリとツグミ   18.1.8

西から接近する低気圧の前触れの曇り空から、夕方には大粒の雨が落ちてきた。気温も下がってきたので、今日も休養日に。

見慣れた鳥と赤い実の組み合わせで撮影してみた。


ヒヨドリ   18.1.6   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/800,F6.4
e0339873_17321445.jpg
        遠くにヤマシギが見える原の端で真っ赤な実をつけているガマズミ、ときどきヒヨドリがやってきて被写体になる。


   1.4   〃 ISO200 1/200,F8
e0339873_17321496.jpg
        主園路から見下ろすイボタノキで、ヒヨドリが黒い実を啄んでいた。


ツグミ   17.12.30   〃 ISO400 1/1000,F6.4
e0339873_17321485.jpg
        上のガマズミには、ツグミもやってくる。


   12.27   〃 ISO400 1/250,F6.4
e0339873_17321457.jpg
        メジロが群れでやってくるツルウメモドキには、ときどきツグミもやってくる。
        いつもメジロを追っ払うヒヨドリの画像が見つからなかった。


[PR]
by higirinikki2 | 2018-01-08 17:46 | 舞岡公園の鳥 | Comments(0)

■ 七草粥をいただく   18.1.7

今日も穏かに晴れ上がって、小谷戸の里の古民家では「七草粥」が提供されていました。

「七草粥」は、春の七草や餅などを具材とする塩味の粥で、その一年の無病息災を願って1月7日に食べられる。正月の祝膳や祝酒で弱った胃を休める為とも言われる。(Wikipedia) 


七草   18.1.7   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO200 1/400,F8
e0339873_17554316.jpg
        古民家の入り口には、きのう、スタッフが田んぼまわりなどで摘み集めた「七草」が展示されていました。
        「せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ。これぞ七草」ですね。


かまど
e0339873_17554435.jpg
        朝、「若手スタッフ」がベテランさんに、竈で粥を炊くすべをおしえられていました。
        生まれた時から、ご飯は電気釜で炊くもので、「竈炊き」は電気釜の商標ですもの。知るわけないですね。


大行列
e0339873_17554303.jpg
        提供開始予定の正午の10分前にはご覧の大行列。ここで提供開始となった。


いただきました
e0339873_17554324.jpg
        ここで漬けられた沢庵二切れが入って一杯百円です。
        美味しくいただきました。


お客さんたち
e0339873_17554341.jpg
        ひなたに設えられた椅子に座っていただくお客さんたち。


[PR]
by higirinikki2 | 2018-01-07 18:30 | 舞岡公園の行事 | Comments(2)