<   2017年 08月 ( 18 )   > この月の画像一覧

■ 大きい芋虫だあ   17.8.18   (オオミズアオ、キイロスズメ)

私にとって久しぶりの青空、早く家を出たいと思っていながらやっと9時過ぎに散策に。気温が上がれば虫も動き出す。

まずは、びっくりするほど大きな芋虫に出会った。


オオミズアオ幼虫   17.8.18   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO3200 1/480,F6.4
e0339873_17005076.jpg
        先着していたGoさんに教えられてビックリ。大きな芋虫だ。
e0339873_17005050.jpg
e0339873_17005001.jpg
        頭をそり返して、口(?)の部分を見せてくれた。
        マンサクの葉をもりもり食事しているところをお邪魔したようだ。

        オオミズアオの幼虫だ、成虫も大きいのだが、これほど大きいと鳥に狙われるのではないのだろうか?。


キイロスズメ幼虫   〃   〃 ISO800 1/100,F8
e0339873_17005145.jpg
        カラスウリの蔓や葉の陰に見つけた
        草の実なのか、虫なのか、葉をひっくりかえしたりして、やっと芋虫だとわかった。
e0339873_17005155.jpg
        背中側から見たところ。
e0339873_17005003.jpg
        こちらもお食事中だったようだが、いちばん下が口元なのだろうか?

        こちらは、あまり旨そうには見えないが、捕食者は誰だろうか?


[PR]
by higirinikki2 | 2017-08-18 17:36 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 夏の草花 3種   17.8.17   (コバノカモメヅル、ミズタマソウ、ナンバンギセル)

雨模様の日だが気温は低めだったので、雑草ぼうぼうの庭の草むしりに精出した。おわった後に散策を考えていたが、疲れと怠け心で「お休み」に。

13日に見つけた草花です。


コバノカモメヅル   17.8.13   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/40,F8
e0339873_17505343.jpg
        長久保のカラタチの垣に絡んで小さな花が咲き揃っている。
        「オオカモメヅル」を捜しているのだが、今年はまだ未見です。


ミズタマソウ   〃   〃  1/100,F8
e0339873_17505216.jpg
        「水玉草」の名を思わせるシーンを撮りたかったのですが。


ナンバンギセル   〃   〃 ISO3200 1/100,F8
e0339873_17505254.jpg
        小谷戸の里、水屋の裏のミョウガ畑のナンバンギセルが「煙管」状になっていました。
e0339873_17505325.jpg



[PR]
by higirinikki2 | 2017-08-17 18:00 | 冬芽・葉痕 | Comments(0)

■ 蜘蛛 3種   27.8.16   (ナガコガネグモ、ジョロウグモ、サツマノミダマシ)

今日も朝から霧雨やしとしと雨が降り続いている。月はじめから続いていた「やらねばならぬ事」が終わった。さて、その結果はどう出るか?

11、13日の散策で出会った蜘蛛たちです。


ナガコガネグモ   17.8.16   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/40,F6.4
e0339873_18182986.jpg
       目の前に大きな蜘蛛の姿が飛び込んできたのでビックリ。
        いつもなら田んぼのネットや稲に絡んでいるのだが。


ジョロウグモ   〃   〃 1/100,F6.4
e0339873_18183053.jpg
        「生物多様性」の光景、といったら大袈裟か。 蜘蛛の巣にかかるトンボは、けっこういるものです。


サツマノミダマシ   8.11   FUJIFILM XQ2 6.4-25.6mm ISO400 1/320,F1.8
e0339873_18183060.jpg
        雨の中での急ぎ撮影だったので、画像の出来がよくない。
        「脇が黒く」見えないから、「ワキグロサツマノミダマシ」ではないと思う。


[PR]
by higirinikki2 | 2017-08-16 18:37 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ キノコ 3種   17.8.15   (タマゴテングタケモドキ、ベニイグチ、カワリハツ)

今日8月15日は72回目の「数戦記念日」。その時2歳半の私には一切の記憶はない。が、決して忘れてはならない日です。

雨模様の中、本を買いに上大岡に。ついでにカメラ量販店で「ミラーレス一眼」を手にとってみる。「JPEG一発」「花虫鳥キノコなんでも被写体」の私には使いこなせない「宝の持ち腐れ」とわかってはいるものの。

おとといの散策で出会ったキノコです。


タマゴテングタケモドキ   17.8.13   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/40,F8
e0339873_17280777.jpg
        梅雨のような雨降り続きの日、キノコの林にはいろいろの段階のキノコが生えていた。
        これは幼菌3兄弟です。


ベニイグチ?   〃   〃 /60,F8
e0339873_17280779.jpg
        ひさしぶりに見る真っ赤な傘のキノコです。


カワリハツ?   〃   〃 ISO3200 1/100,F6.4
e0339873_17280764.jpg
        この同定は怪しい?

[PR]
by higirinikki2 | 2017-08-15 17:36 | 舞岡公園のキノコ | Comments(0)

■ 雨の中の草花 (2)   (シラヤマギク、ヤブラン、ツリガネニンジン)

「東京では8月に入って14日間連続で雨粒が落ちている日が続いている」という。横浜もそうなのかはわからないが、いつも雨が降っていたという感じもする。
今日も霧雨が降って、気温も低い1日だ。きのうの散策の疲れ?外へ出る気力も湧かず「休養日」に。

「雨の中の草花」の続きです。


シラヤマギク   17.8.11   FUJIFILM XQ" 6.4-25.6mm ISO400 1/125,F1.8
e0339873_17522659.jpg


ヤブラン   〃   〃 1/200,F1.8
e0339873_17522611.jpg


ツリガネニンジン   〃   〃 1/250,F2
e0339873_17522607.jpg



[PR]
by higirinikki2 | 2017-08-14 17:57 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 雨の中の草花   17.8.13   (オオガハス、トロロアオイ、キキョウ)

暑さの夏が戻ってきた。30℃は超えていないのだろうが。

陽ざしの下、ひさしぶりの散策に。おととい、あらかたの草花を撮っていたので、きょうの被写体はキノコや虫が多かった。
おとといの画像の中から「雨の中の草花」をご覧ください。


オオガハス   17.8.11   FUJIFILM XQ2 6.4-25.6mm ISO400 1/200,F4
e0339873_17420482.jpg


トロロアオイ   〃   〃  1/500,F4
e0339873_17420494.jpg


キキョウ   〃   〃  1/200,F1.8
e0339873_17420488.jpg



[PR]
by higirinikki2 | 2017-08-13 17:45 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 雨の中の虫たち   17.8.12   (ルリモンハナバチ、アカボシゴマダラ、?)

午後近く、ようやく雨が上がって青空が出た。それほど気温が上がらずすごしやすい日に。
とはいえ、足・腰・背中に筋肉痛が出て、散策に出る気分にはならず「休養日」に。

雨の中の歩きでは被写体は花が中心になるが、雨に打たれながらも虫もいることはいた。数少ない虫たちの画像をご覧ください。


ルリモンハナバチ   17.8.11   FUJIFILM XQ2 6.4-25.6mm(trimming) ISO800 1/200,F1.8
e0339873_18381125.jpg
        お盆の花「ミソハギ」が雨の中で咲いていた。この花につきものの「ルリモンハナバチ」がいた。
        コンデジでの接写はかなり接近しなくてはならないが、なんとか写しとめた。


アカボシゴマダラ   〃   〃 ISO400 1/320,F3.2
e0339873_18381179.jpg
        もっと葉陰に隠れればよいものを、こんなに開けた葉の上にいるとは。


   〃   〃 1/250,F3.6
e0339873_21341052.jpg
        まるで開けた世界の木柵の上で、毛虫が毛いっぱいに大きな水滴をつけていた。
        見たことのある毛虫のように思えるのだが、水滴が邪魔して細かい紋様が見えず確定できない。


[PR]
by higirinikki2 | 2017-08-12 18:49 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ ネットのかかった田んぼ   17.8.11

事情があって5日からずっと、谷戸歩きはおろか家から出歩くということをしてこなかった。さすがに脚がなまってきた感じがしてきたので、小雨を押して谷戸歩きをしてきた。

谷戸田は、雨粒に濡れた青い防鳥ネットに覆われて綺麗だった。歩いた順番に青田をご覧ください。


青田   17.8.11   FUJIFILM XQ2 6.4-25.6mm ISO400 1/200,F4.7
e0339873_21420191.jpg


アケビ
e0339873_21420146.jpg


シオカラトンボ?
e0339873_21420195.jpg


青田
e0339873_21420111.jpg
e0339873_21420215.jpg


早生田
e0339873_21420211.jpg


        いかがですか?雨の中の青田は?



[PR]
by higirinikki2 | 2017-08-11 21:49 | コメ作り | Comments(0)

■ ヨモギとスギナ   17.8.10

台風が通り過ぎて太平洋高気圧が優勢の夏の日が続くのかと思ったら、さにあらず。
大陸から次々に雨雲がやってきて日本中が不安定な天候になっている。今日はひさしぶりに散策に出るつもりだったが、今にも雨が落ちてきそうな天気なので断念した。

4、5日以来、小谷戸の里に行っていない。両日に見た光景です。


ヨモギとスギナ   17.8.4   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO3200 1/3200,F7.1
e0339873_15480391.jpg
        小谷戸の里、事務所の前のリアカーの上に笊が4つ。
        ヨモギとスギナの葉が干してあった。さて、何にするのか。
        これでも「都会っ子」だったので、こんな光景を見たのは初めてです。

        「蚊いぶし」?「お茶」? 何になるのかな?

        11日、雨の谷戸歩きの途中でOさんに会ったので訊いてみた。
        「お茶ですよ。谷戸学校の修了生研修でいろいろのお茶を作っているみたいですよ」とのことだった。



[PR]
by higirinikki2 | 2017-08-10 17:48 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ オニグモを狩るオオシロフクモバチ   17.8.9

台風一過、最高気温は35℃を超えた?こんな日に散策に出たら死んでしまいそうだ。

5日、小谷戸の里のベンチでスタッフのS君とボランティアのOさんと雑談。その脇の花壇の竹柵の上で黒い蜂だかハバチだかが、オニグモらしき個体の周りを歩き回っていた。

どこかで獲物を見つけて麻酔液を注入して、ここに運んできたのだろうか?周囲を歩くだけで、いじることはしないままどこかへ飛んで行ってしまった。観察を続けていれば戻ってきて巣穴へ運びこんだのでしょう。

ネットで調べて、このハチは「オオシロフクモバチ(旧名オオシロフベッコウ)」、餌食となったクモは「コゲチャオニグモ」かと思います。


オニグモを狩るオオシロフクモバチ   17.8.5   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/100,F8
e0339873_17143933.jpg
        気づいた時の写真です。以下、時々に追いかけ撮影しましたが、原画や拡大画像とりまぜています。

e0339873_17144056.jpg
        頭を近づけたので撮影。口先に何かをくわえている?  
e0339873_17144082.jpg


e0339873_17143890.jpg
e0339873_17143969.jpg
        獲物はさしおいて、あちこちと向きをかえています。

e0339873_17143908.jpg
        足蹴にしているわけでもなさそう。


獲物はコゲチャオニグモ♀ ?
e0339873_17143939.jpg
        獲物には雌蜘蛛を狙うようです。仮死状態で巣穴に運んで、産卵。こどもはクモの肉を食って成長するという。

        ハチが舞い戻ってきて、獲物を運ぶシーンを撮る根気がないのが「だらしないなー」と自分を卑下する私です。


[PR]
by higirinikki2 | 2017-08-09 17:33 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)