<   2017年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧

■ 蔓草の実 3種   17.8.31   (ヤマノイモ、ヤマブドウ、アマチャヅル)

8月最後の日。昔は「夏休みの終わりの日」で、宿題片付けけで大わらわというほろ苦い思い出の日でした。
きょうは、秋雨前線の影響で寒さすら感じる日でした。

きのうの散策で出会った「蔓草の実」です。「もっとじっくり撮りなさいよ」という声が聞こえていますが。


ヤマノイモのむかご   17.8.30   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/15,F6.4
e0339873_18233536.jpg
        しっかり現物確認してこなかったのですが、この葉はヤマノイモですよね?。


ヤマブドウの実   〃   〃 ISO800 1/30,F8
e0339873_18233534.jpg
        一見、熟したら旨そう、に見えます?


アマチャヅルの実   〃   〃 ISO800 1/25,F8
e0339873_18233582.jpg
       こんな写真を載せてはいけませんね


[PR]
by higirinikki2 | 2017-08-31 18:28 | 冬芽・葉痕 | Comments(0)

■ キイロスズメバチ   17.8.30

明日から天気は下降気味ということで真夏日に逆らって散策に。さすがに写友とは誰にも会わず。

散策開始直後、セミの死骸に群がるキイロスズメバチを撮れた。「怖いもの見たさ」と「狩りに熱中しているハチは安全」の両方に駆られて撮影した。
最初は1頭だったのが次々に仲間が増えて、4頭が夢中で肉団子をこしらえていた。巣には餌を待つ子がいっぱいいるのでしょう。


キイロスズメバチ   17.8.30   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO1600 1/50,F8
e0339873_17223211.jpg
        餌食になったセミは大きさと翅の紋様からミンミンゼミだろうか。
        胸の肉の部分に食らいつかれている。
e0339873_17195903.jpg
e0339873_17195956.jpg
e0339873_17200087.jpg
        次々と新てのハチが加わって、結局4頭がむしゃぶりついていた。
        暗さと怖さで、手ぶれと被写体ぶれが重なってハチの姿が判然としませんね。


[PR]
by higirinikki2 | 2017-08-30 17:27 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 小谷戸池の傍の花   17.8.29   (オオガハス、タコノアシ、トロロアオイ)

今年最後の猛暑日とはいかなかっただろうが、真夏日だったのだろうか。午後になって、強い風が吹いてきた。北朝鮮がミサイルを日本上空を越えて発射したのには驚いた。という政治的なニュースはさておいて。

昨日の散策で「小谷戸池」の傍で出会った花たちです。


オオガハス   17.8.28   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/200,F8
e0339873_07570518.jpg
        「花」ではありませんでした。
        しばらく見ぬ間に「ハチスの実」になっていました。


タコノアシ   〃   〃 1/400,F10
e0339873_07570542.jpg
        あれ?こちらも「実」になっていました。


トロロアオイ   〃   〃 1/640,F10
e0339873_07570420.jpg
        こちらは和紙製造用材料として栽培されています。
        黄色い大きな花がいっぱいでs。



[PR]
by higirinikki2 | 2017-08-29 18:03 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 大型の蝶 2種   17.8.28   (キアゲハ、ジャコウアゲハ)

ようやく残酷暑から普通の残暑になりそうと、出かけてみた。30℃を切っているのだろうが、体感的には暑い!

新顔では、大型の蝶を撮れたのが嬉しい。


キアゲハ   17.8.28   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO200 1/640,F5
e0339873_17334265.jpg
        アカツメクサの花にとまって吸蜜に余念がなかった。
e0339873_17334245.jpg
        花にピントが行って、絞りも浅すぎたようです。


ジャコウアゲハ   〃   〃 ISO800 1/100,F5.6
e0339873_17334332.jpg
        以前、幼虫が大発生していた、あの羽化した成蝶だろうか。
        生まれ故郷に戻ってきたかのように、ウマノスズクサを捜しているようだった。
        うまく見つかったようで、葉に尻を押し付けて産卵しているようです。
e0339873_17334349.jpg
        一仕事を終えてホッとしたかのように、別の葉にとまって静止していた。


[PR]
by higirinikki2 | 2017-08-28 17:40 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 鳥 2種   17.8.27   (カイツブリ、)

今日は「田んぼ水切りと畔草取り、炊き出し、案山子完成」の予定の日。暑さは和らぐ予報だったが、炎天下の作業は辛いだろうと欠席した。

最近は夏鳥に出会う機会が減っているが、それでも会う鳥もいる。


カイツブリ   17.8.13   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/320,F6.4
e0339873_17435386.jpg
        夏になると池の面が真っ赤(黄?)に染まる「さくらなみ池」。
        ひさしぶりに姿を見せたカイツブリが潜って餌をさがしていた。
e0339873_17435374.jpg
        くわえているのはドジョウかな?


カワセミ   8.24   〃  ISO800 1/320,F8
e0339873_17435308.jpg
        写友のブログにしばしば登場するカワセミです。
e0339873_17435437.jpg
        子育てが終わる時期なので、疲れ果てた親や毛並みも揃っていない子供。
        この姿は、父親?、子?


[PR]
by higirinikki2 | 2017-08-27 17:51 | 舞岡公園の鳥 | Comments(0)

■ 中型の蝶 3種   17.8.26   (サトキマダラヒカゲ、イチモンジチョウ、クロコノマチョウ)

午後から雨模様との予報が外れたようで暑い日に。外に出る気がせず「休養日」に。

最近出会った「中型の蝶」たちです。


サトキマダラヒカゲ   17.8.24   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO3200 1/80,F8
e0339873_17020351.jpg
        羽化出現の時期があるのか、最近まで姿を見ていなかった蝶です。


イチモンジチョウ   〃   〃  ISO800 1/320,F8
e0339873_17020370.jpg
        こちらはよく姿を見るのだが、撮影したのは久しぶりでした。


クロコノマチョウ   8.18   〃  ISO3200 1/60,F8
e0339873_17020429.jpg
        小さい幼虫はよく見たのですが、大型化し蛹になった姿を見ていない。
        黒くて丸っぽい姿、「夏型」だと思います。



[PR]
by higirinikki2 | 2017-08-26 17:18 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 蛾 3種 (2)   17.8.25   (トビイロスズメ、モミジツマキリエダシャク、バラシロエダシャク)

この暑さを「残酷暑」と表現する人がいて「なるほど」と感心した。というわけで、今日も「休養日」です。

きのうの散策の最後、トイレを覗いてみると(変質者にみられないように)大きな蛾と小さな蛾がいた。


トビイロスズメ   17.8.24   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/60,F8
e0339873_18005526.jpg
e0339873_18005664.jpg
        男子トイレの入り口の脇にいたのは、びっくりするほど大きな蛾だった。
        この色合いが「鳶色」なのだろうか?


モミジツマキリエダシャク   〃   〃  1/160,F8
e0339873_18005555.jpg
        男子トイレに入って壁の上方にとまっていた。
        「ツマキリエダシャク」には何種かあって、これは前翅の横線の下に黒点がふたつあるので、
        名前に「モミジ」がつく種だそうな。


バラシロエダシャク   8.4   〃 ISO3200 1/640,F6.4 1/160,F8
e0339873_18005490.jpg
        大きさ2cmほどの小さな白い蛾です。
        変異が大きいという「バラシロエダシャク」としましたが、間違っているかも。

        実は、7.10 の記事でも掲載していました。

バラシロエダシャク   6.29   〃  ISO800 1/125,F8
e0339873_18463403.jpg
        ご覧のように、とても同じ種とは思えません。



[PR]
by higirinikki2 | 2017-08-25 18:20 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ ピンクの花   17.8.24   (ヌスビトハギ、ツルボ、ヤブラン)

35℃を超えたきのうの今日、32℃予想だったので早めの9時に家を出て散策に。

とはいえ暑い。暑さに負けて、いい加減な結果に。記事もいい加減?。


ヌスビトハギ   17.8.24   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/160,F8
e0339873_18461852.jpg



ツルボ   〃   〃 1/100,F8
e0339873_18461807.jpg



ヤブラン   〃   〃 1/160,F8
e0339873_18461978.jpg



[PR]
by higirinikki2 | 2017-08-24 18:49 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ シリアゲコバチ科 2種とハキリバチ   17.8.23   (シリアゲコバチ、オキナワシリアゲコバチ、ヒメツツハキリバチ)

最高気温が35℃を超えるとの予想に恐れをなして「休養日」に。午前中は、録画をしていた複数のNHKの終戦記念特集番組を見、午後は高校野球決勝戦をTV観戦した。

18,20日の散策で見つけた小さな蜂の同定ができた。寄生バチと寄生される側のハチだった。


ヒメツツハキリバチ   18.8.18   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当)(trimming) ISO3200 1/200,F5.6
e0339873_17163829.jpg
        瓜久保の奥の休憩所の丸太の椅子には無数の孔が開けられ、小さなハチが出入りしている。
        近くから葉を切り取ってきて孔に押し込んでいるようだ。
        孔から離れたところを撮ろうと待ち構えるのだが、なかなか出てこなかった。


シリアゲコバチ   〃   〃    1/100,F5.6
e0339873_17163970.jpg
        隣の椅子の横面では、黒と黄色が綺麗なハチが孔のそばにいた。
        よく見ると、太い肢をしている。


オキナワシリアゲコバチ   8.20   〃  ISO800 1/125,F10
e0339873_17163907.jpg
        小谷戸池の向かいの園路際の竹筒付近を、何かを捜すように飛ぶハチがいた。



        両方のハチは、いずれも寄生バチで特異な姿をしている。
        雌の産卵管は腹部の背方に伸張し、胸部方に伸びる。まるで「尻を上げて」いるように。
        ということを知っていれば、それを撮りたいと頑張ったものを。

        「初めて観察した誰もが驚愕する極めて特異的な形質を有するコバチの一群で、
        同定が難しいコバチの仲間にありながら識別は極めて容易。
        アナバチやハナバチに寄生する為、それらの巣の周り(関東地方だと木造建築物の周りなど)で見られることが多い。
        世界からはおよそ110種が知られており、日本からは近年になって、4種が記録されている。」「寄生バチ図鑑」より

        上のハチは、そのうちの2種です。しかも、斑紋の様子から両方とも雌のようだ。
        産卵管が写っていないのが残念です。

e0339873_20504800.jpg
        シリアゲコバチの写真が、もう1枚ありました。腹の黄色い帯が2本、こちらは雄のようです。


[PR]
by higirinikki2 | 2017-08-23 18:06 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 蛾 3種   17.8.22   (モンクロシャチホコ、アワノメイガ、?)

ある用事があって、朝食・水分抜きで都心に出かけてきました。疲れました。

おとといの散策で出会った蛾3種です。見た目は綺麗ですが、同定は苦労しますね。


モンクロシャチホコ   17.8.20   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/160,F8
e0339873_18501533.jpg
        パンダ模様の虫が目立ちました。初見ではないような気がしますが、ブログには登場していませんでした。
e0339873_18501528.jpg
        黒い部分は剥がれているようで、影が見えるように思えます。

        09.8.6 に出あっていました。HPには、以下のように記載してありました。
        幼虫は、サクラ、アンズ、モモ、ウメ、ナシ、リンゴなど様々な樹木の葉を食べて育つ。
         (見つけた場所の)向かいのナシの葉に幼虫が発生すると大変でしょう。



アワノメイガ?   〃   〃 1/320,F8
e0339873_18501581.jpg
        綺麗な色味と紋様の蛾です。
        アワノメイガというトウモロコシなどの有名な害虫に似ています。
        「阿波の名画」ではなく「粟ノメイガ」です。


   〃   〃 1/320,F8
e0339873_18501659.jpg
        「フユシャク」」に似た蛾がいるのですが、この季節に出現するのでしょうか?


[PR]
by higirinikki2 | 2017-08-22 18:59 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)