<   2017年 03月 ( 27 )   > この月の画像一覧

■ シーズン初見の蝶 3種   17.3.17   (モンシロチョウ、キタキチョウ、ルリシジミ)

きのうと同じように青空で空気が冷たかったが、昼にかけてやや暖かくなってきた。冷たい空気でチョウの出現が遅いように感じていたが、ようやくの温かさでシーズン初見の蝶に会った。


モンシロチョウ   17.3.17   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/500,F8
e0339873_18122511.jpg
        ようやく見つけたモンシロチョウ。菜の花には目もくれずに飛んでいる。
        タンポポにとまってはくれたが、構図を探しているうちに飛ばれてしまった。


キタキチョウ   〃   〃 1/125,F8
e0339873_18122686.jpg
        越冬した個体と思われる綺麗な姿をしていた。
        ホトケノザやオオイヌノフグリにとまってはくれるのだが、蝶撮りになれていないので、
        カメラを向けた途端に飛ばれてしまう。
        挙句は風に飛ばされて隠れた笹の葉の陰でしか撮れなかった。


ルリシジミ   3.16   〃 1/1600,F6.4
e0339873_18122543.jpg
        初見の蝶だ、とばかりにカメラを向けたのだが、久しぶりの小さいチョウ撮り。
        白い姿が露光オーバー気味。アンダーにすべく操作している間に、
        開翅して綺麗なブルーを見せているのに、ファインダーに入ってこない。
        もたもたしているうちに飛ばれてしまった。

[PR]
by higirinikki2 | 2017-03-17 18:26 | 舞岡公園の虫 | Comments(2)

■ 鳥の春   17.3.16   (モズ、カワセミ、ウグイス)

4日ぶりのフィールドです。青空で春の暖かさになることを期待して散策に出た。日差しは強いが空気が冷たい。
歩きだして続けて出会った鳥たちです。春になってペアを求める頃、姿も鳴き声も春です。


モズ   17.3.16   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/640,F8
e0339873_18074850.jpg
        黒い眼瞼が鋭い ♂。近くに ♀ がいる気配がありました。


カワセミ   〃   〃 1/1100,F5.6
e0339873_18074824.jpg
        お互いに鳴き交わしながら近くの枝にとまりました。上が ♀、下が ♂ です。
        でも ♂ にはプレゼントする餌を獲る力がなさそうです。
e0339873_18074971.jpg
        ♀ に飛ばれて、どこか悲し気な ♂ です。


ウグイス   〃   〃 1/900,F6.4
e0339873_18074957.jpg
        10日ほど前から囀りが上手くなったウグイスの声が頭の上から聞こえてきました。
        真上にカメラを向けて撮るのは結構むずかしいものでした。
        今度は喉を膨らませて鳴く姿を横から撮りたいものです。

[PR]
by higirinikki2 | 2017-03-16 18:27 | 舞岡公園の鳥 | Comments(0)

■ 伊豆の旅   17.3.15

おととい・きのうと、「六三四の会」の集まりで「伊豆長岡温泉・某ホテル」に行ってきました。
30年以上前、以前勤務していた会社で広報を担当していた時の工業新聞記者Y氏のもとに集まった各社の広報担当者の勉強会が「六三四の会」、昭和63年4月創立に因んでの名称です。
2年前に裏磐梯に行った1泊旅行の2回目です。参加メンバーは、ひとり増えて7人。幹事として設営したが「呑み放題・食べ放題」に負けて2日目はひさしぶりの宿酔、幹事の役を完全には果たすことなく帰宅。みなさんにはご心配をおかけしました。


長岡温泉郷   17.3.14   FUJIFILM XQ2 6.4-25.4mm ISO400 1/500,F4
e0339873_18273128.jpg
        夜半の雨があがった朝の5階からの眺めです。
        景気の低迷と社員旅行などが流行らない世の中とあって、この温泉郷のさびれようは尋常ではないようでした。


韮山反射炉
e0339873_18273171.jpg
        小雨のやむまでホテルの中で、ひさしぶりの「温泉卓球」に興じた。
        11時ころに長岡駅前でレンタサイクルを借りて韮山市内(ではなく)伊豆の国市内を走った。
        世界遺産に指定された「反射炉」を遠くから見物。


江川太郎左衛門邸
e0339873_18273165.jpg
        ちょっと走って、韮山代官・江川太郎左衛門の邸を外から見る。


猪狩り
e0339873_18273204.jpg
        自転車で城池公園脇を走っていると「猟友会」のひとに呼び込まれる。
        跳梁跋扈して農作物に甚大な被害を加える、イノシシども4頭を撃ち取ったので見ていけ、と。


いちご狩り
e0339873_18273277.jpg
        そろそろ時期はおわりの「いちご狩り」に。「紅ほっぺ」という品種とのこと。


堀越公方跡
e0339873_18273239.jpg
        北条氏ゆかりの寺や屋敷跡を巡って長岡駅前へたどりつく。ここは足利時代の「堀越公方」跡、とか。
        
        全員集合写真を撮り忘れたり、ちょっと元気のないカメラマンでした。

[PR]
by higirinikki2 | 2017-03-15 18:51 | 交友記 | Comments(2)

■ 菜の花にミツバチ   17.3.14

午後8時過ぎ伊豆の旅から帰ってきました。

なかなか本格的な春になりませんね。でも自然の世界では着実に春が進行しているようです。畑では菜の花の黄色い花が満開近くになってきています。8日にはミツバチが群がっていました。腹の黄色い部分が多いので「セイヨウミツバチ」です。


菜の花畑   17.3.8   FUJIFFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO200 1/320,F6.4
e0339873_22065531.jpg



セイヨウミツバチ   〃   〃  1/420,F6.4
e0339873_22065542.jpg
e0339873_22065686.jpg
        全身を花粉まみれにして蜜を吸っているのでしょうか。
        それとも、花粉を集めるのが主な目的なのでしょうか。

[PR]
by higirinikki2 | 2017-03-14 22:18 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 薄紫色の花 3種   17.3.13   (タチツボスミレ、キランソウ、キクザキイチゲ)

まだまだ春の花の少ない中で園内某所を散策していると、薄紫色の花が目にとびこんできた。


タチツボスミレ   17.3.8   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO200 1/640,F6.4
e0339873_18103758.jpg
        もうしばらくすると山裾や園路脇で厭になるほど目につくようになるのだが、
        今は可憐な姿に目がいく。


キランソウ   3.10   〃 ISO200 1/125,F8
e0339873_18103716.jpg
e0339873_18103778.jpg
        園内某所の山裾の落ち葉の中で濃い紫色の花が目についた。
        時期を忘れていた花の先がけだった。コントラストが強すぎて花の詳細がよく見えない。


キクザキイチゲ   〃   〃 ISO400 1/250,F6.4
e0339873_18103839.jpg
e0339873_18103745.jpg
        園内某所、あまり人が近づかない山裾で数年前から咲いている。
        誰かが植えたのだろうが、場所が合ったのか根付いて毎年咲いているのだ。

        今日・明日と旅に出ています。

[PR]
by higirinikki2 | 2017-03-13 17:21 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 田んぼの荒起こし   17.3.12

米つくりの1年の最後の作業は「田んぼの荒起こし」、少し寒めの天気だが体を動かしているうち暖かくなって仕事もはかどった。大勢の子どもたちも参加して賑やかに無事におえることができました。4月から、また新しい年度が始まる。元気に参加したいものだ。



荒起こし作業   17.3.12   FUJIFILM XQ2 6.4-25.6mm ISO400 1/640,F4
e0339873_18284297.jpg
        2番田んぼの隅の部分は水が流れ込んで泥田の様相を呈していた。
        隣りでは、Saさんが長靴を潜らせながら3本鍬を打ち込んでいた。


e0339873_18284252.jpg
        2番田んぼの全景です。作業終盤、掘り起こし具合を見て手を入れているところです。


こどもたち
e0339873_18284388.jpg
        作業終了後、子供たち全員集合です。幼稚園の時から来ているので、田んぼが大好きのようです。


ドジョウがいたよ
e0339873_18284231.jpg
        ちかくのおじさんから「ドジョウを貰ってきた」子が、みんなに見せてまわっていた。


2番田んぼ全景
e0339873_18284350.jpg
        右手が谷戸の最奥です。今年も、この三角形の田んぼで「米つくり」をします。

[PR]
by higirinikki2 | 2017-03-12 18:43 | コメ作り | Comments(0)

■ 最後の(?)アリスイ劇場   17.3.11

午前中は曇り空であいかわらず冬の寒さ。
アリスイが遠くの木の根元の空洞の中でお食事中? 30分ほどして戻ってみると、数人のカメラマンを前に「アリスイ劇場」を展開中だった。
「じきに旅立つ前の腹一杯詰め込み食事だろう」と推測されるほどに、大勢の人間も恐れずに木の根方や叢を嘴で突いたり舌で蟻を舐めとったり。30分ほどの間に100枚くらい撮影。長い舌を伸ばすシーンを期待するカメラマンは連写また連写、「1500枚も撮っちゃったよ」という人もいた。でも、お目当てのシーンは無かったようです。

明日は田んぼ作業だが、予想では「もう出てはこないだろう」というので、カメラは持っていかない。


アリスイ   17.3.11   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO200 1/120,F8
e0339873_18083313.jpg
e0339873_18083499.jpg
e0339873_18083462.jpg
e0339873_18083477.jpg
e0339873_18083406.jpg
e0339873_18083597.jpg
e0339873_18083301.jpg



赤い舌?
e0339873_18331103.jpg
        ワンカットだけ、赤い舌を伸ばしているらしきシーンがありました。
        もっとも、カメラマンたちが期待していたのはこれではなくて、
        頭を上に向けて舌を伸ばすシーンだったようですが。

[PR]
by higirinikki2 | 2017-03-11 18:34 | 舞岡公園の鳥 | Comments(0)

■ カワウが飛んだ   17.3.10

今日も抜けるような青空の冬日に。「宮田池」にカワウがいた。

カワウを見ると厭な思い出が湧く。6年前の東日本大震災の起こる直前、「さくらなみ池」でカワウとアオサギの騒動を撮影していたのだ。今日は何事も起こらなかった(で終われますように)。   6年前の記事  カワウの漁   11.3.11


カワウ   17.3.10   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/100,F8
e0339873_18240509.jpg
e0339873_18240548.jpg
e0339873_18240508.jpg
        何回か池に潜っていたが獲物は獲れなかったようで、人工の浮島に上がって羽を広げていた。


   〃   〃  ISO1600 1/320,F8
e0339873_18240628.jpg
e0339873_18240655.jpg
        しばらくカワセミを撮影している間は羽を閉じてたっていた。
        また、翅を広げたなと思った途端に、こちらに向かって飛んできた。
        慌ててシャッターを切ったが、その後はカメラが追い付かず画像はナシです。

[PR]
by higirinikki2 | 2017-03-10 18:35 | 舞岡公園の鳥 | Comments(0)

■ ハナアブ 3種   17.3.9   (ハナアブ、オオハナアブ、ホソヒメヒラタアブ)

午前中は抜けるような青空、空気は冷たく冬日だ。

きのうの散策で出会ったハナアブの仲間。春の花が咲くと飛んで出tくる。タンポポの黄色とよく似合う。
どれも複眼が離れているので ♀ です。


ハナアブ   17.3.8   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO200 1/640,F6.4
e0339873_18281695.jpg
        八重咲のタンポポで花粉を集めているのだろうか。今季の初見です。
        腹部上部のX形の紋様が目印かな? 虫撮りで屈む姿勢は、腰や背中によくない。


オオハナアブ   〃   〃  ISO200 1/250,F8
e0339873_18281730.jpg
        ヒイラギナンテンの花にとまるのかと思ったら葉にとまった。こちらも今季の初見です。
        腹部の大きな黄色い縞が目印かな? 


ホソヒメヒラタアブ   〃   〃  ISO200 1/800,F6.4
e0339873_18281750.jpg
        咲き始めのタンポポで見つけました。小さなヒラタアブの仲間です。
        「細姫」の名の通りにスマートですね。こちらも今季の初見です。

[PR]
by higirinikki2 | 2017-03-09 18:46 | Comments(0)

■ カワセミ   17.3.8

真冬を思わせる青空で冷たい空気。時々、黒雲がやってくる不安定な天気。きのうも書いたように、フィールドには猛禽のツミが居ついた格好で、小鳥の声や姿が見えない。

ちょっと離れた「宮田池」「さくらなみ池」では複数のカワセミがいて、鳴き交わしている。雌雄でなく雄雄のペアも見られて、なにか変だが。


2羽のカワセミ   17.3.7   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/400,F8
e0339873_18454533.jpg
        右が♂、左が♀のように見える。
e0339873_18454648.jpg
        別々に遠くに飛んで行ったのだが。
        2羽が揃ってとまっている。が、両方とも♂に見える。
e0339873_18454694.jpg
        また別々に飛んで、別々に近くにとまった。このペアは雌雄が識別できない。


カワセミ ♂
e0339873_18454631.jpg
e0339873_18454672.jpg
        また別々に飛んで、1羽だけが近くにとまった。♂です。



カワセミ ♀   3.8
e0339873_18454760.jpg
e0339873_18454771.jpg
        今日は、1羽だけが近くにとまっていた。下嘴が赤いので♀だとわかる。
        ♂の姿は見えませんでした。


[PR]
by higirinikki2 | 2017-03-08 19:06 | 舞岡公園の鳥 | Comments(0)