<   2017年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

■ 春を先撮り   17.2.28   (アマナ、タチツボスミレ、シュンラン)

2月も今日でおわり。明日からは「春」となってほしい
そんな願いを込めて、無理矢理「春を先撮り」してきました。どこにあったか詮索ナシでいきましょう。


アマナ   17.2.26   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/50,F6.4
e0339873_18062072.jpg
        たくさんあった葉、その中心からのぞいていた蕾はこの二つだけでした。
        花々が全開するのは、まだまだ先のことです。


タチツボスミレ   2.27  〃 ISO400 1/160,F8
e0339873_18061999.jpg
        見たかぎりでは、里山全体で開花第1号の花です。
        ごくごく小さい花です。


シュンラン   〃  〃 ISO800 1/50,F6.4
e0339873_18062023.jpg
        ちょっと見落としていた間に、開花が始まっていました。
        もう少し大きくなれば見栄えがよくなるでしょう。

[PR]
by higirinikki2 | 2017-02-28 18:24 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 木の花 3種   17.2.27   (ウグイスカグラ、ミツマタ、サンシュユ)

曇り空で冷え込みがきつい寒い1日だった。5日ぶりの古民家説明、こどもたちもちぢこまっていた。が、外遊びや水車見学では喜々として動き回っていた。

暖かな日には、咲き始めた木の花が輝いている。


ウグイスカグラ   17.2.24   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/1600,F8
e0339873_17532223.jpg
        可憐な花です。が、まばらに枝の先についているので、集合した画面にはしにくいですね。


ミツマタ   〃   〃  1/400,F8
e0339873_17532262.jpg
        まだひとつだけが、一部だけ黄色をみせている。


サンシュユ   〃   〃  1/400,F8
e0339873_17532267.jpg
        園路の下で、金平糖のようなかわいい黄色い花がついている。
        接近して撮影できないのが残念です。

[PR]
by higirinikki2 | 2017-02-27 18:07 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ アリスイ劇場   17.2.26

昨日・今日は、小谷戸の里では「おひなさま~甘酒~」で甘酒がふるまわれた。合わせて、妻は古民家の囲炉裏を囲んで「紙芝居」を演じた。きのうは曇り空で来園するこどもがいなかったが、暖かな青空のきょうは親子連れが多く、10数人の親子が観てくれた。

一方のフィールドでは、ヤマシギ劇場とアリスイ劇場が向かい合って開場、多くのカメラマンを集めている。


きょうのアリスイ   17.2.26   FUJIFILM X-S1 24-624mm() ISO800 1/640,F8
e0339873_17554796.jpg
e0339873_17554834.jpg
        きょうは周遊回路の後半の立ち木にとまって、上の方に登っていく姿を見せてくれた
e0339873_17554862.jpg
e0339873_17554809.jpg



きのうのアリスイ   2.25   〃   ISO400 1/640,F6.4
e0339873_17554848.jpg
e0339873_17554663.jpg
        「タシギ湿地」と名付けた舞台のあちこちを動き回って姿を見せてくれる。
        本当は蟻を舐めとっているのだろうが、よくは見えない。
e0339873_17554699.jpg
e0339873_17554745.jpg


[PR]
by higirinikki2 | 2017-02-26 18:24 | 舞岡公園の鳥 | Comments(2)

■ モズ・恋の季節   17.2.25

午後、高校同窓会「T交会」の環境セミナーを聴講してきた。ひさしぶりに先輩・後輩とカラオケで交流し、気分が高揚し愉快に帰宅した。

出かける前に、じっくり散策。モズの求愛シーンを目撃した。といっても、プレゼント・シーンではなかったのだが。


モズ ♀   17.2.25   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/150,F5.6
e0339873_23231516.jpg
        キリキリと鳴きながら飛んできた雌のモズが20mほど先の木の枝にとまった。
        「遠いな」と思いながら撮影していると、雄のモズが飛んできて雌の隣にとまった。


モズ ♂・♀
e0339873_23231631.jpg
        「やー、初めて見るシーンだ」と撮影した。
        あきらかに求愛行動に思えるのだが、聞いていたプレゼント・シーンではなかった。


モズ ♂
e0339873_23231653.jpg
        しばらく2羽で並んでいたが、やがて♀が飛んでいき♂も飛んで行ってしまった。

[PR]
by higirinikki2 | 2017-02-25 23:47 | 舞岡公園の鳥 | Comments(0)

■ 鳥 3種(2)   17.2.24   (シジュウカラ、ウグイス、モズ)

北風は強くなく、曇り空でキリッと冬というわけでもない、寒いことは寒い、という1日。猛禽が空を飛んだのか、鳥の姿がまったく見られない。春の花もなく、収穫の少ない散策でした。

19日、マガモを撮影した日に出会った鳥たちです。


シジュウカラ   17.2.19   FUJIFILM X-S1 24-624mm() ISO400 1/1000,F6.4
e0339873_18095637.jpg
   木道の脇のススキの原で。茎の芯を齧って虫を引っ張り出しているようだ。


ウグイス   〃   〃(trimming) 1/800,F6.4
e0339873_18095556.jpg
        シジュウカラのいる下の藪の中で動いているのはウグイス。
        よく見えずにシャッターを切ったら、こちらを睨んでいる姿が写っていた。



モズ   〃   〃(trimming) 1/800,F6.4
e0339873_18095632.jpg
        前日に出会ったモズと同じ個体でしょう。
        「縄張り」を守るかのように、同じような位置にいました。


[PR]
by higirinikki2 | 2017-02-24 18:29 | 舞岡公園の鳥 | Comments(0)

■ 鳥 3種   17.2.23   (モズ、コガモ、ヒヨドリ)

「三寒四温」とは、もともとは中国北東部や朝鮮半島におけることわざであって、シベリア高気圧の勢力がほぼ7日の周期で強まったり弱まったりするからと考えられている。日本では、春先に低気圧と高気圧が交互にやってきたときの気温の周期的な変化、という意味合いで使用されることが多い。その伝で、ここ3週間ほどが該当するように見える。
今日も低気圧通過で、午前中は暖かな南風と雨で気温が上がったが、夕方からは冷たい北風が吹いて寒くなるらしい。

ノスリを撮影した18日、ほかに出会った鳥たちです。


モズ   17.2.18   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当)(trimming) ISO400 1/250,F6.4
e0339873_18004758.jpg
        ツミを撮影した2時間後、その枝の下の木にいたモズです。
        顔つきからすると雄でしょうか。



コガモ   〃   〃 1/200,F6.4
e0339873_18004703.jpg
        「おおはらおき池」にコガモ艦隊がさざ波を切って進軍していた。



ツグミ   〃   〃 1/500,F6.4
e0339873_18004844.jpg
        「もみじ広場」の真ん中、ツグミが背を伸ばして佇んでいる。


[PR]
by higirinikki2 | 2017-02-23 18:29 | 舞岡公園の鳥 | Comments(0)

■ 瓜久保の梅   17.2.22

風がやんだが薄曇りの寒い日。4日ぶりの古民家説明は50人と100人の2校が続く。時間ピッタリに合わせるのに苦労。でも「わかりやすい説明でありがとうございました」との先生の言葉が励みになる。

3日前の散策で、瓜久保の各種の梅が順繰りに満開になりつつあった。
あとは豊後梅がじきに咲き出し、やがてアンズの花も咲き始める季節になった。


白梅   17.2.19   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/400,F8
e0339873_17335077.jpg
e0339873_17335136.jpg
        先に満開となった紅梅の花が見える。


緑萼梅   〃   〃  1/250,F8
e0339873_17335059.jpg
        下向きの花で、緑色の萼がよく見えないのですが。


枝垂れ梅   〃   〃  1/500,F8
e0339873_17335053.jpg
        「瓜久保の家」の裏の株、枝垂れた枝に薄いピンクの花が咲き始めていた。

[PR]
by higirinikki2 | 2017-02-22 17:53 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 幼稚園「おひなまつり発表会」   17.2.21

今日も綺麗な青空に強い北風が吹く寒い日に。

2階のふたりの孫娘のうち、姉が通っている幼稚園の「おひなまつり発表会」に、パパ・ママ・妹にジジ・ババも加わって見学に行ってきました。5歳児「年中組」ともなると、身体も心も大きく成長していることが見てとれました。音楽劇「おかしの家 ヘンゼルとグレーテル」と合奏・合唱「小さな世界」を演じてくれました。


ヘンゼルとグレーテル   17.2.21   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO3200 1/200,F4
e0339873_18485429.jpg
        ダブルキャストで演じたのですが、「心配ご無用」でしたよ。



小さな世界
e0339873_18091370.jpg
         どこにいるのか探しているうちに、演奏と合唱がすすんでいました。
        みんな、じょうずだったよ。


[PR]
by higirinikki2 | 2017-02-21 18:16 | おでかけ | Comments(0)

■ いろいろのマンサクが満開   17.2.20

強風が吹きすさんでいる。雲の動きも早く荒れた天気になりそうだ。

園内の各種のマンサクの花が満開近くなっている。


マンサク   17.2.7   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO200 1/250,F6.4
e0339873_18513237.jpg
        園路下にある、在来種の「マンサク」です。小さく花弁もくるくる巻いて控えめな花です。
        18日現在でも、花は、まだ数個しか咲いていない。


シナマンサク   2.8   〃  ISO800 1/2400,F6.4
e0339873_17490841.jpg
        こちらは「さくら広場」トイレの前にあって、いち早く花を咲かせている。
        大きな枯れ葉をつけたまま、鮮やかな黄色の花が咲いている。



        以下の花は、いわゆる「インターメディア系」と呼ばれるものらしいのですが、ちょっと自信がありません。



インターメディア系(赤) 1   2.18   〃  ISO400 1/320,F6.4
e0339873_17490962.jpg
e0339873_17491099.jpg
        こちらも古民家の裏庭の橋際にある。背景にはフクジュソウがある。
        この色はなんと表現すればよいのだろうか。「赤橙」?


インターメディア系(赤) 2   2.14   〃  ISO200 1/100,F9
e0339873_17491075.jpg
e0339873_17490935.jpg
        こちらは瓜久保に家の奥に続く園路の際にある。
        逆光に光るこの色はなんと表現すればよいのだろうか。「赤黒い」では下品ですね。


インターメディア系(黄)   2.18   〃  ISO400 1/500,F6.4
e0339873_17491010.jpg
e0339873_17491125.jpg
        こちらは公園入口の駐輪場の端にあって、大きく枝を張っている。
        画像が汚らしく見えるとすれば、撮影条件と腕が悪いからです。
        「シナマンサク」と似ているが、葉は落ちて残っていない。




〃 ?   17.2.11   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/500,F6.4
e0339873_17490936.jpg
        古民家裏山の株。花が遠い。
        上の花とも違って、花弁が薄黄色で長い。「在来種」とは明らかに違う。
        よくわからないが「園芸種」なのだろう。


[PR]
by higirinikki2 | 2017-02-20 18:22 | 舞岡公園の草木 | Comments(2)

■ マガモ   17.2.19

「北風吹きぬく寒い朝も心ひとつで暖かくなる」。吉永小百合の歌が思い出される朝です。何の心を持とうかな?

朝の散策、さくらなみ池で雌雄のマガモがかわるがわる水中に頭を突っ込む動作を繰り返していた。「もしや求愛行動?」とカメラを向けたとたんに、雄が雌の背中に乗りかかった。
シャッターが遅れた、のです。残念!これらのシーンで、何が起こったのかを想像してください。


マガモ   17.2.19   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/320,F8
e0339873_20185391.jpg
e0339873_20185437.jpg
        言うまでもなく「交尾」が行われたのですね。
        時間にして数秒といったところでしょうか。
e0339873_20185444.jpg
        背中から降りた雄が、首を伸ばして雌のまわりをぐるっと回りました。
e0339873_20185434.jpg
        3枚目と4枚目、雄の回遊と雌の羽ばたきは何を意味するのだろう。
        お互いに「やったぜ!」という気持ちを表しているのだと見ましたが、どうでしょう。

[PR]
by higirinikki2 | 2017-02-19 20:55 | 舞岡公園の鳥 | Comments(0)