<   2016年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

■ 今年後半のベスト記事集   16.12.31

地震・水害・大火災etc.、自然災害の多かった1年がおわる。来年は、平穏無事な年であってほしいです。

きのうの続き、「我ながらいい記事だなと思う」ベスト記事集後半です。



アマチャヅル 雄花   16.7.27   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/160,F8
e0339873_18441130.jpg
        花の時期が終わりに近づいている雌雄異株のアマチャヅルのつるが目立ったので撮影してみた。
        風が強くつるが揺れるので、小さな花の中心部を捉えるのは難しい。

        ■ アマチャヅルの花   16.7.31




24番田んぼ   16.8.11   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/45,F8
e0339873_2116438.jpg
        不耕起で古代米を植えている24番田んぼは、各種の「水田雑草」が生えていて標本田んぼのようです。
        
        ■ 水田雑草 (1)   16.8.11   (オモダカ、ヘラオマダカ、ミズニラ)
        ■ 水田雑草 (2)   16.8.12   (コナギ、チョウジタデ、キクモ)




ジャコウアゲハ幼虫がいっぱい   16.9.21   FUJIFILM X-S1 24-624mm() ISO800 1/170,F7.1
e0339873_18203093.jpg
        ウマノスズクサの葉という葉にいっぱい群がっているジャコウアゲハの幼虫に目を瞠る。
        これが全部、蛹になり成蝶になったら凄いことになる。 

        ■ ジャコウアゲハが産卵   16.9.15
        ■ ジャコウアゲハ幼虫がいっぱい   16.9.21
        ■ 最後のジャコウアゲハ幼虫   16.10.11




ススキ   16.10.11   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/480,F5
e0339873_182912.jpg
        園内のところどころにススキの群落があって、すでに白くなった穂が風に揺れていました。
        10日ほど前には「花」が開いていました。
        
        ■ ススキの花   16.10.21




雪の古民家   16.11.25   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/250,F8
e0339873_1816212.jpg
        25日、消え残る雪は古民家の屋根にあって、もみじの隙間から見える陽光に上がる蒸気が印象的だった。

        ■ 雪の古民家   16.11.27
        ■ 雪ともみじ   16.11.26




アカシデの果穂   16.11.28   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/500,F5
e0339873_2244115.jpg
        「ばらの丸橋」の際、手が届く所に沢山のアカシデの果穂が赤茶色になって風に揺られている。
 
        ■ アカシデの果穂   16.12.3

.
[PR]
by higirinikki2 | 2016-12-31 15:51 | 舞岡公園・その他 | Comments(0)

■ 今年前半のベスト記事集   16.12.30

今年も1年間「毎日更新」を続けることができました。
「今日は書く記事がないな」と題材に悩むこともありましたが、前半6か月の中から「我ながらいい記事だなと思う」記事を6件選びました。
ご覧ください。


コゲラ ♂   16.1.10   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/500,F8
e0339873_17274386.jpg
        小谷戸の里の前の園路際に、赤い実をびっしりとつけた小さなマユミの木が2本あり、
        コゲラ、メジロ、シジュウカラの混群がやって来て、せわしなく動き回って赤い実を啄んでいる。
        そんな群れの中にコゲラのペアがいた。
        一目で雌雄を見分けるのは無理で、撮影した後に液晶モニターで画像を拡大して確認する。
        (以下の写真と解説文は、下記記事をお読みください)

        ■ コゲラ 雌雄   16.1.12



豆撒き   16.2.3   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/300,F8
e0339873_18263510.jpg
        この日は、公園の節分行事「豆撒き」を取材し、集まった幼児を対象に紙芝居をし、「雛飾り」のお手伝い。
        充実した1日でした。

        ■ 今日は「節分」   16.2.3



ヤマガラの巣作り   16.3.23   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/150,F8
e0339873_202214.jpg
        巣作りに励むヤマガラの姿を近くから撮影してきました。
        さすがに野鳥です。巣穴に入る動きの速いこと、顔を出した一瞬だけを撮影できました。
         巣材は巣穴の下の道に生えたコケです。丁寧に剥がしている様子をご覧ください。

        ■ ヤマガラの巣作り   16.3.23



杯状体   16.4.6   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/85,F8
e0339873_20132932.jpg
        園内某所、ゼニゴケがいついた箇所があり観察を続けている。途中報告です。

        ■ ゼニゴケ   16.4.18



アオオビハエトリ   16.5.19   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/280,F8
e0339873_18284553.jpg
        散策で出会った珍しいシーンの報告です。
      
        ■ 蜘蛛合戦?求愛行動? アオオビハエトリ   16.5.20



ラミーカミキリ   16.6.1   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/180,F8
e0339873_17424130.jpg
        ゼフ探しの合間に初見の虫たちとの遭遇が続く。
        今日は、宿願だったラミーカミキリとの出会いがあった。
        ホタルカミキリなんて、どちらが本性なのかわからない種もあるのだ。

        ■ カミキリ 3種   16.6.1   (ラミーカミキリ、シラハタリンゴカミキリ、ホタルカミキリ)

.
[PR]
by higirinikki2 | 2016-12-30 16:14 | 舞岡公園・その他 | Comments(0)

■ 遠い彼方の鳥   16.12.29   (シメ、ヤマガラ、ヤマシギ)

とても歳末とは思えぬほど、のんびりと過ごしてしまっています。その分、妻には迷惑をかけているのでしょう。

きのう「遠い彼方の鳥だけに出会えた」と書いた、その鳥たち3羽です。オリジナルとトリミングの両方を掲載します。「下手さ」加減がわかるでしょう。


シメ   16.12.29   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/250,F8
e0339873_17536100.jpg
        細かな枝が邪魔して肉眼では確認できませんでした。
e0339873_1761957.jpg
        拡大してみて顔の部分がはっきりしないことがわかりました。
        現場ではモズかウソか、とも思ったのですが、シメのようですね。


ヤマガラ   〃   〃   1/160,F8
e0339873_179132.jpg
        「ヤマガラの声がする」と探しても、やっと見つけても、動きが早くて撮影困難でした。
e0339873_17101919.jpg
        拡大して見れば「まずまず」の画像ですかね?


ヤマシギ   〃   〃 ISO 800 1/125,F6.4
e0339873_17123035.jpg
        今シーズン初見ですが、先着カメラマンに教えてもらっても肉眼では見つけられません。
        目検討でシャッターを押してみたら写っていました。が、落ち葉に紛れて全体像がわかりません。
e0339873_17143481.jpg
        トリミングしても、どこにいるのか一発ではわかりませんね。

.
[PR]
by higirinikki2 | 2016-12-29 17:15 | 舞岡公園の鳥 | Comments(0)

■ 田んぼまわりの花   16.12.28   (ホトケノザ、ナズナ、オニノゲシ)

4日ぶりの散策。足がなえていないか心配したが、それほどでもなかった。
ゆっくりと歩いたが、田んぼまわりのわずかの花と、遠い彼方の鳥だけに出会えた。


ホトケノザ   16.12.28   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/640,F8
e0339873_189378.jpg
        吹きっつぁらしの田んぼの畔だが、すこし南に傾斜がある分日当たりがよいんだろうか?
        群落とまではいかないが、数か所でかたまって咲いている。


ナズナ   〃   〃   1/800,F8
e0339873_18132029.jpg
        今頃咲くか?と思うのだが、2株だけとはいえ白い花が咲き、軍配状の種子らしきものも出来ていた。
       「春の七草」のひとつだが、「七草粥」に入れるほど大量に摘むのは難しいでしょうね。


オニノゲシ   〃   〃   1/600,F8
e0339873_18152574.jpg
        藁に守られるように、黄色い花が咲いていた。

.
[PR]
by higirinikki2 | 2016-12-28 18:16 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ “種髪”をつけた種子   16.12.27   (オオカモメヅル、ガガイモ)

きのうの朝からきょうの昼まで、某成人病の検査で近くの病院に入院してきました。検査とはいえ、病院に入院・泊まるということは人生初めてのこと。検査自体はたいしたことはなかったのですが、6人部屋の同室者の咳と寝言に悩まされて、よく眠れませんでした。看護師さんの「眠れましたか?」の質問には「枕が変わると眠れないのです」と答えたものの、体には堪えました。本チャン入院がありませんように!

24日の散策で見つけた「“種髪”をつけた種子」です。


オオカモメヅル   16.12.24   FUJIFILM X-S1 24-624mm() ISO800 1/2000,F8
e0339873_1875100.jpg
        いつか種髪が姿を見せたら撮影しようと思っているうちに忘れていました。
        そうとう前から袋果が裂開して種髪をつけた種子が飛んでしまっていて、残り少なになっていました。


ガガイモ   〃   〃   1/800,F8
e0339873_18115894.jpg
        11.7 に紹介した姿のすぐ傍で遅れて裂開した袋果が3つ見えます。
        こちらも撮影時期が遅れて、残った種子の数が少なくなっていました。

.
[PR]
by higirinikki2 | 2016-12-27 18:14 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ アライグマの足跡   16.12.26

おとといの散策で16番田んぼで動物の足跡と思しきものを見つけた。
かかとが地面についているかこの足跡では不明だが、5本の指に長い爪の跡が見えるので「アライグマ」に間違いないだろう。
ずいぶん前から、目撃情報や足跡が見つかっているので、この谷戸の内に棲みついているのだろう。

三浦半島各地からアライグマの被害情報が流れてくる。ペットとして飼いきれなくなり遺棄された個体が繁殖を続けているらしい。ここでは、特別な被害情報を聞かないが、ずっと生き続けているようだ。


アライグマの足跡   16.12.24   FUJIFILM X-S1 24-624mm() ISO800 1/340,F8
e0339873_1884252.jpg
e0339873_1884857.jpg

        6年前、10年前に記事に取り上げています。

        ■ アライグマ(?)の足跡  06.10.2
        ■ アライグマの足跡   10.9.15
[PR]
by higirinikki2 | 2016-12-26 17:58 | 舞岡公園・その他の生き物 | Comments(0)

■ 採餌するシロハラ   16.12.25

落葉がすすむとともに冬鳥の季節になった。地面の落ち葉をひっくり返して餌を探すシロハラは、同じような食性を持つアオジとならんで、すぐに「人慣れ」がすすんでいる。
きのうも、「かっぱ池」と草原の境目の垣の下の落ち葉をひっくり返すのに余念がなく、こちらの接近を許してくれた。


シロハラ   16.12.24   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO1600 1/34,F8
e0339873_17221585.jpg
e0339873_17222749.jpg
        落ち葉をひっくり返して餌がないと、静止してこちらをじっと見て安全を確認しているようだ。

e0339873_17241520.jpg
        途中、散歩やランニングする人が通ると、
        さすがに、近くの藪の中に飛んでしまうが、また姿を見せることもある。

e0339873_17261067.jpg
        藪から出てきて木柵にとまってくれた。
        ちょっと特徴が違うようにも見えるので、別の個体かもしれない。

.
[PR]
by higirinikki2 | 2016-12-25 17:27 | 舞岡公園の鳥 | Comments(0)

■ ソシンロウバイが咲き始めた   16.12.24

ここ2、3日続いた暖かな日のせいか、瓜久保のソシンロウバイが光り輝いて花を咲かせ始めていた。


ソシンロウバイ   16.12.24   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/480,F8
e0339873_1924211.jpg
e0339873_1924815.jpg
e0339873_192557.jpg
e0339873_193119.jpg


.
[PR]
by higirinikki2 | 2016-12-24 19:03 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 水辺の鳥 3種   16.12.23   (マガモ、コガモ、ホシゴイ)

「天皇誕生日」の今日、日中は年賀状の宛名整理で外にでなかったので、暖かいのか寒いのか知らない内に夜になっていた。

「さくらなみ池」や「宮田池」で見られる水辺の鳥です。マガモやコガモの雄が「非繁殖期のエクリプス状態」から雄らしい顔つきに変わってきたのが印象的です。


マガモ   16.12.17   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/1000,F8
e0339873_18281698.jpg
        「エクリプス」状態の説明はこちら


コガモ   16.12.22   〃   1/40,F8
e0339873_18295421.jpg
        「エクリプス」状態の説明はこちら


ホシゴイ   12.20   〃   1/160,F6.4
e0339873_18321523.jpg
        しばらく前から姿を見せていたようです。
        成長して綺麗なゴイサギの姿になったところを見てみたいものです。

        過去記事  ゴイサギ(ホシゴイ)

.      
[PR]
by higirinikki2 | 2016-12-23 18:34 | 舞岡公園の鳥 | Comments(0)

■ タシギ見参   16.12.22

生暖かく強い南風が吹きまくって気持ち悪い。糸魚川の大火は、この気象条件下では注意しなければいけなかったことだろう。

今にも雨になりそうな中、散策に出たがポツリと振り出した雨に恐れをなして、急いで帰ってきてしまった。今シーズン初見のタシギです。


タシギ   16.12.22   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO3200 1/100,F8
e0339873_1734656.jpg
e0339873_17341229.jpg
e0339873_17342011.jpg
e0339873_17342649.jpg
        丁寧な「羽づくろい」が見られるかなと思わせたが、
        その先まではいかなかったのが残念でした。また、いつか。

        過去記事  タシギ

.
[PR]
by higirinikki2 | 2016-12-22 17:35 | 舞岡公園の鳥 | Comments(0)