<   2016年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

■ 残り少ない赤い実   16.11.30   (カマツカ、メギ、ウメモドキ)

季節がすすんで、実をつける木の実も落ちはじめている。その中でも、残り少ない赤い実をとりあげます。


カマツカ   16.11.28   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO1600 1/1000,F5
e0339873_16335977.jpg
        「けやき広場」の端、「おおなば橋」への坂の途中にある株で、やっと見つけた赤い実です。
        ほとんどの実は黒く萎れていました。


メギ   〃   〃  1/200,F5.6
e0339873_16371069.jpg
        小谷戸の里の門前の株です。全部で5~6個の赤い実がついていました。


ウメモドキ   〃   〃  1/800,F5.6
e0339873_16391158.jpg
        小谷戸の里、水屋脇の株です。盛大についていた赤いは、たったひとつ残っていました。

       昨日から4日間、旅に出ています。この記事は「予約投稿」です。


.
[PR]
by higirinikki2 | 2016-11-30 16:28 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ アカボシゴマダラの(越冬?)幼虫   16.11.29

11月16日に紹介した「アカボシゴマダラ幼虫群」ですが、最近の寒さでエノキの葉も枯れ始めてきました。
その後、どうなっているのか、追跡取材してみました。

緑色をした幼虫はほとんどいなくなり、残った幼虫は、①黒っぽくなった姿で枯れ葉に同化している、か ②黒っぽくなって枝の別れ際のところにしがみついている。


枯れ葉とともに   16.11.27   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO3200 1/250,F5
e0339873_1612149.jpg
        真冬になって、アカボシゴマダラの越冬幼虫に詳しい人たちが、
        落ち葉をひっくり返して幼虫を探していることは知っていますが、実際の姿を見たことはありません。

        この画像の幼虫は、この枯れ葉が下に落ちれば、そのままそこで越冬するということなのだろうか?


枝にとまって   11.28   〃 ISO1600 1/250,F8
e0339873_16184368.jpg
        この幼虫は、このままここで越冬するのでしょうね。

       今日から4日間、旅に出ています。この記事は「予約投稿」です。

.
[PR]
by higirinikki2 | 2016-11-29 16:03 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 虫こぶ 3種   16.11.28

はっきりしない天気の日が続いている。明日から4日間、旅に出るので話題となる写真を撮り貯めておこうと。今日も散策に出た。

「虫こぶ」が最盛期の夏とは違った姿を見せているので紹介しましょう。


エゴノネコアシ   16.11.28   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO1600 1/500,F6.4
e0339873_1453930.jpg
e0339873_14531999.jpg
        エゴノキの実が黒くなってついているように見えます。
        寄生した虫が抜け出た後でも、その形を残しているのですね。

        過去記事  エゴノネコアシ


ガマズミミケフシ   11.27   〃 ISO3200 1/200,F5.6
e0339873_14561357.jpg
        虫こぶも、本当の実と同じように色づいていたので、ビックリ。

        過去記事  ガマズミミケフシ


ナラハヒラタマルタマフシ   11.28   〃 ISO1600 1/800,F5.6
e0339873_14594823.jpg
        コナラの葉の表面で赤くなっている虫こぶ、初めてみました。

        ナラハヒラタマルタマバチによって、コナラの葉の主脈および支脈に作られた
        表面がつやつやした桃紅色の虫えいです。
        出来はじめの虫えいは葉に付いている部分が平らで半球形ですが、
        大きくなるにつれ球形に近くなってきます。
        虫えいは9月頃から出来はじめ10月上旬頃から落下し、次の年の10月に
        蛹になって11月頃に羽化するのだそうです。

        明日から4日間、旅に出ます。この間の記事は「予約投稿」です。


.
[PR]
by higirinikki2 | 2016-11-28 17:45 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 雪の古民家   16.11.27

朝晩の雨の間は曇り空でそれほどの冷え込みはなかった。夕方、ちょっとの散策に。

25日、消え残る雪は古民家の屋根にあって、もみじの隙間から見える陽光に上がる蒸気が印象的だった。


雪の古民家   16.11.25   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/250,F8
e0339873_1816212.jpg
e0339873_18163530.jpg
        陽光の当たる茅屋根では解けた雪の水分が蒸発して湯気が上がっている。


雪ともみじ   〃   〃 1/340,F8
e0339873_181942.jpg
e0339873_18191128.jpg
e0339873_18191867.jpg
e0339873_18192695.jpg
        54年ぶりの11月の雪。雪ともみじの取り合わせは絵になりますね。

.
[PR]
by higirinikki2 | 2016-11-27 18:20 | 舞岡公園・その他 | Comments(0)

■ 雪ともみじ   16.11.26

昨夜はおいしい酒をすこし飲みすぎたかな?今日は休養日に。

きのうの午前中、前日の雪が残った光景を撮りたいものと散策に出た、陽光の中、雪はどんどん解けていたが、各所で秋と冬がまざった光景が見られた。
「もみじ広場」のカエデの紅葉はすこし盛りを過ぎたのか、一面の落ち葉の上で雪が解け残っていた。


もみじ広場   16.11.25   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/340,F8
e0339873_18414474.jpg
e0339873_18415034.jpg
e0339873_18415967.jpg
e0339873_1842574.jpg
e0339873_1859347.jpg


.
[PR]
by higirinikki2 | 2016-11-26 18:42 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 退職慰労会   16.11.25

ウォーキンググループ「悠々会」メンバーMaさんの退職慰労会で横浜。桜木町に集まりました。
主賓の挨拶もそこそこに、自分のしゃべりたいことを我勝ちにしゃべる。遅れてならジとしゃべるも遅し。


持ち込み   16.11.25   FUJIFILM XQ2 6.4-25.6mm ISO400 1/30,F4.2
e0339873_2385477.jpg

[PR]
by higirinikki2 | 2016-11-25 23:13 | 交友記 | Comments(0)

■ 収穫祭で楽しい   16.11.24

11月に積雪があるとは、何十年ぶりかの珍事のようです。寒い真冬のような天気、もちろん休養日です。

「収穫祭」は食べ物だけで祝う祭りではありません。いろいろの遊びや物づくりも楽しめます。昔の農文化を体験する場でもあります。


竹の鳥笛作り   16.11.23   FUJIFILM XQ2 6.4-25.6mm ISO400 1/750,F1.8
e0339873_13301063.jpg
        竹を使って笛作り。完成したら音の出し方も教えます。

つる細工
e0339873_13385645.jpg
        葛のつるで飾りかごを作ります。

草の葉遊び
e0339873_13331848.jpg
        葉っぱで虫などを作ります。

縄ない体験
e0339873_13315448.jpg
        脱穀した後の藁で縄をないます。縄跳びくらいの長さにできるかな。

丸太切り
e0339873_13415033.jpg
        雑木林で切った桜の木を使用。ノコギリで切って焼き印を押します。

田んぼ足袋釣り
e0339873_13443821.jpg


輪投げ
e0339873_13451791.jpg


おなもみダーツ
e0339873_13462570.jpg


舞・小谷戸屋
e0339873_13484195.jpg
        公園の産物から手作りした品物の販売。竹炭・竹とんぼ・わら草履など。


かかし祭り人気投票表彰式
e0339873_13511145.jpg
        「1等」はもみのき園のこどもたち。


4年生の研究発表
e0339873_15402068.jpg
        近隣の小学校4年生の子供たちが、「情報館」で日頃の公園内での研究成果を発表していました。


.
[PR]
by higirinikki2 | 2016-11-24 17:23 | 舞岡公園の行事 | Comments(0)

■ 収穫祭でおいしい   16.11.23

恒例の収穫祭は、危ぶまれた天気も北風ですこし寒かったが雨にはならずに、2000人近い来園者で賑わいました。私は、いつもの甘酒グループ、いつものメンバーと代わって事務所スタッフ、育休中のスタッフ、近隣の小学校の先生の新人女性3人と一緒に奮闘しました。9時50分から11時過ぎまで、あっという間に完売して、遅れてこられたお客さんをがっかりさせてしまいました。


ボランティア集合   16.11.23   FUJIFILM XQ2 6.4-25.6mm ISO400 1/240,F1.8
e0339873_2022598.jpg
        食べ物関係のボランティアは8時半に集合です。

スタッフミーティング
e0339873_2034295.jpg
        食物を扱うことで衛生上の対策と注意点の説明を受けました。


        以下、撮影順に食べ物関係を紹介します。

甘酒
e0339873_20636100.jpg
        事前にもち米と麹で仕込み、熟成したもの。砂糖は一切使わず、自然の甘味がおいしい。

谷戸おこわ
e0339873_2012245.jpg
        黒米を使ったおこわです。

谷戸餅
e0339873_2014797.jpg
        あんこ、きな粉、砂糖醤油の3種で1セット。

谷戸鍋
e0339873_2015379.jpg
        大根、人参、ネギ、里芋などが入った具沢山の味噌汁。

谷戸焼き餅
e0339873_20222282.jpg
        事前に餅をついてのし餅にしたものを、当日は炭火で焼いて砂糖醤油で味付けします。

焼きいも
e0339873_20171741.jpg
        さつま芋をドラム缶でじっくり焼きあげます。

        撮影に行った時には「谷戸だんご」は売り切って店じまい中でした。
        また「ピーナツすくい」を撮影忘れしてしまいました。

食事広場
e0339873_20334649.jpg
        事務所前の広場にブルーシートや机を設置してお食事場所を提供しました。


        説明が遅れましたが、これらの材料は全部、ボランティアスタッフが田んぼや畑で育て収穫したものです。

.
[PR]
by higirinikki2 | 2016-11-23 20:19 | 舞岡公園の行事 | Comments(0)

■ メタセコイアの雄花   16.11.22

「収穫祭」の前日のきょう、朝から青空が広がって一気に「小春日和」に。
明日は「曇りのち雨」の予報だが、雨が落ちてくるのはすこしでも遅くあってほしいところです。

きのうの「ディック」さんの記事で、暖簾のように見事に下がったメタセコイアの雄花序の写真を見せつけられたので、「こぶし広場」にあるメタセコイアを見に行ってきました。
黄色く色づいてはいますが、まだ落葉はすすんでいないので探し難かったのですが、蕾状態の雄花序を見つけることができました。


メタセコイア   16.11.22   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/210,F8
e0339873_18162664.jpg
        広場を囲んで4~5本の株が立っているのですが、西南の株で見つけることができました。


雄花序らしいのが   〃   〃 1/400,F8
e0339873_18195128.jpg


e0339873_1820114.jpg
e0339873_18201823.jpg
        暖簾のように、とはいかないが10本ちかくの総状の雄花序が見えます。
        まだ蕾の状態で開花するのは来春です。


球果   〃   〃 1/400,F8
e0339873_1824233.jpg
        雌花を見つけるのは至難の業とか、球果がひとつだけ見つかりました。

        過去記事  ■ メタセコイアの球果   10.12.23

.
[PR]
by higirinikki2 | 2016-11-22 18:28 | 舞岡公園の草木 | Comments(4)

■ サトクダマキモドキ   16.11.21

生暖かい朝の早朝歩きをおえた後、どこか疲れが取れず休養日に。ひさしぶりに3時過ぎからの大相撲放送を結びまでTV観戦。目にとっては休養にはならなかった。

ここ2回ほどの散策で、杭の上にとまったサトクダマキモドキに出会った。「木から木へよく飛ぶ」というのだが、いつも見つけるのは杭の上。ここで何をしているのだろうか。


サトクダマキモドキ   16.11.17   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/200,F8
e0339873_18214418.jpg


   11.18   〃 ISO400 1/60,F7.1
e0339873_18235658.jpg

   〃   〃 ISO800 1/125,F6.7
e0339873_1824416.jpg
        「クダマキ」とはクツワムシの古名、モドキは「似たもの」。
       前脚が赤茶色だと「ヤマクダマキモドキ」、小柄なのが「ヒメクダマキモドキ」となるらしい。

.
[PR]
by higirinikki2 | 2016-11-21 18:26 | 舞岡公園の虫 | Comments(2)