<   2015年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧

■ 大型クモ 3種   15.8.31   (コガタコガネグモ、ナガコガネグモ、チュウガタシロカネグモ)

今日も雨が落ちてきそうな曇り空の1日。きのうの疲れで早朝歩きはやめ、夕方急ぎ散策に出た。

途中に出会った大型クモたちです。


コガタコガネグモ   15.8.31   FinePix F200EXR 6.4-32mm ISO800 1/80,F3.3
e0339873_1855222.jpg
        マクロ撮影で超接近。綺麗な紋様を撮影できました。

        過去記事  コガタコガネグモ


ナガコガネグモ   〃   〃   1/70,F3.3
e0339873_18575058.jpg
        ネットのかかった田んぼで、獲物を待ち伏せしています。
        腹側を向けて止まっていました。 背中の紋様も綺麗なのですが。

        過去記事  ナガコガネグモ


チュウガタシロカネグモ   〃   〃   1/140,F3.3
e0339873_1902531.jpg
        園路にはみだして巣を作っていました。おかげで、こんなシーンを撮影できました。

        過去記事  チュウガタシロカネグモ
[PR]
by higirinikki2 | 2015-08-31 19:01 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ アカボシゴマダラが羽化ラッシュ   15.8.30

天気予報は午前中は「曇り」だったが、9時過ぎから小雨、本降りになった。

ひさしぶりの田んぼ作業「草取り・水抜き」に参加、炊き出し昼食、午後は案山子作り、夕方から小谷戸の里の会議出席、1日中フル活動をして6時前に帰宅した。

小さなエノキに沢山いたアカボシゴマダラの幼虫が、順調に蛹になり羽化ラッシュを迎えた。
すっかり公園に定着してしまった「外来種」アカボシゴマダラです。


羽化直後のアカボシゴマダラ   15.8.28   FinePix F200EXR 6.4-32mm ISO800 1/110,F3.3
e0339873_21291982.jpg
e0339873_21215664.jpg
e0339873_2122369.jpg
        早朝散歩の途中、7時半頃のシーンです。

   8.30   〃   1/60,F3.3
e0339873_21235136.jpg
        田んぼに行く途中の9時頃のシーンです。

   〃   〃   1/60,F4.6
e0339873_2125145.jpg
e0339873_21252153.jpg
        午後5時半、本降りの雨の中、まさかと目を疑いました。
[PR]
by higirinikki2 | 2015-08-30 21:26 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ カメムシ 3種   15.8.29   (セアカツノカメムシ、チャバネアオカメムシ、ホソヘリカメムシ)

今日も10月上旬の気温?曇り空から時折り霧雨が落ちてきた。早朝と夕方、早歩きで大汗をかいてきた。

最近の散策で出会ったカメムシ3種です。


セアカツノカメムシ   15.8.21   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO1600 1/250,F8
e0339873_20403942.jpg
        ヤブタバコの葉にとまっているところ。 06.6.10 以来の久しぶりのご対面です。
        フラッシュを焚いたら、微妙な色の組み合わせが現れた。


チャバネアオカメムシ   8.27   〃   1/220,F8
e0339873_20432131.jpg
        ありふれたカメムシの筈ですが、こちらも久しぶりかな?

        過去記事  チャバネアオカメムシ


ホソヘリカメムシ   〃   〃   1/400,F8
e0339873_20452498.jpg
        考えてみると、最近、カメムシに出会うことが少なくなった気がする。
        「モモブト」カメムシと名付けたいくらいの姿をしている。

        蟻に擬態する幼虫の姿もユニークですよ。  08.8.23 にであった幼虫です。
e0070891_18273822.jpg
      

        過去記事  ホソヘリカメムシ
[PR]
by higirinikki2 | 2015-08-29 20:48 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ このカメムシの子は誰?   15.8.28

今日も、すぐにも雨が落ちてきそうな不安な空模様の涼しい日。

きのうの散策で見つけたカメムシの子、9日前の子と同じ種かな? その種、どうにも同定できない。
赤から黒褐色へ同じ子が変化したように思える。


このカメムシの子は誰?   15.8.19   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO1600 1/160,F8
e0339873_2133293.jpg


   8.28   FinePix F200EXR 6.4-32mm ISO800 1/100,F3.3
e0339873_21344349.jpg

        本気を出してネット検索をした結果、「ヒメホシカメムシ」の幼虫に辿りつきました。
        たぶん間違いないと思います。 (22:50)

        記載後、「そら」さんから「オオホシカメムシ」だというコメントをいただいていたことに気づきました。 (22:55)

        さて、どちらでしょうね。
[PR]
by higirinikki2 | 2015-08-28 21:36 | 舞岡公園の虫 | Comments(2)

■ ハナグモ   15.5.27

早朝散歩が気持ちよい気温と天候。昼間は25℃を超えたようだが、散策に出た。
さすがに2回歩くと、ちょっと疲れる。

ススキの葉裏にハナグモを見つけたので、ひっくり返して撮影した。現場ではよく確認できなかったが、PCで拡大・確認してみると、鼻先が黒い緑色が透ける芋虫を何匹も掴まえていた。
この幼虫は? ハスモンヨトウの一齢幼虫かな?


ハナグモ ♀(無紋型)   15.5.27   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO1600 1/220,F8
e0339873_18422100.jpg
        ススキに噛み跡が残っていたので、クロコノマチョウ幼虫か?と思った。

e0339873_18431226.jpg
        拡大してみると、違うとわかりました。 ハスモンヨトウの一齢幼虫かな?
        口と前肢4本を総動員して、掴まえている。何頭(匹)いるでしょうか?

        画像が白とびしているのですが、このハナグモは無紋型の ♀ のようです。
[PR]
by higirinikki2 | 2015-08-27 18:43 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 園路脇の草花   15..8.26   (ヌスビトハギ、センニンソウ、ヒヨドリバナ)

20℃くらいにいちだんと気温が下がって長袖シャツが恋しい日に。早朝は雨が降っていたので、散歩は雨上がりの午後に。早足散歩に慣れるまで、ちょっとした疲れが残ります。

きのうの散歩は一人歩きだったので、カメラ片手にときどきシャッターを切っていた。その中からの画像です。


ヌスビトハギ   15.8.25   FinePix F200EXR 6.4-32mm ISO800 1/180,F3.3
e0339873_18245124.jpg


センニンソウ   〃   〃   1/280,F3.3
e0339873_18253869.jpg


ヒヨドリバナ   〃   〃   1/140,F3.3
e0339873_18262426.jpg

[PR]
by higirinikki2 | 2015-08-26 18:26 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ ポップコーン用とうもろこし   15.8.25

気温が25℃前後と涼しい1日に。
月2回行っている早朝歩きに加えて、おとといから毎朝歩くことを始めた。2~3時間の散策では運動にはならないので、「健康維持・増進のため」と考えてのことだが、さて、いつまで続くことやら。

古民家の軒に黄色いとうもろこしが吊るされて乾燥されている。「収穫祭」や「こども谷戸まつり」で、こどもたちがポップコーンを自作するのだ。


ポップコーン用とうもろこし   15.8.21   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/110,F8
e0339873_17323937.jpg
e0339873_17324653.jpg
        黄色い実ばかりではなく、黒い実も交じっています。

        ポップコ-ン
        トウモロコシの品種である小粒で種皮が固いポップ種(爆裂種)を乾燥させた粒を、油やバターをひいたフライパンなどで
        数分間炒り続け、粒の中の水蒸気が沸騰し膨張する圧力に耐えられなくなった固い種皮が弾けて
        スポンジ状に膨張したものに食塩、粉チーズ、醤油、またはシロップやキャラメルなどの甘い味の調味料や香料をかけて、
        そのまま食べるのが一般的である。 (Wikipedia)
[PR]
by higirinikki2 | 2015-08-25 17:35 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ ナンバンギセル   15.8.24

曇り空でいつ雨が落ちてきても不思議ではないが、ひさしぶりに涼しい風が吹く1日だった。

最近、小谷戸の里の水屋裏のミョウガの間のナンバンギセルが大きくなってきた。


ナンバンギセル   15.8.21   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/45,F8
e0339873_18132363.jpg
        「こちらにナンバンギセルの花があります」という掲示、 毎年、この掲示を頼りに発生を知ります。


   8.19   〃   1/20,F8
e0339873_1816156.jpg
        上とは別の株ですが、煙管の形になってきました。

        過去記事  ナンバンギセル
[PR]
by higirinikki2 | 2015-08-24 18:16 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ クモ 3種   15.8.23   (キザハシオニグモ、団居、チリイソウロウグモ)

台風16号のさきがけの雲か、今にも雷雨がきそうな1日。

おとといの散策で出会った蜘蛛3種です。


キザハシオニグモ   15.8.23   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO1600 1/160,F8
e0339873_22353332.jpg
        昼間、山道の目の前にぶら下がっていたオニグモ、滅多に見られないシーンでしょう。
        種名は、「キザハシオニグモ」としました。キザハシ=階段の紋様が見てとれるでしょうか?


団居(まどい)   〃   〃  ISO800 1/50,F8
e0339873_22384264.jpg
        この頃、よく見かけるシーンです。
        丸く固まっているくもの幼体たち。息をふきかけると、あわてて団子が崩れます。
e0339873_22385169.jpg
        ジョロウグモのこどもたちでしょうか?


チリイソウロウグモ   〃   〃   1/80,F8
e0339873_22433493.jpg
        ヒイラギの葉の中に、チリイソウロウグモの卵嚢が糸に下げられていました。
        親蜘蛛を探しましたが見つかりませんでした。
[PR]
by higirinikki2 | 2015-08-23 22:45 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 狩り蜂 2種   15.8.22   (キンモウアナバチ、ジガバチ)

また気温が上がって33℃ちかくなったらしい。2時過ぎ、外へ出てみると膚をピリピリと射る陽射しに恐れをなして引っ込んだ。

きのうの散策で出会った「狩り蜂」2種です。


キンモウアナバチ   15.8.21   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/45,F8
e0339873_1857308.jpg
        最近よく似た蜂に出会うので、会えば「とりあえず撮っておこう」としている。
        この時は、くるくる動く蜂を見つけてシャッターを切って、さて何をしているのか見ようとしたら飛び立った。
        一瞬だけ、大きなバッタの仲間を掴んでいるのが見えた。

        ネット検索で「キンモウアナバチ」と同定してみた。
        クロアナバチに似るが、前伸腹節を中心に褐色の体毛を有し、やや大型。
        クダマキモドキを狩り、幼虫の餌にする。


        やはり、獲物は「クダマキモドキ」だったのだ。もっと、じっくりと撮影したかったな。

        参考過去記事  クロアナバチ


オオモンクロベッコウ → ジガバチ   〃   〃   1/500,F8
e0339873_1945100.jpg
        よく見るおなじみの蜂なのだが、動きが早く、なかなか撮らせてもらえない。

        最近、「オオモンクロクモバチ」と改称されたらしい。
        黒色で、腹部に太いオレンジ色の帯があるベッコウバチの仲間。
        クモ類を狩って産卵し、幼虫のエサにする。ネズミ穴などの中に穴を掘ってエサを埋める。
        
        残念ながら、蜘蛛を狩っているところに遭遇したことはない。

        「通行人」さんのご指摘により、間違っていることに気づきました。
        以後、見間違えることのないよう、しっかりと頭に刻みつけます。
[PR]
by higirinikki2 | 2015-08-22 19:07 | 舞岡公園の虫 | Comments(2)