<   2015年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

■ 咲き始めの花 3種   15.7.31   (ヘクソカズラ、ヒヨドリバナ、ツリガネニンジン)

今日も暑い日。妻の用事に同行して暑さを体感した。

きのうの散策で出会った、咲き始めたばかりの花です。


ヘクソカズラ   15.7.30   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/70,F8
e0339873_18281216.jpg
        少し濃い目の花芯の赤紫色がどぎつい印象だが。


ヒヨドリバナ   〃   〃   1/750,F8
e0339873_1830026.jpg
        細い糸のように見えるのは何でしたっけ?


ツリガネニンジン   〃   〃   1/750,F8
e0339873_1831063.jpg
        釣鐘型の花、白が飛んでしまいました。

        どの花も、盛りの頃にもういちど登場してもらいましょうか。
[PR]
by higirinikki2 | 2015-07-31 18:32 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ アカハネナガウンカ   15.7.30

今日も暑さが予想される、そんな朝9時から、6日ぶりの散策に出た。さすがに、お仲間カメラマンの姿は少ない。虫はどこかでじっとしていて、花もひそかに次の開花の準備を進めているようだった。

今日の収穫は9年ぶり2回目の邂逅となる「アカハネナガウンカ」。
ススキの葉の横からの接近だったので、正面からの「寄り目」顔を撮影できなかったのが残念だった。


アカハネナガウンカ   15.7.30   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当)(trimming) ISO1600 1/420,F8
e0339873_17532428.jpg
        右斜め後方からの撮影です。
        身体に比べて大きな前翅、左に見えるのが右前翅、右が左前翅です。
        黒目が「カメラ目線」になっているのがわかりますか? 後ろを見ています。


e0339873_1803282.jpg
        真横に回り込んでいます。目は?横目をつかってこちらを見ています。
        やや退化した小さな後翅が見えます。


e0339873_18182614.jpg
        さらに左前方に回り込みました。
        後翅が肢のように見えます。目は?やはり、こちらを見ています。


e0339873_1817673.jpg
        ぎりぎり前方に回り込みました。
        目は?すこし「寄り目」に見えませんか?
        このように、黒目がいつもこちらを見ているように見えるのは、「偽瞳孔」といって、
        黒目などは無くて、人にはこのように見える、というだけのようです。

        過去記事  アカハネナガウンカ
[PR]
by higirinikki2 | 2015-07-30 18:14 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ コフキコガネ   15.7.29

今日も暑い。プリンタのインクがなくなる寸前となったので、バス・地下鉄を乗り継いで家電量販店へ出かけてきた。熱中対策「こまめに水分をとること」が頭に浮かんで、ホームにあった水飲み場で水を飲んだ。さすがに、噴水蛇口に直接、口をつけることはできなかった。

24日の散策で出会ったコウチュウです。


コフキコガネ   15.7.24   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/450,F7.1
e0339873_196137.jpg
e0339873_196879.jpg
e0339873_1961584.jpg
e0339873_1962155.jpg
e0339873_1962834.jpg
        園路際のネザサにぶら下がっているところを見つけた。
        最初はカブトムシ?と思ったが、すぐにコフキコガネだとわかった。

        粉を吹いたような大型のコガネムシ。
        背面は黄灰色の短剛毛で覆われている。
        ♀の触角は小さいが、♂では触角の片状部が大きく発達している。
        日中は樹上で広葉樹の葉を食べ、夜間は灯火によく飛来する。
 「虫ナビ」より

        私の住む住宅地では、街灯に飛んで来ることはめったにないので、
        昼間は葉の陰にいる、このコウチュウに出会うことは滅多にありません。

        箒状の触角がかわいいので、これは雌です。
[PR]
by higirinikki2 | 2015-07-29 19:11 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 真夏の花 3種   15.7.28   (クズ、メマツヨイグサ、オニドコロ)

もう言いたくないのですが、今日も暑い日。「夏祭り」のマニュアル作りで妻を助ける一日でした。

24日の散策で見た「真夏の花」です。被写体の選択、構図などにあまり配慮せずに撮影した画像です。


クズ   15.7.24   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/58,F8
e0339873_21114177.jpg


        過去記事  クズ

メマツヨイグサ   〃   〃   1/400,F8
e0339873_21134290.jpg


        過去記事  メマツヨイグサ

オニドコロ 雌株   〃   〃   1/220,F7.1
e0339873_21143924.jpg


        過去記事  オニドコロ
[PR]
by higirinikki2 | 2015-07-28 21:15 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ センボンヤリ 閉鎖花   15.7.27

今日も暑い日。日中の外出を控えました。

3日前の散策で見つけた 「センボンヤリ 閉鎖花」 です。ふつうは、秋に見られるのだと思っていましたので、早いのかな?


センボンヤリ 閉鎖花   15.7.19   FinePix F200EXR 6.4-32mm ISO400 1/240,F3.3
e0339873_19584451.jpg
        ぼんやりと下を見ていて気づいたので撮影した、という状況でした。
        あるとは思っていなかった、考えもしなかったというのが本当のところです。


センボンヤリ そう果   7.24   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/85,F8
e0339873_19544074.jpg
        ちょっと早過ぎたのか?
        いわゆる「千本槍」には見えにくいです。


        過去記事  センボンヤリ
[PR]
by higirinikki2 | 2015-07-27 19:59 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 水屋脇の花 3種   15.7.26   (コオニユリ、カワラナデシコ、ムクゲ)

今日も猛暑日、外出を控えました。

おととい、小谷戸の里・水屋の横で咲いていた花です。


コオニユリ   15.7.24   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/110,F8
e0339873_19581278.jpg
        毎年咲く花です。ムカゴができるのが「オニユリ」、できないのが「コオニユリ」です。


カワラナデシコ   〃   〃   1/105,F8
e0339873_200334.jpg
        花壇に植えられています。


ムクゲ   〃   〃   1/340,F8
e0339873_2011766.jpg
        韓国の国花「木槿」です。
[PR]
by higirinikki2 | 2015-07-26 20:01 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 稲の花   15.7.25

今日の横浜の最高気温は35℃だったとか。今夜、私の住む街では「夏祭り」が行われています。

公園の谷戸田の稲は、今年から採用された早生種の「黄金餅(こがねもち)」と従来からの「満月餅(まんげつもち)」の2種です。前者の田んぼでは、早くも出穂した穂先で稲の開花が始まっていました。


稲の花   15.7.25   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/900,F7.1
e0339873_205578.jpg
        撮影時間は午前10時45分です。

        公益社団法人 米穀安定供給確保支援機構 という機関のHP お米ものしりゾーン というサイトは
        けっこう面白い内容をもっていました。

        その中の お米をつくろう!花が咲いたよ に、この稲の花の仕組みが紹介されていました。

        イネの花はいっせいに咲(さ)くのではなく、穂(ほ)の先のほうから下に向けて順に5日間くらいかけて咲きます。
        花が咲(さ)いている時間は午前中の2時間ぐらいと短く、咲(さ)き終わるともみは閉じ、二度と開くことはありません。
        自家受粉(じかじゅふん)というのはメシベにつく花粉が同じ花のオシベの花粉で、イネはこの種の受粉をおこないます。
        イネは花の構造(こうぞう)や開花のしかたが自家受粉するのにとてもつごうよくできています。
        たとえば、イネのオシベは、開花とほとんど同時にオシベにある花粉がつまった部分がさけて中の花粉が飛び散りますから、
        メシベは同じ花の花粉を受けやすいのです。
        また、開花時間が2時間くらいと短く、開花後は完全に閉じますから他の花からの花粉がつきにくいのです。

        というわけで、上の写真は受粉がおわって籾が閉じていて、この外に飛び出たオシベや、別の花の花粉を受け付けない
        ようにしている姿、だということなのです。

[PR]
by higirinikki2 | 2015-07-25 20:13 | コメ作り | Comments(0)

■ オスグロトモエ   15.7.24

5日ぶりに散策に出ました。「午前中、早めに」と思っても9時過ぎに出るのがやっと。高温多湿の中、外を歩くのは危険とわかっていながら、5日あくと在庫写真がすくなくなり焦ってくる。

汗ぐっしょりになりながら、公園内の水道蛇口からたっぷり吸水。なんとか家にたどり着きました。


オスグロトモエ 夏型   15.7.24   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO1600 1/160,F7.1
e0339873_18171983.jpg
        アゲハが飛んできたのかな?と思ったら、藪の中に飛び込んだ。
        レンズを突っ込み、フラッシュを焚いた。

        「オスグロトモエ 夏型」は、ブログを始めてからの初見です。 

        実は、「オスグロトモエ」には昨年の5月にも出会っていたのですが、
        「不明の蛾」として「案山子」さんのご教示で、「オスグロトモエ 春型」だと判明していました。
       
[PR]
by higirinikki2 | 2015-07-24 18:22 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ ハゴロモ 2種   15.7.23   (ベッコウハゴロモ、アミガサハゴロモ)

夜半に雨が降ったらしく庭や道路が濡れていた。一日中、いつ雨になるかわからない曇り空だった。

最近の散策で見つけた「ハゴロモ」の仲間です。 それぞれ、幼虫の姿もおもしろいのだが、暑さの中では探し出す気力も湧かない。


ベッコウハゴロモ   15.7.8   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO1600 1/420,F5.6
e0339873_19554114.jpg
        園路脇の葉陰で見つけた。 「何かいる」という違和感が、虫探しの大事な直観になる。

        過去記事  ベッコウハゴロモ


アミガサハゴロモ   7.18   〃   ISO400 1/60,F8
e0339873_19591260.jpg
        こちらは飛んできてとまったところ。 「蛾かな?」と思ったら、アミガサハゴロモだった。

        過去記事  アミガサハゴロモ 幼虫
[PR]
by higirinikki2 | 2015-07-23 20:00 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ アカツメクサの白い花   15.7.22

炎天下の都心に出かけてきました。陽射しの下を歩くことの多い男性には、男用の日傘が欲しいですね。

「アカツメクサの白い花」、今年も出現していました。


アカツメクサの白い花   15.7.18   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/210,F8
e0339873_19353140.jpg
       去年、「シロバナアカツメクサ」が出現した場所です。
        「今年はどうかな?」と思っていたところ、しばらくぶりの散策で見つけました。

e0339873_19363652.jpg



アカツメクサ
e0339873_1936864.jpg
        これが本来のアカツメクサです。


        去年の記事です。  ■ (速報) シロバナアカツメクサがあった   14.6.16
[PR]
by higirinikki2 | 2015-07-22 19:40 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)