カテゴリ:舞岡公園の虫( 270 )

■ ウズグモの隠れ帯   17.7.2

前線がかなり北上して関東は夏の高気圧圏内にはいり真夏の様相を呈している。

おとといの散策の収穫物が続いています。今日は、蜘蛛の巣の話題です。


ウズグモの隠れ帯   17.6.29   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/100,F8
e0339873_20293025.jpg
        あんなに高い位置に、しかもジョロウグモの巣と同じように、縦位置に張られた「隠れ帯」を見たのは初めてのことです。

        ネット検索してみると、このように真ん丸の隠れ帯を張るのはウズグモの仲間です。
        しかしウズグモの作る網は、普通は下草の陰などで、しかも水平に張るもののようです。
        しかも、クモ本体は網の下面に隠れるようにとまっています。
        だから、クモ本体と網を写すにはカメラを網の下に入れて、仰ぎ見るようにしないと撮影できないのです。


e0339873_20293028.jpg
e0339873_20293100.jpg
e0339873_20293123.jpg
        こうして、らくに近接撮影できるのは、垂直に網が張られていたからです。
        しかも、クモはこちら側にいたので、その姿もバッチリとみることができるわけです。

        こうして見る隠れ帯、見事な丸い渦で綺麗な姿をしていますね!

[PR]
by higirinikki2 | 2017-07-02 17:41 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ ゴミを背負った虫 (1) クサカゲロウの幼虫?   17.6.30

梅雨らしくジメッとした空気、しとしと降る雨。今日は休養日としました。

きのうの散策で「ゴミを背負った虫」を2種見ました。今日は、その1です。
奇怪な姿をしています。何だかわからないと、撮影もいい加減で済ませる、という悪結果の見本のような記事になります。


あれは何だ?   17.6.29   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当)(trimming) ISO800 1/200,F8
e0339873_18242388.jpg
        ナツグミの葉の上にいるのは何だ。
        かなり接近して撮影したのですが、最初はゴミグモかな?と思ったくらい変な物でした。


ゴミを背負った虫   〃   〃 (trimming)
e0339873_18104750.jpg
e0339873_18104856.jpg
e0339873_18104850.jpg
e0339873_18104824.jpg
        モニターで拡大して画像を見ても、何がどうなっているのかわかりません。

        帰宅後、「ゴミを背負った虫」で検索をかけてみました。
        トップに位置していたのは、なんとブログ友「夏子」さんの 「虫散歩」の記事 でした。

        私が出会ったこの虫は、この記事にある「クサカゲロウの幼虫」かと思います


[PR]
by higirinikki2 | 2017-06-30 18:33 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 蛾 3種   17.6.29   (ビロードハマキ、シロアヤヒメノメイガ、オオトビスジエダシャク)

梅雨前線の南下。北上で雨が降ったりやんだりするらしい。今日は、南岸を離れたようで雨は降らない。夕方、高校同級生の歌を聞きに行く。

きのうの散策で出会った蛾 3種です。


ビロードハマキ   17.6.28   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当)(trimming) ISO800 1/160,F8
e0339873_15020925.jpg
        ヤブガラシの葉の上にのっていた。ちょっと遠めだが、すぐに気がついた。

        チョウ目 ハマキガ科 •大きさ (開張)35-53mm
        •時 期 6月、9月  •分 布 本州・四国・九州
        黒色地に細かな黄白色の斑紋があり、翅端がオレンジ色の大きく美しいハマキガ。
        頭部・胸部にも はねと同じパターンのもようがあり、とまっていると
        どちらが頭でどちらがお尻なのかよくわからない。
        後翅には、黄橙色地に黒色の斑紋がある。
        樹木のよく茂った林で見られ、日中に活動する。
        幼虫は、シイ、カシなど、様々な広葉樹につく。 (「昆虫エクスプローラ」より借用)



シロアヤヒメノメイガ   〃   〃 1/160,F8
e0339873_15020958.jpg
        目の前に飛んで来てとまったので気づいた。

        チョウ目 ツトガ科 ノメイガ亜科  •大きさ (開張)20-24mm
        •時 期 5-8月  •分 布 北海道・本州・四国・九州
        濃褐色地に複雑な白帯が入った翅を持つ。模様には変異が多い。
        平地から山地に広く分布し、昼間でもよく見られる。灯火にもやってくる。 (同上)



オオトビスジエダシャク   〃   〃 1/160,F8
e0339873_15020996.jpg
        大きめの蛾なので遠くで飛んでとまった所に行って撮影した。

        チョウ目 シャクガ科 エダシャク亜科
        •大きさ (開張)32-50mm  •時 期 4-9月
        •分 布 北海道・本州・四国・九州・沖縄
        灰白色地に不明瞭な褐色の筋模様があるシャクガ。
        灯火に飛来する。幼虫は、ツバキ、ヤマノイモ、スイカズラ、バラ、
        ヤナギ、キク、タデ、マメなどの葉を食べる。 (同上)


[PR]
by higirinikki2 | 2017-06-29 17:20 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ オオシオカラトンボの産卵行動   17.6.27

今にも雨が落ちてきそうで落ちてこない1日。午前中、急遽出かける用事ができ、半日がつぶれた。帰宅後は休養。

きのうの散策中、水路で産卵行動するオオシオカラトンボを観察。まあまあの写真が撮れていたので紹介しましょう。


交尾するオオシオカラトンボのペア   17.6.26   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/800,F8
e0339873_17535218.jpg
        幼稚園児がお弁当のおにぎりを食べている休憩所の目の前の水路を、
        オオシオカラトンボのペアが飛んできてロープにとまった。

e0339873_17535212.jpg
e0339873_17535276.jpg
        ♂が離れて♀の上空を飛んで、すぐに♀の後方でとまった。
        思うに、産卵のために飛ばない♀を、飛び立たせようとせかすように見えた。

e0339873_17535222.jpg
        もういちど、♂は飛んで♀の上空でホバリングしていた。

産卵する♀を見守る♂   〃   〃 1/500,F8
e0339873_17535346.jpg
        ようやく飛んだ♀。水路の上で、産卵する場所を探すかのように静かに飛んでいる。
        すぐ傍を♀を見守るかのようにホバリングする♂。
        事実、すぐ傍に他の♂がやってくると追い払い行動に出る。

打水産卵する♀   〃   〃 1/320,F8
e0339873_18381474.jpg
e0339873_18381789.jpg
        オオシオカラトンボの産卵行動は「打水産卵」といって、
        ♀が単独で腹の先端を水面に打ち付けて腹の先端にある卵数個を
        水と一緒に前方に投げ飛ばす、のだそうです。

        気づかずに撮っていた写真の隅に、打水産卵する♀の姿が残っていました。

       投げ飛ばされた卵が、何個か飛んでいるように見えないこともないでしょう。

e0339873_18534534.jpg


        因みに、♀の腹の先端部はこんな風です。(等倍切り出し)
e0339873_17535342.jpg
        卵が出るのはここからではなく、裏側の見えない箇所(生殖弁というらしい)からのようです。

        
[PR]
by higirinikki2 | 2017-06-27 18:28 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ オオスカシバ   17.6.26

梅雨前線が下がったようで雨は降ってこなかった。3日ぶりの散策。けっこう収穫があったが。
リョウブの花が散り始めていました。いろいろの虫が花粉だか蜜だかを求めてやってきていました。まずはこの虫から。


オオスカシバ   17.6.23   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/250,F8
e0339873_17581320.jpg
e0339873_17581456.jpg
        ISO感度が低かったのか、リョウブの花の色が白でなく黄色っぽくなっています。


   6.26   〃 ISO1600 1/1000,F6.4
e0339873_17581316.jpg
e0339873_17581383.jpg
        こちらは、花が白く、翅の透明感もでています。
        絵的には4枚目の写真がお気に入りです。

        チョウ目 スズメガ科 ホウジャク亜科
        •大きさ (開張)50-70mm        •時 期 6-9月
        •分 布 本州・四国・九州・沖縄
        うぐいす色の太い胴体を持ち、透明の翅を素早くはばたかせて直線的に飛ぶスズメガの仲間。
        昼間に活発に活動し、ホバリングしながら いろいろな花で吸蜜する。
        その形態から、ハチに間違われることも多い。花壇にもよく飛来し、都会の公園でも普通に見られる。
        羽化した時は、翅に白い鱗粉がついているが、翅を震わせるとすぐ脱落してしまう。
        幼虫は、クチナシの葉を食べる。  (「昆虫エクスプローラ」より借用しました。)

[PR]
by higirinikki2 | 2017-06-26 18:14 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ ナナフシの仲間 3種   17.6.25   (エダナナフシ、ナナフシモドキ、トビナナフシ)

やっと梅雨前線が北上して梅雨らしいしとしと雨の降ったりやんだりの日曜日。出かけることもなく、ベトナム戦争を取材した沢田教一カメラマンのドキュメント番組を見ていた。戦争の中の母や子どもを見る彼のカメラマンの目を、つくづくと思い出させられた。私にも、漫然と自然を切り取るだけでなく、カメラマンとして何か主張するところがあればいいのだが。

このところ、山道の木柵の上のナナフシの幼虫を見る機会が多い。おさらいをしてみると、この子たちの成虫の姿を撮ったことがないことがわかり愕然とした。そんな幼虫2種です。


エダナナフシ 幼虫   17.6.22   FUJIFILN X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/100,F8
e0339873_15245414.jpg
        全長2㎝くらいでしょうか。拡大して見ると、赤い紋様もあって可愛いものですね。


ナナフシモドキ 幼虫   5.24   〃  ISO400 1/50,F5.6
e0339873_15245410.jpg
        もうすこし大きかった記憶が。
        触覚が短いですね。。


過去記事ですが、ナナフシの仲間で成虫写真を撮ったのは、このトビナナフシだけでした。
こちらは幼虫に会ったことがありません。 参考までに再掲します。

トビナナフシ   16.12.13   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO1600 1/250,F5.6
e0339873_17403981.jpg
e0339873_17405284.jpg
e0339873_1744262.jpg



[PR]
by higirinikki2 | 2017-06-25 15:48 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ オナガバチ 2種   17.6.24   (シロフオナガヒメバチ、オオホシオナガバチ)

今日も「梅雨の晴れ間」? 午前中、2階の孫娘ふたりと遊んだ。疲れた!散策にも出なかったが「休養日」にもならないか。

最近出会った、尾が異常に長い「オナガバチ」の仲間です。暗い木陰で、よくもまあ見つけたものです。
解説は「虫ナビ」 サイトから引用させていただきました。


シロフオナガヒメバチ   17.6.20   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当)(trimming) ISO400 1/160,F8
e0339873_18101598.jpg
        暗い木陰の桑の葉(?)にとまっていた。
        触覚(?)も産卵管も長くファインダーに収めるのに苦労。

        シロフオナガヒメバチ
        体長 約37mm   分布 北海道,本州,四国,九州
        出現期 5~9月   エサ 不明 幼虫はキバチ類の幼虫に寄生する。
        コメント 長い産卵管を持つオナガバチの一種。
             体色は黒色で、胸背に黄色い斑紋がある。
             腹節沿いは白色。 脚は黄褐色で後脚のみ暗化する。
             ♀の産卵管は体長より長い。


オオホシオナガバチ   6.23   〃 ISO800 1/640,F4.5
e0339873_18101684.jpg
        こちらも山道の笹薮で見つけた。気を付けて撮影したつもりが、産卵管が途切れていた。

        オオホシオナガバチ
        体長 30~40mm   分布 北海道,本州,四国,九州
        出現期 6~9月   エサ 不明  幼虫はキバチの幼虫に寄生する。
        コメント 長い産卵管で木の中のキバチの幼虫に卵を産みつけるオナガバチ。
             腹部は非常に長く、黄色い紋がある。翅には黒い紋がある。


[PR]
by higirinikki2 | 2017-06-24 18:29 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ トラフシジミ   17.6.23

「梅雨の晴れ間」とかで、蒸し暑い真夏日だった。散策から帰って寛いでいると、小林麻央さんが亡くなって海老蔵が会見をしていた。5歳と4歳の子を残して逝ってしまうなんて可哀想です。

リョウブの白い花が咲くとトラフシジミ夏型が出現する。今年も 春型 には出会えなかったので、今度こそはの意気込みで探した。ずっと見上げて探していると首が痛くなる。やっと2頭が姿をみせてくれた。


トラフシジミ   17.6.22   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/320,F8
e0339873_18040071.jpg
        トラフシジミは花の中に潜ったり、逆様になったり。
        気に入ったポーズをとってくれるまで、カメラを構えながら上を見上げ続けます。

        以下は、そんな中から切り出した画像です。
e0339873_18040036.jpg
e0339873_18040038.jpg
e0339873_18040121.jpg
e0339873_18040119.jpg



[PR]
by higirinikki2 | 2017-06-23 18:10 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 蛾 3種   17.6.21   (クワゴ、クロモンベニマルハキバガ、クロスジキヒロズコガ)

梅雨前線がやってきて大雨、強風で大荒れの天気に。とくに昼過ぎから5時頃まではひどかった。

きのうの散策で出会った蛾です。小さかったり暗かったり、撮影と同定に苦労した3種です。


クワゴ   17.6.20   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/250,F8
e0339873_18104686.jpg
        絹糸の原料となるカイコの原種。カイコよりもずっと小型で茶色をしている。
        繭の抜け殻がヤマグワの枝先にぶら下がっているのをよく見る。


クロモンベニマルハキバガ   〃   〃 (trimming) ISO400 1/80,F8
e0339873_18104630.jpg
        あまりの小ささに蛾とは思えなかったが、とりあえず撮影した。
        同定を試み、やっとのことで同定できた。
        と思ったら、Google検索の下位の方で 自分の去年の記事が出てきてビックリ。


クロスジキヒロズコガ   〃   〃 (trimming) ISO400 1/250,F6.4
e0339873_18104616.jpg
        こちらは、この時に一緒していたKさんに教えられた。
        撮影には大苦労しました。同定も同じく! しかも結果には ? がつく。


[PR]
by higirinikki2 | 2017-06-21 18:27 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 交尾 2態   17.6.20   (ミツボシハマダラミバエ、アカガネサルハムシ)

「明日から本格的に梅雨に入るので大きい洗濯物は今日中に」とお天気お姉さんが言っていた。ならばと散策に出た、甲斐があって珍しいシーンが多く撮れた。その第1弾です。


アカガネサルハムシ   17.6.20   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/50,F8
e0339873_17470222.jpg
e0339873_17470208.jpg
        ヤマブドウの葉をみるたびに、その所在を確認している綺麗なハムシです。
        交尾する姿は初見です。


ミツボシハマダラミバエ   〃   〃 ISO400 1/50,F8
e0339873_17470267.jpg
e0339873_17470165.jpg
         いつも見るのは、単独でちょこまかと動いて撮りにくい姿です。
        今日は、2頭前向きに並んでいるではありませんか!
        交尾しているのかどうか判然としませんが、この姿を見て嬉しさのあおまり何枚も撮影していました。
        帰宅後、画像チェックをしてみて翅や腹の紋様が隠れてみえません。
        標本写真としては失格です。

e0339873_21575997.jpg
        結合部分の画像を等倍で切り出してみました。
        なんと、♀の産卵管が後方に伸びていて♂の器官と繋がっています。つまり、交尾しているのです。


[PR]
by higirinikki2 | 2017-06-20 17:56 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)