カテゴリ:舞岡公園の虫( 204 )

■ 狩りをする蜂 2種   15.5.10   (トゲアシオオクモバチ、キアシナガバチ)

長く続いたGWの最終日(?)、きょうも五月晴れ。2階の息子一家4人と、保土ヶ谷区にある「横浜市児童遊園地」と「横浜市こども植物園」に行ってきました。

帰宅後、舞岡公園を急ぎ散策しました。一昨日、今日に出会った「狩りをする蜂」です。


トゲアシオオクモバチ   15.5.8   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/250,F8
e0339873_20513123.jpg
e0339873_2055205.jpg
e0339873_20552734.jpg
        名前の通り後肢には鋭いトゲが見える。
        狩られているのも、クモ、たぶんオニグモの一種でしょうか?
        咬みついただけに見えますが、毒でも注入しているのでしょうか?


キアシナガバチ   5.10   FinePix F200EXR 6.4-32mm ISO400 1/80,F3.3
e0339873_20511587.jpg
e0339873_20512349.jpg
        狩られたのは毛虫のようです。肉団子にしている途中のようです。
        フラッシュを焚いたら飛んで行ってしまいました。
[PR]
by higirinikki2 | 2015-05-10 20:56 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ ゼフィルスの幼虫 2種   15.5.8   (ミドリシジミ、ウラゴマダラシジミ)

本当に爽やかで温かな日、こういう日を「五月晴れ」と言って良いのかな?

今月末から出現するシジミチョウ「ゼフィルス」の仲間、その幼虫を2種見つけた。

ミドリシジミ   15.5.8   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/140,F7.1
e0339873_21294128.jpg
e0339873_21295812.jpg
        園内某所の観察ポイント、ハンノキを下ってくる幼虫を2頭見つけた。
        今月末には成蝶を見ることができるだろうか?

e0339873_21353514.jpg
        昆虫観察仲間から「ぎょうざ」と呼ばれている、この正体は?
        ミドリシジミの幼虫が、食草であるハンノキの葉を丸めて、その中に潜っています。「巣」です。


ウラゴマダラシジミ 幼虫   5.8   〃   ISO1600 1/680,F8
e0339873_21394667.jpg


〃 蛹   5.8   〃    1/160,F8
e0339873_21415038.jpg
        観察仲間が「ここにいるよ」と教えてくれた。食草であるイボタノキの葉についている。
        「蛹は寄生蜂にやられている可能性がある」、とのことだった。
[PR]
by higirinikki2 | 2015-05-08 21:44 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 初見の虫 3種   15.5.7   (ヒメクロトラカミキリ、スカシコケガ、ナミツチスガリ?)

ふりかえってみると、GW中は雨が降らなかった。と思ったら、明け方にかなりの雨が降ったようだった。

きのうの久しぶりの散策で出会った初見の虫たちです。


ヒメクロトラカミキリ   15.5.6   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/200,F8
e0339873_21423328.jpg
        垣の材料のハンノキ(?)伐木に大発生したようだ。
        小さなアリがチョコマカと動いているなとおもったら、なんとカミキリムシだった。
e0339873_21463593.jpg
        出会った同士が、いきなりペアをつくった。


スカシコケガ   〃   〃   1/160,F8
e0339873_2148334.jpg
        原っぱの上を飛ぶ白い蛾。行方を追うと、休憩所の柱にとまった。
        よく見ると綺麗な紋様をしていた。


ナミツチスガリ ?   〃   〃   1/800,F8
e0339873_2151287.jpg
        ハルジオンの花粉を全身にまぶして、吸蜜中?
        腹の真ん中に白い筋が1本、けっこう毛が生えている。同定に自信がありません。
[PR]
by higirinikki2 | 2015-05-07 21:54 | 舞岡公園の虫 | Comments(2)

■ アカボシゴマダラが羽化   15.5.6

きのうまでより冷やっとした空気、昼過ぎに散策に出た。

観察を続けていたアカボシゴマダラの幼虫と蛹、計5頭。4日には、羽化してしまった蛹の抜け殻をみつけていた。
同じ4日に、すこし黒っぽくなっていた蛹はまだ残っていた。


アカボシゴマダラの蛹 2日前   15.5.4   FUJIFILM X-s1 24-624mm(相当) ISO400 1/90,F8
e0339873_2219342.jpg


〃 今日 12:18   5.6   〃   1/10,F8
e0339873_22222487.jpg
        まだ残っていた。いつ羽化するのか予想できないので、また見逃すのかなと思っていた。

羽化していた 15:00   〃   〃  ISO1600 1/110,F8
e0339873_222657.jpg
e0339873_22265486.jpg
e0339873_22262243.jpg
        白い翅は春型の特徴。赤い班紋も薄い、♂雄かな?

        どうも「夏型」が正解らしい。時間の経過で黒い部分が多くなって、紅斑も濃くなるので。
[PR]
by higirinikki2 | 2015-05-06 22:28 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)