カテゴリ:舞岡公園の虫( 208 )

■ 網を張るクモ   17.3.3

雨が上がって暖かな春の日に。キタテハが飛んでいたり、黄色い菜の花が目につく。そんな陽ざしの中で、「蜘蛛の糸」が目についた。円網を張るクモが暖かさに誘われて動き出したかのようです。


ギンメッキゴミグモ   17.3.3   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/125,F8
e0339873_18283594.jpg
e0339873_18283550.jpg
        桜の木の陰で糸が光っていたので見つけた。
        こうして光っているのに気づかないで虫がかかるのでしょう。


 オオシロカネグモ幼体   〃   〃  ISO200 1/160,F8
e0339873_18283665.jpg
e0339873_18283644.jpg
        いつもヤマシギに向かっているカメラがない。その視線のすぐ下でクモが網を張り始めた。
        腹側しか見せない。見たことがあるような気がするので、あとで同定作業をします。
        「オオシロカネグモ幼体」とみましたが、果たして?


   〃   〃  ISO400 1/20,F8
e0339873_18283677.jpg
        小谷戸の里の事務所近くでも銀色に光る蜘蛛の糸に気づいた。

[PR]
by higirinikki2 | 2017-03-03 18:47 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 集団越冬する蝶 ムラサキツバメ   16.12.15

ときどき咳き込んだり、薬のせいかふらつくことがあるが、だんだんと風邪の症状が抜けてきて、散策も長時間歩けるようになった。
思いついて、去年見つけた「ムラサキツバメの集団越冬」が今年も見られるかと、ちょっと遠出をしてみた。


ムラサキツバメの集団越冬   16.12.15   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/60,F8
e0339873_1731970.jpg
e0339873_17311821.jpg
        いました!南向き斜面に生えたアオキの葉陰に4頭のムラサキツバメが、思い思いの向きで固まっていました。


アオキ
e0339873_17355137.jpg
        いかにも越冬したくなるような、日当たりのよい暖かそうな姿をしているでしょ!


日向ぼっこする蝶 3頭
e0339873_17374362.jpg
        眠りにつく前に太陽エネルギーをいっぱい蓄えようとするかのように、
        翅を全開しているチョウが3頭もいた。

ムラサキツバメ メス
e0339873_1740131.jpg


〃 オス
e0339873_17404869.jpg


.
[PR]
by higirinikki2 | 2016-12-15 17:41 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 冬の蛾 2種   16.12.14   (クロオビフユナミシャク、カバエダシャク)

天気予報の一部が外れて、午前中上がるはずの雨がやまず。1時間遅らせて「古民家説明」にやって来た小学3年生106人を座敷に上げて、説明開始。どの学校の児童もかわいい。

往復途中のトイレの壁に「冬の蛾 2種」を見つけた。彼らも雨宿りをしていたのだろう。


クロオビフユナミシャク   16.12.14   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO1600 1/20,F8
e0339873_1785917.jpg



カバエダシャク   〃   〃   1/25,F8
e0339873_1710268.jpg


        ちょうど2年前、このペアで記事紹介していました。 「冬の蛾 3種   13.12.19
        晩秋から初冬の時期に出現する普通種のようです。

.
[PR]
by higirinikki2 | 2016-12-14 17:15 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ トビナナフシ   16.12.13

きのうは「古民家説明」でひさしぶりに大きい声を出し、その後の散策で「フユシャク探し」という課題を思い出し、すこし元気を取り戻した。
その勢いを駆って、きょうも散策に出た。いろいろの鳥に出会ったが「鳥撮り」の勘が戻ってこない。次、頑張ろう。

歩き始めてすぐ、木柵に緑色の虫がいた。ブログ開始後11年、撮影・登場は初めてかも。


トビナナフシ   16.12.13   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO1600 1/250,F5.6
e0339873_17403981.jpg
e0339873_17405284.jpg
e0339873_1744262.jpg


.
[PR]
by higirinikki2 | 2016-12-13 17:41 | 舞岡公園の虫 | Comments(4)

■ 何の抜け殻?   16.12.11

今日は抜けきらない風邪をおして都心で開かれた「自然観察大学」主催の「室内講習会」に参加してきました。
内容は、いつもお世話になっている「昆虫エクスプローラ」管理人の川邊透さんによる「幼虫の誘惑・・癒しと驚きに満ちた世界」と、同じ高校出身の佐賀大学教授・染谷孝さんの「小さな巨人、土の中の微生物」の2本立て。募集開始後すぐに満席となった人気の講習会で、期待に違わぬ濃い内容のものでした。

5日の散策で出会った「何の抜け殻?」の写真を持って行って質問をすればよかったと、後で臍を嚙んだ写真です。


何の抜け殻?   16.12.5   FUJIFILM X-S1 2 4-624mm(相当)ISO8600 1/150,F5.6
e0339873_20433630.jpg
e0339873_20434853.jpg
        ヒイラギモクセイの葉の表面に、15個の繭の抜け殻と思われる白い筒状のものがあった。
        青虫の幼虫に寄生するコマユバチの仲間の繭の抜け殻?かとも思えるのだが、
        葉の表面にあるということは寄生先はない、ということだろうから、違うだろう。


        過去記事  コマユバチに寄生されたタケカレハ   13.7.10
e0070891_18354568.jpg
        この白い抜け殻とそっくり、なのですが。


.
[PR]
by higirinikki2 | 2016-12-11 20:47 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ アカボシゴマダラの(越冬?)幼虫   16.11.29

11月16日に紹介した「アカボシゴマダラ幼虫群」ですが、最近の寒さでエノキの葉も枯れ始めてきました。
その後、どうなっているのか、追跡取材してみました。

緑色をした幼虫はほとんどいなくなり、残った幼虫は、①黒っぽくなった姿で枯れ葉に同化している、か ②黒っぽくなって枝の別れ際のところにしがみついている。


枯れ葉とともに   16.11.27   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO3200 1/250,F5
e0339873_1612149.jpg
        真冬になって、アカボシゴマダラの越冬幼虫に詳しい人たちが、
        落ち葉をひっくり返して幼虫を探していることは知っていますが、実際の姿を見たことはありません。

        この画像の幼虫は、この枯れ葉が下に落ちれば、そのままそこで越冬するということなのだろうか?


枝にとまって   11.28   〃 ISO1600 1/250,F8
e0339873_16184368.jpg
        この幼虫は、このままここで越冬するのでしょうね。

       今日から4日間、旅に出ています。この記事は「予約投稿」です。

.
[PR]
by higirinikki2 | 2016-11-29 16:03 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ サトクダマキモドキ   16.11.21

生暖かい朝の早朝歩きをおえた後、どこか疲れが取れず休養日に。ひさしぶりに3時過ぎからの大相撲放送を結びまでTV観戦。目にとっては休養にはならなかった。

ここ2回ほどの散策で、杭の上にとまったサトクダマキモドキに出会った。「木から木へよく飛ぶ」というのだが、いつも見つけるのは杭の上。ここで何をしているのだろうか。


サトクダマキモドキ   16.11.17   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/200,F8
e0339873_18214418.jpg


   11.18   〃 ISO400 1/60,F7.1
e0339873_18235658.jpg

   〃   〃 ISO800 1/125,F6.7
e0339873_1824416.jpg
        「クダマキ」とはクツワムシの古名、モドキは「似たもの」。
       前脚が赤茶色だと「ヤマクダマキモドキ」、小柄なのが「ヒメクダマキモドキ」となるらしい。

.
[PR]
by higirinikki2 | 2016-11-21 18:26 | 舞岡公園の虫 | Comments(2)

■ オオスズメバチ食事中   16.11.18

ちょっと「小春日和」。散策のタネは尽きない。

今日はオオスズメバチの観察をした。瓜久保に対面する営農畑の垣、サザンカの白い花が咲き続けている。この花に2頭のオオスズメバチがぶんぶん飛んでいた。小さな虫を狩っているかと思いきや、どうもサザンカの蜜を吸っているように見える。実は決死の覚悟で近接撮影しているのだが、花の中心に頭を突っ込んで、黄色い花粉にまみれている姿を見ると笑ってしまいました。



オオスズメバチとサザンカの花   16.11.18   FUJIFILM X-S1 24-624mm() ISO800 1/250,F6.4
e0339873_18215319.jpg
        このくらいの距離感で撮影するなら危険は感じないのだが。
        これでは迫力ある写真にはならない。


オオスズメバチ全体像   〃   〃 ISO200 1/500,F6.4
e0339873_18243166.jpg
        なにやら捕まえたのかじっとしているところ。
e0339873_18252279.jpg
        顔をのぞきこむ位置から。(トリミングしています)
        大顎がいかにも肉をひきちぎってやるぞという感じを与える。


オオスズメバチ 花に潜り込む   〃   〃   1/100,F6.4
e0339873_1829393.jpg
        雄蕊の根元まで頭を突っ込んでいます。何を食べて(齧って)いるのでしょう?
e0339873_1831315.jpg
        恐る恐る顔を覗き込んでみました。(トリミングしています)
        黄色い花粉にまみれた顔、しんそこ笑ってしまいました。

        この時期のオオスズメバチの生態については一切勉強していませんので、
        この2頭の行動の意味するところはわかりません。


.
[PR]
by higirinikki2 | 2016-11-18 18:33 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ コミスジ幼虫   16.11.17

今日は妻の誕生日。ケーキを買ってきて祝いました。

晴れ上がった空の下、先日の先輩「虫撮りカメラマン」氏に教わって撮った「コミスジ幼虫」のその後を探してみました。


コミスジ幼虫   16.11.13   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/60,F8
e0339873_18292597.jpg
        「ここのクズの葉で探して3頭の幼虫がいたんだが、
        今日はこれしかみつからないんだ」と示してくれたのが、この姿。
        どれが幼虫なのか、しばし理解不能でした。ようやくわかって撮影しようとしても
        コントラストが強すぎて、うまく撮れません。
e0339873_18324267.jpg
        これが幼虫だ、と言われても初めて見る異様な姿で、
        どちらが頭部で、どちらが尾部かわかりません。


        葉を手で引き寄せて、近くから撮ってみました。
e0339873_18351740.jpg
        枯れたクズの葉に上手に擬態していることがわかるだけで、感心するばかりでした。
        この姿は終齢幼虫で、クズの葉陰で越冬するようです。


        成虫であるコミスジはひらひら飛んで、なかなか静止してくれず撮影しにくい蝶です。

コミスジ   07.5.9  PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/250,F8
e0070891_20574584.jpg


        過去記事  コミスジ



        今日も確認に行ってきました。なんと、クズの葉の表面で日向ぼっこをしているように見えました。
e0339873_2042884.jpg
e0339873_20421627.jpg
        高い所にいるので、撮影位置を変えられません。やはり、どちらが頭か尾なのか、わかりませんでした。


.
[PR]
by higirinikki2 | 2016-11-17 20:44 | 舞岡公園の虫 | Comments(2)

■ アカボシゴマダラ幼虫がいっぱい   16.11.16

「晴れ」の予想が外れたようで曇り空で寒い。この秋3回目の「古民家説明」は岡津小、すこし早めの到着だったので、早めに開始し見学・遊びの時間にも余裕ができ、楽しそうに勉強し遊んでいったようだ。

帰宅途中、先輩「虫撮りカメラマン」氏に教わった「アカボシゴマダラ幼虫がいっぱい」のエノキの幼木を観察、撮影をした。すでに終齢段階にあるはずで小さいまま越冬準備に入っているようだ。正確には、4齢で越冬するらしいです。このまま葉について地面に展開するのだろうか?または、枝の又にとどまる幼虫もいるのかも。
今日も「一夜漬け」の説明で、正確なところはわかりません。画像だけ、ご覧ください。


幼虫がいっぱい   16.11.16   FUJIFILM XQ2 6.4-25.56mm ISO400 1/320,F3.6
e0339873_18195518.jpg
e0339873_18202097.jpg
e0339873_18202917.jpg
e0339873_18213086.jpg
        レンズが複数の幼虫を捉えた画像です。合計で9頭になる。
        以下、単独画像で3頭、総計12頭だが、撮影していなかったのがあるので、
        結局このエノキの幼木の葉には、全部で15頭がいました。
        さて、何頭が来春に成蝶になれるだろうか?


単独の幼虫
e0339873_18283675.jpg
e0339873_18284412.jpg
e0339873_18302765.jpg
        

        拡大してみると
e0339873_18314182.jpg
        いろいろとブツブツしたものがあるのですね。

.
[PR]
by higirinikki2 | 2016-11-16 18:31 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)