カテゴリ:舞岡公園の虫( 235 )

■ 交尾 3態 (3)   17.6.10   (ハナアブ、ホソヒメヒラタアブ、ムシヒキアブ)

真夏日を思わせる暑い日。ゼフ探しは諦めた方がよいようだ。

交尾 3態はアブです。


ハナアブ   17.5.31   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/160,F8
e0339873_18452376.jpg



ホソヒメヒラタアブ   5.24   〃  1/800,F8
e0339873_18452388.jpg



ムシヒキアブの一種   5.27   〃  ISO1600 1/250,F8
e0339873_18452392.jpg
        意外なことに、ムシヒキアブの種の同定はむずかしいようです。


[PR]
by higirinikki2 | 2017-06-10 18:54 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 交尾 3態 (2)   17.6.8   (ホタルカミキリ、キイロトラカミキリ、ヒシモンナガタマムシ)

きのう梅雨入りした。雨は今日の昼時を中心にちょっと降った。夕方、陽がさしたのでミドリシジミの卍飛びを”見て”きた。とても撮影はできなかった。

きのうの続き、同じ柵木にいた甲虫の交尾3態です。


ホタルカミキリ   17.5.23   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/100,F8
e0339873_18254110.jpg
        しつこく追いかけ撮影したので、繋がっていないかもしれません。


キイロトラカミキリ   17.5.25    1/500,F8
e0339873_18251331.jpg
        こちらも追いかけすぎたので、繋がりが解けていますね。


ヒシモンナガタマムシ   5.28   〃 ISO800 1/160,F5
e0339873_18252072.jpg
        こちらは大丈夫のようですね。

[PR]
by higirinikki2 | 2017-06-08 18:42 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 交尾 3態   17.6.7   (スジグロシロチョウ、カノコガ、セアカツノカメムシ)

「梅雨寒」だろうか?曇り空で気温が低い。フィールドではゼフの姿が見えない。

そんな所で「交尾拒否」で尻を上げているメスに交尾を迫るオスがいた。そういえば、交尾する昆虫の写真が溜まっていることに気づいた。何回かのシリーズを続けます。


スジグロシロチョウ   17.6.7   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/320,F8
e0339873_18104177.jpg
        右側、草の葉の陰で尻を持ち上げて「交尾拒否姿勢」をとっているメス。
        左側、執拗に交尾を迫ってなんとか隣りにくっつこうとしているオスです。

   6.1   〃 ISO400 1/640,F8
e0339873_18104186.jpg
        6日前の画像です。合意して交尾しているペアです。

        「交尾拒否」については、詳しい記事を過去に掲載しています。
        スジグロシロチョウの産卵  07.4.28


カノコガ   6.7   〃  ISO400 1/80,F8
e0339873_18103132.jpg
        逆様にとまっているところを横から撮影しました。綺麗な紋様をしていますね。


セアカツノカメムシ   6.2   〃  ISO800 1/100,F8
e0339873_18102418.jpg
        (チョウのペアの画像がないので、カメムシの画像です)
        ツノカメムシの仲間に会ったのは久しぶりでした。綺麗な姿をしたペアですね。


[PR]
by higirinikki2 | 2017-06-07 18:40 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 蛾 3種 (2)   17.6.6   (ウコンカギバ、ムジホソバ、ヨツボシホソバ)

昨日、今日とふだんより早い時間と夕方に散策に出るもゼフに出会えず。ふだんの行いが悪いのか、そもそも時間・天候が合っていないのか。

それにひきかえ、蛾はよく目に入ってくる。


ウコンカギバ   17.6.4   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO1600 1/160,F8
e0339873_18494136.jpg
        こういう色を「ウコン(鬱金)色」というのか。なるほど。


ムジホソバ   〃   FUJIFILM XQ2 6.4-25.6mm ISO400 1/200,F1.8
e0339873_18494050.jpg
        「無地の細い蛾」?。


ヨツボシホソバ ♀   6.2   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO1600 1/40,F9
e0339873_18494047.jpg
        ♂ には名前の由来となった4つの黒い星があるのだが、
        ご覧のように、♀ にはない。全く別種のように見える。
 
[PR]
by higirinikki2 | 2017-06-06 18:59 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 蛾 3種   17.6.4   (ユウマダラエダシャク、トンボエダシャク、シロヒトリ)

快晴、強風の日が続く。午前の散策、夕方の会議、さらにその後の散策と半日以上は公園に関わる。

夕方の散策では、蛾が目立った。


ユウマダラエダシャク   17.6.4   FUJIFILM XQ2 6.4-25.6mm ISO640 1/30,F1.8
e0339873_20535484.jpg
        最近の園内でよく見かける。今が羽化の盛りなのだろうか?
        ひらひら、蝶とは少し違う飛び方をするので目立つこともある

e0339873_20535471.jpg
        翅を立ててとまることもあるのが、「蛾」一般とは違うような気がする。


トンボエダシャク   〃   〃  ISO400 1/50,F1.8
e0339873_20535400.jpg
        今季の初見。白と紺の紋様が日本的に見える。

e0339873_20535525.jpg
        腹を上げて逆さまにとまっている。焦点深度が浅く、翅の紋様がわかりにくいですね。


シロヒトリ   6.2   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO1600 1/200,F8
e0339873_21213027.jpg
        真っ白な大型の蝶がひらひらゆっくり飛んで葉の裏に逆さまにとまった。
        蝶ではなく蛾だった。肢と腹の一部に真っ赤な箇所があるという。それを見つけて撮影するには位置が悪かった。
        悪名高き「アメリカシロヒトリ」とは別種です。


[PR]
by higirinikki2 | 2017-06-04 21:03 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 甲虫 3種   17.5.27   (キイロトラカミキリ、オバボタル、ジンガサハムシ)

また暑い日に戻った。ゼフ撮りに出かけるも空振り。いつ最盛期がやってくるのだろうか?

「虫の目」は全開中で、今日もいくつかに出会ったが、「小さくもない」のでタイトルは変更した。


キイロトラカミキリ   17.5.25   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/500,F8
e0339873_18475871.jpg
        例の木柵の下側にペアがいた。
        フラッシュを焚いたら明るい平板な画像になってしまった。


オバボタル   5.27   〃 ISO1600 1/30,F8
e0339873_18475860.jpg
        ラミーカミキリを探してカラムシの葉の上を見ていたら、この虫がいた。
        発光ホタルの出現時期だが、昼間のホタルも行動しているのだ。


ジンガサハムシ   〃   〃 ISO1600 1/1600,F8
e0339873_18475880.jpg
        先日 5/4 に紹介した同種とは、背中の印象がちと違うような気がして撮った。
        「違う」と思ったのだが、なんだ同じだった。

[PR]
by higirinikki2 | 2017-05-27 18:56 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 小さな甲虫 3種 (4)   17.5.26   (トホシオサゾウムシ、コフキゾウムシ、スグリゾウムシ)

1日中すっきりしない天気で雨が降っている。ひさしぶりの休養日に。

小さな甲虫シリーズは、最近出会っていたゾウムシたちです。


トホシオサゾウムシ   17.5.21   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当)(trimming) ISO400 1/250,F8
e0339873_18141337.jpg
       5mmくらいの大きさ、葉の上で目立っていたがカメラを向けると飛び立つ。
        3度目でやっと撮影できた。ひさしぶりの再会です。


コフキゾウムシ   〃   〃 1/250,F8
e0339873_18141241.jpg
e0339873_18141294.jpg
        この時期、クズの葉の周囲を齧って模様をつける。
        ひさしぶりにカメラを向け、手にも乗せてみた。


スグリゾウムシ   〃   〃 ISO800 1/100,F8
e0339873_18141389.jpg
        何の葉だかは忘れましたが、これもよく見るスグリゾウムシのペアです。

[PR]
by higirinikki2 | 2017-05-26 18:23 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 小さな甲虫 3種 (3)   17.5.25   (ナカジロサビカミキリ、アトモンサビカミキリ、ほか)

朝から降っていた雨が上がったが、いつまた降り始めるかわからない中、午後日差しが出てきたのでゼフ第2弾探しに。でも、空振りだった。
きのう書き忘れたが、オオヨシキリとホトトギスの初鳴きを聞いている。

おとといの散策で出会った「小さな甲虫 3種」です。


ナカジロサビカミキリ   17.5.23   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/100,F8
e0339873_18203238.jpg
        あのミズキの木柵にいた。以前会ったことがあると思っていたが、これが初見だった。3年前に会っていました
        「中白」というより、上半身が白、と見える。

e0339873_18203289.jpg
        柵の下側にペアがいた。
e0339873_18203194.jpg
        ちょっとイタズラをして、上側に追い出してみた。
        ホタルカミキリがいるところに出てきた。


アトモンサビカミキリ   〃   〃 1/60,F8
e0339873_18203236.jpg
        こちらも初見です。これも3年前に会っていました。「アトジロ・・・」は、既見でしたが、だいぶ様子が違います。
        探してみましたが、これ1頭だけでした。


トガリバアカネトラカミキリ   〃   〃 1/60,F8
e0339873_18203151.jpg
e0339873_18203163.jpg
        陽が陰った木の幹に赤っぽい虫を見つけた。
        お仲間の「虫カメラマン」に尋ねたが「見たことがない」とのこと。
        ネット検索で同定してみました。間違いない、でしょうね。

[PR]
by higirinikki2 | 2017-05-25 18:45 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 小さな甲虫 3種 (2)   17.5.23   (キベリトゲハムシ、ヒシモンナガタマムシ、ホタルカミキリ)

爽やかな強い風が吹く初夏の陽気の一日。アカシジミが出現し始めたようだが、探し出す根気が無くて今日も収穫なし。

ただ、きのう同様「虫の目全開」で「小さい甲虫」を沢山見つけた。その第一報です。


キベリトゲハムシ   17.5.23   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO1600 1/60,F8
e0339873_18480050.jpg
        ヒメクロオトシブミが揺籃をつくっていたクヌギの葉に小さな虫がいた。

e0339873_18480035.jpg
        ネット検索で、「キベリトゲハムシ」だろうと漕ぎつけた。
e0339873_18480068.jpg
        黄色い肢で支えている体は、トゲがいっぱい。旧名「キベリトゲトゲ」です。


e0339873_20210263.jpg
        以下の2種は、こんなミズキの枝を下した木柵にいたものです。


ヒシモンナガタマムシ   〃   〃 ISO400 1/100,F8
e0339873_18480134.jpg
        これも小さくて見たことのない虫。ネット検索で「ヒシモンナガタマムシ」としました。


ムネクリイロボタル ➡ ホタルカミキリ   〃   〃 ISO400 1/100,F8
e0339873_18480069.jpg
e0339873_18480088.jpg
        胸の赤いホタルのような虫が、同じ柵にいっぱいペアをつくって動き回っていました。
        同定に自信はありませんが、「ムネクリイロボタル」とします。
        暗くなって発光するホタルではありませんが、ホタルの仲間です。

        やはり間違っていました。umajin さんのご指摘により訂正いたします。

[PR]
by higirinikki2 | 2017-05-23 20:30 | 舞岡公園の虫 | Comments(2)

■ アカボシゴマダラ 春型 ♂   17.5.21

一気に真夏になったかのように暑い。風がすこし乾いた感じなのが救いか。

栗の木を中心にアカシジミ探しに励むも空振り。黒い大きな蝶がなかなか撮れず、小さい蝶も出会えず。例年、姿をよく見るアカボシゴマダラも、5日前に春型を一回見たきり。「不調」です。(蝶が少ないのか、私の運がないのか、どちらか)。


アカボシゴマダラ 春型 ♂   17.5.16   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/400,F8
e0339873_18313583.jpg
        狐久保の石畳道を歩いていると、右手の木の上をひーらひーらとゆっくり飛ぶ白い蝶。
        今季、初見のアカボシゴマダラ。白黒がはっきりしていて、紅い斑点がないので「春型 ♂」です。
        真っ白に見える春型♀の姿は、今日の散策で目撃したが撮影はできなかった。

[PR]
by higirinikki2 | 2017-05-21 18:37 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)