カテゴリ:舞岡公園の草木( 219 )

■ ゼニゴケ   17.3.27

午前中は真冬の気候。気温5℃位、冷たい強い雨と強風で嵐の感じ。いつになったら「サクラサク」春になるのだろうか。

古民家の犬走りの石の隙間の地面にゼニゴケがへばりついて、隙あらば繁殖域を広げようと1年中がんばっている。雨の少なかったこの冬は干からびそうに見えたが、3月半ばから威勢を取り戻したようだ。まだ盛りではないが、経過報告です。

        詳しくは 過去記事 ■ ゼニゴケ   14.4.1 を参照ください。


ゼニゴケ 葉状体   17.3.5   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO1600 1/100,F8
e0339873_17370194.jpg
        葉のような姿をしているから「葉状体」というのか?
        アメーバが触手を伸ばして食い取ろうとしているかのよう。ちょっと不気味な印象も。


ゼニゴケ 杯状体   3.24   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO3200 1/250,F8
e0339873_17370204.jpg
        ゼニゴケは基本は雌雄異株ですが、栄養状態によって生殖活動が変わるようです。
        この葉状体は栄養状態が悪く、写真の杯のような器の中に無性芽が形成され、周辺に放出されて無性的に繁殖するらしいです。


ゼニゴケ 雄器托   〃   〃  1/250,F8
e0339873_17370248.jpg
        この「葉」は雄株で、先端には傘のように見える器官が伸びて、精子を放出する。


ゼニゴケ 雌器托   〃   〃  1/250,F8
e0339873_17370223.jpg
        この「葉」は雌株(と思われる)で、先端には今の時期は豆粒のように見えるが、
        成長して破れ傘のように見える器官になる。その下面に卵子をつくる造卵器ができる。
        受精してできた胞子と弾糸は1細胞層の壁に包まれ、蒴の先端が不規則に裂開することで分散する。


        「破れ傘」の画像がありましたので紹介します。

〃 「破れ傘」   16.5.3   〃 ISO800 1/200,F4.5
e0339873_09370941.jpg
        「椰子の木」のようにも見えますね。

[PR]
by higirinikki2 | 2017-03-27 18:09 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 春の野草  17.3.23   (ヒトリシズカ、ヒメカンスゲ、タチツボスミレ)

今日は1日中TV前で、高校野球、国会喚問、大相撲と中継放送に釘付け。合間に生協に買い物に出ただけ。いい天気なのに散策はナシ。
春の野では各種の野草が花をつけ始めている。


ヒトリシズカ   17.3.22   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/125,F8
e0339873_18112794.jpg
        今日か明日かと見守ってきたヒトリシズカがいつの間にか伸びていることをスタッフのKaさんに教えられた。
        不覚をとりました。


ヒメカンスゲ   〃   〃 1/800,F5.6
e0339873_18112743.jpg
        地味な野草ですから、教えられても「どれ?」と聞き返されそうです。
        受粉の仕組みが興味深く印象に残っている草です。

        過去記事  ヒメカンスゲ   07.3.18


タチツボスミレ   〃   〃 1/125,F8
e0339873_18112644.jpg
        強く落ち葉掻きをされると伸びたての小さな株は、掻きとられてしまいそう。
        そんな山裾で辛くも残ったと思われる群落が花を咲かせていた。

[PR]
by higirinikki2 | 2017-03-23 18:21 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 春の木   17.3.21   (コブシ、ハクモクレン、ネコヤナギ)

「春に三日の晴れなし」とか。なんと、また真冬の寒さに戻ってしまった。冷たい雨もくわわって気分も冴えない。

高い所に咲く花は青空に抜けて撮るが、いいショットは偶然の産物ということもあり。


コブシ   17.3.17   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/800,F8
e0339873_16331480.jpg
e0339873_16331418.jpg
        丘の上の住宅街では街路樹のコブシは沢山の花をつけているが、谷戸ではすこし遅れて咲き始めた。
        ヒヨドリがむやみに花弁の根元を齧っている。


ネコヤナギ   3.18   〃 1/640,F8
e0339873_16331521.jpg
        下の枝が切られて上をむかないと撮影できない。風に揺れて構図が定まらない。


ハクモクレン   〃   〃 1/500,F8
e0339873_16331505.jpg
        ちょっと視線を上げるだけでいいので、土壁をバックにしてみた。

[PR]
by higirinikki2 | 2017-03-21 16:51 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 薄紫色の花 3種   17.3.13   (タチツボスミレ、キランソウ、キクザキイチゲ)

まだまだ春の花の少ない中で園内某所を散策していると、薄紫色の花が目にとびこんできた。


タチツボスミレ   17.3.8   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO200 1/640,F6.4
e0339873_18103758.jpg
        もうしばらくすると山裾や園路脇で厭になるほど目につくようになるのだが、
        今は可憐な姿に目がいく。


キランソウ   3.10   〃 ISO200 1/125,F8
e0339873_18103716.jpg
e0339873_18103778.jpg
        園内某所の山裾の落ち葉の中で濃い紫色の花が目についた。
        時期を忘れていた花の先がけだった。コントラストが強すぎて花の詳細がよく見えない。


キクザキイチゲ   〃   〃 ISO400 1/250,F6.4
e0339873_18103839.jpg
e0339873_18103745.jpg
        園内某所、あまり人が近づかない山裾で数年前から咲いている。
        誰かが植えたのだろうが、場所が合ったのか根付いて毎年咲いているのだ。

        今日・明日と旅に出ています。

[PR]
by higirinikki2 | 2017-03-13 17:21 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ アマナ咲く   17.3.7

3月に入って1週間というのに、また冬の寒さに戻った。フィールドにはなぜか鳥の声・姿がない。ただ、鳴き交わすカワセミのペアだけがあって、カメラマンの姿もそこにある。

私が舞岡公園の自然をカメラで追うことになるキッカケとなった花「アマナ」が、陽ざしの下で開いたり閉じたりしていた。


アマナ   17.3.7   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/640,F5
e0339873_17361867.jpg
e0339873_17361859.jpg
        園内某所、人通りの多い所で満開時期になると花が目立つ場所です。
        きょう出会った時は、陽ざしがなく花弁は閉じた状態だった。


   〃   FUJIFILM XQ2 6.4-25.6mm ISO400 1/1000,F4.5
e0339873_17361993.jpg
e0339873_17361921.jpg
        午後3時近く、陽ざしが強くなったので、また行ってみた。開花していました。

        過去記事 アマナ

[PR]
by higirinikki2 | 2017-03-07 17:51 | 舞岡公園の草木 | Comments(4)

■ 春を先撮り (2)   17.3.2   (アセビ、ネコヤナギ、ヒメウズ)

なんだか「久しぶり」と思わせる雨がしとしと降り続いている。雨で地面に落ちた花粉が、明日は風で舞い上がり「花粉症」患者を苦しめそうだ。

しかし、雨は春を呼び込むきっかけでもありそうだ。先撮りした花々です。


アセビ   17.2.26   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/800,F8
e0339873_17383885.jpg
        「馬酔木」は、嘗ては横浜市内の丘陵地ではどこでも見られたらしいが、
        盗掘などで自生する数は少なくなっているらしい。
        園内では園芸種なのだろうか、園路際で見ることができる。


ネコヤナギ   2.27   〃 ISO400 1/500,F8
e0339873_17383836.jpg
        園内で見られる株は少なく、しかも低い枝が切られていたり、園路から遠かったりして、
        至近距離からの撮影ができない。


ヒメウズ   2.28   〃 ISO400 1/400,F6.4
e0339873_17383826.jpg
        古民家の裏庭で探したら、1株だけ蕾が膨らんでいた。

[PR]
by higirinikki2 | 2017-03-02 17:59 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 春を先撮り   17.2.28   (アマナ、タチツボスミレ、シュンラン)

2月も今日でおわり。明日からは「春」となってほしい
そんな願いを込めて、無理矢理「春を先撮り」してきました。どこにあったか詮索ナシでいきましょう。


アマナ   17.2.26   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/50,F6.4
e0339873_18062072.jpg
        たくさんあった葉、その中心からのぞいていた蕾はこの二つだけでした。
        花々が全開するのは、まだまだ先のことです。


タチツボスミレ   2.27  〃 ISO400 1/160,F8
e0339873_18061999.jpg
        見たかぎりでは、里山全体で開花第1号の花です。
        ごくごく小さい花です。


シュンラン   〃  〃 ISO800 1/50,F6.4
e0339873_18062023.jpg
        ちょっと見落としていた間に、開花が始まっていました。
        もう少し大きくなれば見栄えがよくなるでしょう。

[PR]
by higirinikki2 | 2017-02-28 18:24 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 木の花 3種   17.2.27   (ウグイスカグラ、ミツマタ、サンシュユ)

曇り空で冷え込みがきつい寒い1日だった。5日ぶりの古民家説明、こどもたちもちぢこまっていた。が、外遊びや水車見学では喜々として動き回っていた。

暖かな日には、咲き始めた木の花が輝いている。


ウグイスカグラ   17.2.24   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/1600,F8
e0339873_17532223.jpg
        可憐な花です。が、まばらに枝の先についているので、集合した画面にはしにくいですね。


ミツマタ   〃   〃  1/400,F8
e0339873_17532262.jpg
        まだひとつだけが、一部だけ黄色をみせている。


サンシュユ   〃   〃  1/400,F8
e0339873_17532267.jpg
        園路の下で、金平糖のようなかわいい黄色い花がついている。
        接近して撮影できないのが残念です。

[PR]
by higirinikki2 | 2017-02-27 18:07 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 瓜久保の梅   17.2.22

風がやんだが薄曇りの寒い日。4日ぶりの古民家説明は50人と100人の2校が続く。時間ピッタリに合わせるのに苦労。でも「わかりやすい説明でありがとうございました」との先生の言葉が励みになる。

3日前の散策で、瓜久保の各種の梅が順繰りに満開になりつつあった。
あとは豊後梅がじきに咲き出し、やがてアンズの花も咲き始める季節になった。


白梅   17.2.19   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/400,F8
e0339873_17335077.jpg
e0339873_17335136.jpg
        先に満開となった紅梅の花が見える。


緑萼梅   〃   〃  1/250,F8
e0339873_17335059.jpg
        下向きの花で、緑色の萼がよく見えないのですが。


枝垂れ梅   〃   〃  1/500,F8
e0339873_17335053.jpg
        「瓜久保の家」の裏の株、枝垂れた枝に薄いピンクの花が咲き始めていた。

[PR]
by higirinikki2 | 2017-02-22 17:53 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ いろいろのマンサクが満開   17.2.20

強風が吹きすさんでいる。雲の動きも早く荒れた天気になりそうだ。

園内の各種のマンサクの花が満開近くなっている。


マンサク   17.2.7   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO200 1/250,F6.4
e0339873_18513237.jpg
        園路下にある、在来種の「マンサク」です。小さく花弁もくるくる巻いて控えめな花です。
        18日現在でも、花は、まだ数個しか咲いていない。


シナマンサク   2.8   〃  ISO800 1/2400,F6.4
e0339873_17490841.jpg
        こちらは「さくら広場」トイレの前にあって、いち早く花を咲かせている。
        大きな枯れ葉をつけたまま、鮮やかな黄色の花が咲いている。



        以下の花は、いわゆる「インターメディア系」と呼ばれるものらしいのですが、ちょっと自信がありません。



インターメディア系(赤) 1   2.18   〃  ISO400 1/320,F6.4
e0339873_17490962.jpg
e0339873_17491099.jpg
        こちらも古民家の裏庭の橋際にある。背景にはフクジュソウがある。
        この色はなんと表現すればよいのだろうか。「赤橙」?


インターメディア系(赤) 2   2.14   〃  ISO200 1/100,F9
e0339873_17491075.jpg
e0339873_17490935.jpg
        こちらは瓜久保に家の奥に続く園路の際にある。
        逆光に光るこの色はなんと表現すればよいのだろうか。「赤黒い」では下品ですね。


インターメディア系(黄)   2.18   〃  ISO400 1/500,F6.4
e0339873_17491010.jpg
e0339873_17491125.jpg
        こちらは公園入口の駐輪場の端にあって、大きく枝を張っている。
        画像が汚らしく見えるとすれば、撮影条件と腕が悪いからです。
        「シナマンサク」と似ているが、葉は落ちて残っていない。




〃 ?   17.2.11   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/500,F6.4
e0339873_17490936.jpg
        古民家裏山の株。花が遠い。
        上の花とも違って、花弁が薄黄色で長い。「在来種」とは明らかに違う。
        よくわからないが「園芸種」なのだろう。


[PR]
by higirinikki2 | 2017-02-20 18:22 | 舞岡公園の草木 | Comments(2)