カテゴリ:舞岡公園の鳥( 106 )

■ 前座の鳥たち   17.1.11   (カシラダカ、キセキレイ、ツグミ)

今日は空気は冷たいが晴れ上がった青空で気持ちよく「鳥待ち、鳥探し」ができた。

連日のアリスイ人気で、登場舞台前は大勢のカメラマンがいっぱい。そんな舞台の前の湿地に「お呼びでない」鳥が出てきても見向きもされない。心優しいカメラマン(わたしです)が撮ってさしあげた。


カシラダカ   17.1.11   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/250,F5.6
e0339873_18154239.jpg
        私が舞台に到着する前からいたのですが、遠目にはスズメかな?と思わせた。


キセキレイ   〃   〃   1/350,F5.6
e0339873_18165941.jpg
        目の下をちょこちょこ歩くので、構図もピントもとりにくい。


ツグミ   〃   〃   1/170,F5.6
e0339873_1818967.jpg
        こちらもスイスイと動き回っていて、最後はカシラダカを追い払って自身も飛んで行ってしまった。


.
[PR]
by higirinikki2 | 2017-01-11 18:18 | 舞岡公園の鳥 | Comments(0)

■ ウグイス   17.1.9

夜半に南岸低気圧が通過して嵐の様相を呈していた。(雨戸を閉めていたので気配でしか察しられなかったのだが)

ようやく日差しが見えた2時過ぎに散策に。「宮田池」のガマの枯れ藪の中から「チャッ、チャッ」という笹鳴きが聞こえた。こまかく動くウグイスの姿が、時々、藪の表に出て来る。その一瞬に、構図を選び、ピントを合わせるのは、私には至難の業です。なんとか撮れたシーンです。


ウグイス   17.1.9   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/250,F6.4
e0339873_18182550.jpg
e0339873_18183463.jpg
e0339873_18184183.jpg
        ようやくバックが抜けた位置で撮れたので、大きくしました。
        解像度が悪いのか、手ブレか、ピントがずれているのか。「イマイチ」ですね。
e0339873_18212030.jpg


.
[PR]
by higirinikki2 | 2017-01-09 18:20 | 舞岡公園の鳥 | Comments(2)

■ またアリスイが   17.1.8

南岸低気圧が通過するとあって朝から今にも雨が降り出しそうな天気、寒い!

園内はアリスイやトラツグミが出る、とあってタシギやヤマシギはそっちに置いておいて、大勢のカメラマンが大砲レンズを据えて出現を待ち構えている。「待ち」が苦手な私は、偶然に出現場所に居合わせる幸運を待って歩きまわっている。
きのうは、この偶然に恵まれた。


アリスイ   17.1.7   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/650,F6.4
e0339873_1935576.jpg
e0339873_194398.jpg
        タシギお気に入りの水溜まりに、突如アリスイがやってきた。
        日の光は右手斜め前方からなので、逆光気味でアリスイの小さな眼が光っていない。

e0339873_1961456.jpg
e0339873_1962224.jpg
        木の根方に行ったり、切り株近くで、蟻を探しているのだろうか?

e0339873_1974176.jpg
        一瞬、こちらを見たので拡大してみました。

.
[PR]
by higirinikki2 | 2017-01-08 19:08 | 舞岡公園の鳥 | Comments(0)

■ バン   17.1.6

晴天が続いている。今朝はそうとう冷え込んだようで、池の表がうっすらと凍りついていて水鳥の姿が少なかった。

泳ぐ鳥も、水辺を歩く鳥も、水面から上がっていた。田んぼの縁を歩く鳥「ヒクイナ」かと一瞬思ったが、太く長い脚はバンのものだった。そういえば、ちょっと前に「さくらなみ池」の奥にいたバンと同じ個体だろうか。


バン   17.1.6   JIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO3200 1/1300,F6.4
e0339873_18125723.jpg
e0339873_1813669.jpg
        カメラを構えた気配を察したのか、逃げ始めた。
        この姿は「ヒクイナ」ではなく、やはり「バン」のものですね。


鳥3種   〃   〃 ISO800 1/1000,F10
e0339873_18163078.jpg
        コサギの手前の杭上にいるのはマガモ♀か。左手奥にバンがいました。


バン   〃   〃(trimming)  〃
e0339873_1819958.jpg


.
[PR]
by higirinikki2 | 2017-01-06 18:19 | 舞岡公園の鳥 | Comments(2)

■ ふつうの鳥たち   17.1.4   (ヒヨドリ、ムクドリ、メジロ)

正月もはやくも4日。おととい新潟の娘と3人の孫娘が遊びにきて、2階の2人の孫娘と賑やかに遊んでいる。一緒につきあうのもちょっと辛いものもあるが、元気が一番と思って凧揚げや羽根つきに公園に行っている。

この年末・年始に出会った「ふつうの鳥たち」です。


ヒヨドリ   16.12.31   FUJIFILM X-S2 24-624mm(相当) ISO800 1/1000,F6.4
e0339873_17153226.jpg
        ハリギリの高木のてっぺんで、数羽の群れが実を啄んでいた。


ムクドリ   17.1.4   〃    1/500,F10
e0339873_17183096.jpg
        いつもの群れではなく、単独で枝にとまっていた。
        ぎゃーぎゃー鳴いている姿ではなく珍しい。


メジロ   1.2   〃    1/1000,F6.4
e0339873_17224482.jpg
e0339873_17225285.jpg
e0339873_17225852.jpg
        カエデの新芽を啄んでいるのだろうか、メジロの群れを習作してみた。

.
[PR]
by higirinikki2 | 2017-01-04 17:24 | 舞岡公園の鳥 | Comments(0)

■ アリスイ   17.1.2

早朝には雨雲らしき黒い雲があったが、すぐに雲が晴れ上がった。
正月早々というのに、園内は鳥撮りカメラマンで賑わっている。
私も、あやかって鳥撮りに勤しむ。

今日は、「証拠写真」とはいえアリスイを撮れたのは大きなことだった。


アリスイ   17.1.2   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/800,F6.4
e0339873_17414226.jpg
        とおくに慌ててカメラをセットしているカメラマンがいた。
        急いでお隣りに行くと、「あそこのヤナギの藪枝の中にいるのだがピントがとれない」、と教えてくれた。
        肉眼では、とても識別・確認ができないが、とにかくそれらしき方向にカメラを向けてシャッターを押した。

e0339873_17445835.jpg
        トリミングしてみると、ピンが後ろの枝にあるらしく、ちょっとピンボケのアリスイが写っていた。
        これだけ「それらしく」写っていればヨシとするか。

        過去記事   アリスイ

        アリスイ
        体の大きさはスズメほどですが、10センチもある細長い舌を持ちます。
        その長さから、「体の大きさに対して舌が最も長い鳥」というギネス世界記録を持つほどです。
        この舌をアリの巣に高速で出し入れしてアリを吸い取るように集めることから、アリスイの名が付きました。
        (NHK「ダーウィンが来た」より引用)

.
       
[PR]
by higirinikki2 | 2017-01-02 17:46 | 舞岡公園の鳥 | Comments(0)

■ 遠い彼方の鳥   16.12.29   (シメ、ヤマガラ、ヤマシギ)

とても歳末とは思えぬほど、のんびりと過ごしてしまっています。その分、妻には迷惑をかけているのでしょう。

きのう「遠い彼方の鳥だけに出会えた」と書いた、その鳥たち3羽です。オリジナルとトリミングの両方を掲載します。「下手さ」加減がわかるでしょう。


シメ   16.12.29   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/250,F8
e0339873_17536100.jpg
        細かな枝が邪魔して肉眼では確認できませんでした。
e0339873_1761957.jpg
        拡大してみて顔の部分がはっきりしないことがわかりました。
        現場ではモズかウソか、とも思ったのですが、シメのようですね。


ヤマガラ   〃   〃   1/160,F8
e0339873_179132.jpg
        「ヤマガラの声がする」と探しても、やっと見つけても、動きが早くて撮影困難でした。
e0339873_17101919.jpg
        拡大して見れば「まずまず」の画像ですかね?


ヤマシギ   〃   〃 ISO 800 1/125,F6.4
e0339873_17123035.jpg
        今シーズン初見ですが、先着カメラマンに教えてもらっても肉眼では見つけられません。
        目検討でシャッターを押してみたら写っていました。が、落ち葉に紛れて全体像がわかりません。
e0339873_17143481.jpg
        トリミングしても、どこにいるのか一発ではわかりませんね。

.
[PR]
by higirinikki2 | 2016-12-29 17:15 | 舞岡公園の鳥 | Comments(0)

■ 採餌するシロハラ   16.12.25

落葉がすすむとともに冬鳥の季節になった。地面の落ち葉をひっくり返して餌を探すシロハラは、同じような食性を持つアオジとならんで、すぐに「人慣れ」がすすんでいる。
きのうも、「かっぱ池」と草原の境目の垣の下の落ち葉をひっくり返すのに余念がなく、こちらの接近を許してくれた。


シロハラ   16.12.24   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO1600 1/34,F8
e0339873_17221585.jpg
e0339873_17222749.jpg
        落ち葉をひっくり返して餌がないと、静止してこちらをじっと見て安全を確認しているようだ。

e0339873_17241520.jpg
        途中、散歩やランニングする人が通ると、
        さすがに、近くの藪の中に飛んでしまうが、また姿を見せることもある。

e0339873_17261067.jpg
        藪から出てきて木柵にとまってくれた。
        ちょっと特徴が違うようにも見えるので、別の個体かもしれない。

.
[PR]
by higirinikki2 | 2016-12-25 17:27 | 舞岡公園の鳥 | Comments(0)

■ 水辺の鳥 3種   16.12.23   (マガモ、コガモ、ホシゴイ)

「天皇誕生日」の今日、日中は年賀状の宛名整理で外にでなかったので、暖かいのか寒いのか知らない内に夜になっていた。

「さくらなみ池」や「宮田池」で見られる水辺の鳥です。マガモやコガモの雄が「非繁殖期のエクリプス状態」から雄らしい顔つきに変わってきたのが印象的です。


マガモ   16.12.17   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/1000,F8
e0339873_18281698.jpg
        「エクリプス」状態の説明はこちら


コガモ   16.12.22   〃   1/40,F8
e0339873_18295421.jpg
        「エクリプス」状態の説明はこちら


ホシゴイ   12.20   〃   1/160,F6.4
e0339873_18321523.jpg
        しばらく前から姿を見せていたようです。
        成長して綺麗なゴイサギの姿になったところを見てみたいものです。

        過去記事  ゴイサギ(ホシゴイ)

.      
[PR]
by higirinikki2 | 2016-12-23 18:34 | 舞岡公園の鳥 | Comments(0)

■ タシギ見参   16.12.22

生暖かく強い南風が吹きまくって気持ち悪い。糸魚川の大火は、この気象条件下では注意しなければいけなかったことだろう。

今にも雨になりそうな中、散策に出たがポツリと振り出した雨に恐れをなして、急いで帰ってきてしまった。今シーズン初見のタシギです。


タシギ   16.12.22   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO3200 1/100,F8
e0339873_1734656.jpg
e0339873_17341229.jpg
e0339873_17342011.jpg
e0339873_17342649.jpg
        丁寧な「羽づくろい」が見られるかなと思わせたが、
        その先まではいかなかったのが残念でした。また、いつか。

        過去記事  タシギ

.
[PR]
by higirinikki2 | 2016-12-22 17:35 | 舞岡公園の鳥 | Comments(0)