カテゴリ:舞岡公園の鳥( 106 )

■ ビンズイ   15.12.27

ようやく寒い冬が定着するだろうか? 北風吹く曇り空だとホントに寒く感じる。

畠と木の枝をいったりきたりしている鳥を撮影した。スズメ?アオジ?ホオジロ?帰って図鑑をひこうと考えていたら、カメラ仲間のGさんが 「ビンズイがいましたよ」 と話しかけてくれた。「もしや、これ?」 と画像を見てもらって 「そうだ」 と確認できた。

夏は山、冬は平地の林縁・畑に棲むそうです。


ビンズイ   15.12.27   FUJIFILM X-S1 24-624mm() ISO1600 1/210,F8
e0339873_17202642.jpg
e0339873_17203367.jpg
e0339873_1720417.jpg

[PR]
by higirinikki2 | 2015-12-27 17:20 | 舞岡公園の鳥 | Comments(0)

■ ガビチョウ(画眉鳥)   15.12.25

またまた気温が15℃以上の暖かな天気になった。
おとといの「死屍累々」の鳥の写真をよく見てみたら、珍しいシーンがあったので取り上げることにした。


ガビチョウ   15.12.23   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/180,F5.6
e0339873_1871044.jpg
        園路を歩いていると、がさがさと葉を探る音が聞こえた。
        3~4羽のガビチョウの群れを追いかける形になった。

e0339873_1893775.jpg
        レンギョウ(?)の小枝の中に入って、地面の枯れ葉をひっくり返し始めた。

e0339873_1811721.jpg
        何か餌となるものを咥えたようだ。
e0339873_18114672.jpg
        どうやら蜘蛛のように見える。「やったー」というような目を見開いている。

e0339873_18132261.jpg


        ガビチョウ
        かなり大きな音色で美しく囀る。ウグイスやキビタキ、オオルリ、サンコウチョウといった他種の囀りをまねることがある。
        地上採食性で、地上を走り回って昆虫や果実を食べる。
        中国南部から東南アジア北部にかけて広く生息する。 日本では、ペットとして輸入された個体がかご脱けにより定着した。
        外来生物法で特定外来生物に指定されており、日本の侵略的外来種ワースト100選定種にもなっている。 (Wikipedia より引用)
[PR]
by higirinikki2 | 2015-12-25 18:17 | 舞岡公園の鳥 | Comments(0)

■ マユミにメジロ   15.12.24

朝には雨が上がって、また気温が上がってきた。今年は、「小春」日和がなんどもやってくるようだ。

きのうの「死屍累々」のリベンジを試みてみる。最近の園内で目立つマユミの紅い実を啄む鳥が何種もいるが、メジロが絵になる。


マユミにメジロ   15.12.24   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/350,F8
e0339873_1864995.jpg
        細い枝が沢山、メジロも飛びにくいでしょうが、こちらも撮りにくい。
        「さて、実はどこにあるかな?」

e0339873_1881223.jpg
        「みんな下向きに実がついていて、食べにくいな」

e0339873_1893284.jpg
        「よいしょっと!取れたぞ」
e0339873_18102822.jpg


e0339873_1810432.jpg
        こんなに逆さまになって、取れたかな?
[PR]
by higirinikki2 | 2015-12-24 18:11 | 舞岡公園の鳥 | Comments(0)

■ 混群   15..12.23   (エナガ、ほか)

冬至の今日、「昼間が最短日」といわれても日の出・日の入りの識別困難だったので実感はわかない。
今にも雨が落ちてきそうな曇り空で寒いが、散策に出てみた。案外、目撃した鳥の種類は多かったが、気に入りの写真を撮影はできなかった。

園内某所にたたずんでいると、賑やかな声が降ってきた。エナガ、シジュウカラ、メジロ、ヤマガラ、コゲラの混群だった。ただ、集団の動きが早くカメラのピントが追い付きません。「死屍累々」の写真の山から証拠写真です。(コゲラは木をつつく音だけで姿を確認できなかった)


エナガ   15.12.23   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO3200 1/450,F5.6
e0339873_17352256.jpg
e0339873_17381561.jpg


ヤマガラ   〃   〃   1/950,F5.6
e0339873_1736339.jpg


シジュウカラ   〃   〃   1/320,F5.6
e0339873_1737124.jpg


メジロ   〃   〃   1/400,F5.6
e0339873_17402365.jpg

[PR]
by higirinikki2 | 2015-12-23 17:41 | 舞岡公園の鳥 | Comments(0)

■ 鳥 3種   15.12.17   (ルリビタキ、ヒヨドリ、スズメ)

ようやく冬に戻った。曇り空で寒い。

園内ではベニマシコやルリビタキを追う・待つカメラマンが。「犬も歩けば棒に当たる」でいく私は、どんな鳥に出会うかは運次第です。その「棒」=ルリビタキに出会いました。


ルリビタキ   15.12.17   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO1600 1/100,F8
e0339873_18233697.jpg
        園内を回遊しているらしく、目の前に飛んできて飛んで行ってしまった。


ヒヨドリ   〃   〃(trimming) ISO800 1/250,F8
e0339873_18261878.jpg
        ツルウメモドキの赤い実を食べにヒヨドリの群れがいた。
        ちょっとでも近づこうとすると目ざとく見つけて「ピー」と警告を発して飛び去ってしまう。


スズメ   12.17   〃(trimming) ISO800 1/1500,F8
e0339873_1829362.jpg
        電線にスズメがとまっていた。何思う?
[PR]
by higirinikki2 | 2015-12-17 18:30 | 舞岡公園の鳥 | Comments(0)

■ ベニマシコ   15.12.11

夜半から昼まで強い雨風が吹き募った。雨が上がった午後、気温が急激に上がった。22~3℃はあったかな。
今頃では不思議な天気の動きだろう。

きのう出会った鳥は「ベニマシコ」です。セイタカアワダチソウのごく小さな実を啄んでいるが、嘴が白い綿毛でまみれている。あまりに遠くにいるので、「証拠」にもならない写真です。もっと近づいた頃に再会したいものです。


ベニマシコ   15.12.10   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO1600 1/210,F5.6
e0339873_1883984.jpg
        ♂ が穂の上に姿をみせた。「バシャバシャ」というシャッター音に誘われて撮ってみた。
        気づけば、左の穂には♀がいた。

e0339873_1810746.jpg
        ピントが合っていないし、手ブレもあって、とても乗せられるものではないですが。「擬証拠」です。
[PR]
by higirinikki2 | 2015-12-11 18:11 | 舞岡公園の鳥 | Comments(2)

■ シロハラ   15.12.10

悪玉コレステロール引下げ薬を呑み始めて1ヶ月、197から97に劇的に下がった。その他の血液検査の結果は前通り「全く問題なし」、健康な日々をすごしていきたいと思います。

今日も曇りながら穏やかな日、また散策に出て冬鳥に出会った。報告は後日として、きのう出会ったシロハラです。


シロハラ   15.12.9   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO1600 1/150,F5.6
e0339873_2104288.jpg
e0339873_21171.jpg
e0339873_2111559.jpg
e0339873_21121100.jpg
         地上性の鳥、落ち葉をひっくり返す姿を見ます。
        目の前でしゃがみこんでカメラを構えました。人馴れしているのでしょうか、睨めっこもしました。
[PR]
by higirinikki2 | 2015-12-10 21:03 | 舞岡公園の鳥 | Comments(0)

■ ヤマガラ   15.12.9

高気圧が日本上空を覆っていて、風も弱く穏やかな日。9時半過ぎに散策に出た。
小川アメニティを歩いていると「ミューミュー」という鳴き声が聞こえた。対岸の藪にヤマガラがいた。

好きな餌のエゴの実は枝には残っていないので、落ち葉を根気よくひっくり返して木の実を捜している。
木の横枝の上で実をつついていると落してしまうこともあるのでしょう。すると、また落ち葉をひっくり返す。
生きるための作業なので、根気のある鳥が生き延びていくのでしょうね。


ヤマガラ   15.12.9   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO1600 1/150,F5.6
e0339873_196771.jpg
        肢の間に何かの木の実を掴んでいるように見える。

e0339873_1965677.jpg
        エゴの実かどうか確認できないが、木の実に間違いないでしょう。

e0339873_1982223.jpg
        あれ?落してしまったようだ。

e0339873_199512.jpg
        別の木の枝に掴まって、落ち葉をほじくり返し始めました。

e0339873_19101066.jpg
        見つけました。「あったよ!」と嬉しそうな顔を見せてくれました。

e0339873_19112342.jpg
        今度は落とさないようにしっかりと掴んで、嘴で突っついて細かい実を食べています。

e0339873_19131233.jpg
        また落したのか、捨てたのか。別の枝に移って背中を見せてくれた。

        過去記事  ヤマガラ
[PR]
by higirinikki2 | 2015-12-09 19:14 | 舞岡公園の鳥 | Comments(0)

■ ルリビタキ 若   15.12.8

予報が外れたのか曇り空で風が冷たい。

園内某所でカメラマンが集まっていた。仲間に加えてもらった途端、小鳥が目の前を横切ってカエデの黄葉を背景にして横枝にとまった。ちょっと距離があって、手持ち撮影ではビシッと決まった画像は無理だったが、「証拠写真」としてご覧ください。

因みに、これは「ルリビタキの若」。成鳥になると雌雄の外観は差が大きくなるのですが、この姿からは雌雄の区別はつかない、とのことでした。


カメラマン集合   15.12.8   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO1600 1/240,F6,4
e0339873_1920836.jpg



ルリビタキ 若   〃   〃   1/160,F6,4
e0339873_19212945.jpg


   〃   〃  (trimming) 1/160,F6,4
e0339873_19225350.jpg

e0339873_1923038.jpg
        尾羽の青みが目立つので ♂ かもしれない。

        過去記事  ルリビタキ
[PR]
by higirinikki2 | 2015-12-08 19:24 | 舞岡公園の鳥 | Comments(0)

■ カシラダカ   15.12.4

爆弾低気圧が北の方で大発達した影響で冷たい西風が強く吹きまくった。その中を3日ぶりに散策。
強風だと鳥の姿が少ない。

「かっぱ池」の芦の根元でカシラダカが採餌していた。すぐ足下で、こちらには気づいていたと思うが、しばらく撮影を許してくれた。


カシラダカ   15.12.4   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/750,F5.6
e0339873_1841379.jpg
e0339873_18414575.jpg
e0339873_18415181.jpg
        頭(かしら)に何やらコブのようなものが3つついていた。
[PR]
by higirinikki2 | 2015-12-04 18:42 | 舞岡公園の鳥 | Comments(0)