■ 赤い耳どうし?   17.4.27   (カイツブリ、ミシシッピアカミミガメ)

「春寒」という季語は、春まだき時の寒さをいうのであって、春なかばの今日のような日の寒さはなんと言うのだろうか?
寒気団が上空に残っていて、雨があがっても冷たい風が吹いている谷戸を首をすくめながら散策、被写体はなかなか現れてくれない。

「さくらなみ池」で潜水を繰り返しているカイツブリが、アカミミガメが乗っている木柵を乗り越えようとしていた。その一瞬です。


赤い耳どうし?   17.4.27   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/320,F6.4
e0339873_18503819.jpg
        カイツブリの首がこんなに鮮紅色だったとは知りませんでした
        ミシシッピアカミミガメ、その名の通りに耳の部分に赤い筋がみえますね。
        赤い耳の競演です。

[PR]
# by higirinikki2 | 2017-04-27 19:09 | 舞岡公園の鳥 | Comments(0)

■ キンランとギンラン   17.4.26

ちょっと気温が下がって曇り空の1日、散策に出たもののチョウは飛ばず、花は咲かず、鳥は声だけ、で収穫は少なかった。唯一の収穫は、キンランとギンランの花が撮れたこと。場所が特定できないように、クローズアップ画像です。


キンラン   17.4.26   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO1600 1/60,F5.6
e0339873_17301206.jpg


ギンラン   〃   〃 17.4.26   1/160,F7.1
e0339873_17301207.jpg
        ギンランは時期的には、まだまだ先かと思っていたのですが、見つかりました。

[PR]
# by higirinikki2 | 2017-04-26 17:39 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 亀がいっぱい   17.4.25

今日は涼しめの強い風が吹く春の日。山道を下って「さくらなみ池」に着くと、池の端の木柵(?)の上で亀がいっぱいひなたぼっこをしている。
これらは、縁日などで売られている「ミドリガメ」が大きくなって飼いきれなくなって、各地の池に捨てられて繁殖をしている「ミシシッピアカミミガメ」です。「繁殖」というのは、ここで子亀が産まれて仲間が増えている、ということです。


ミシシッピアカミミガメ   17.4.25   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/250,F10
e0339873_17462019.jpg
        大小取り交ぜて9匹いるのが見えます。首、手脚、尾を伸ばして日を浴びているようです。


こんなところにも
e0339873_17462162.jpg
        事務所スタッフが苦労してカイツブリの繁殖用に作った浮島の上に、チャッカリと乗っています。
        かなり大きい個体、「ボス」でしょうか。

        「舞岡公園の自然」では、3回ほど記事にしています。  過去記事 ミシシッピアカミミガメ
        15年5月に、このサイトにしてから取り上げていなかったことに気づきました。

        見るのも嫌なので、記事にする気はなかったということです。
        それなのに、なぜ今回取り上げたのか。その理由は・・・。


スッポン   〃   〃(trimming) 1/500,F8
e0339873_17462195.jpg
        冒頭の写真の右端の個体です。いちだんと大きく、縮めた首が赤くありません。なんと、スッポンです。
        まさか自生しているとは思えないので、これも人間が放流したのでしょう。

        「生物多様性」は、こんなところでは要りませんね。

[PR]
# by higirinikki2 | 2017-04-25 18:03 | 舞岡公園・その他の生き物 | Comments(0)

■ キンラン   17.4.24

ちょっと肌寒いが春の日です。きのうの酒がすこし残って気分はすっきりしないが、それを吹き飛ばそうと散策に。
「そろそろかな?」と思って、キンラン、ギンランの花を探しにお目当ての場所に行ってみるも、今年の春先の不安定な天気のせいか、開花が遅れているようだ。というより、むしろ姿が見えない。

ともあれ、今日見つけた株です。


キンラン   17.4.24   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/125,F8
e0339873_17173202.jpg
        此処では、いつも通りに開花している。ちょっと遠めなのに手持ち望遠撮影で気に入らない出来栄えですが。


   〃   〃 ISO1600 1/50,F6.4
e0339873_17173230.jpg
        此処は例年なら爆生しているのだが、なぜか2~3株しか見つからない。
        落ち葉掻きとか、何らかの異常で発生していないのだろうか?
        もうしばらく、観察を続けてみます。


クゲヌマラン ?   〃   〃 ISO400 1/200,F8
e0339873_17173126.jpg
        不思議なことに、ギンランの姿も見えない。
        園内某所で1か所だけギンランが咲いていた。この株、遠目で詳細を観察できないのだが、
        先日、お仲間のKoさんが観察会と思われる機会に、同行の女性に「あれはクゲヌマランかも」
        と言っているのが聞こえた。「クゲヌマランって、なに?」とネット検索してみると
        HiroKen 花さんぽ というサイトで詳しく取り上げられていた。

        とにかく近くに寄って観察しないことには、この株が該当するのかは不明なのですが。

[PR]
# by higirinikki2 | 2017-04-24 17:42 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 田起こし   17.4.23

午前は、米つくりグループ「やとぽっぽ」の作業に参加、夜は公園スタッフ40人近くが集まった「歓送迎会」に出席、いい気分で10時ころに帰宅しました。
その後、遅い時間だがこの記事を作成しました。

米つくりの1年の最初の作業は「田起こし」、少しひんやりした涼しめの天気だが体を動かしているうち暖かくなって仕事もはかどった。大勢の子どもたちも参加して賑やかに無事におえることができました。ことしの米つくりが始まりました。
1年間、元気に参加します。


田起こし   17.4.23   FUJIFILM XQ2 6.4-25.6mm ISO400 1/800,F5.6
e0339873_22355162.jpg
        76歳から5歳まで、幅広い年代の集まりが、それぞれ精一杯の力を出して「田起こし」をしました。
e0339873_22355226.jpg
        今年も2番田んぼで米作りにあたります。

シュレーゲルアオガエルの卵塊   〃   〃  1/1000,F4
e0339873_22355101.jpg
        マシュマロのような塊りを掘り起こしました。
        シュレーゲルアオガエルの卵塊です。畔の縁に移動してやりました。


   〃   〃 1/1000,F5
e0339873_22355188.jpg
        みんなには「シュレーゲルアオガエル」だといいましたが、自信がありません。
        ちっとも「青く」ありません。本当にそうでしょうか?。


ヤゴ   〃   〃 ISO400 1/800,F7.1
e0339873_22355116.jpg
        ヤゴも見つかりました。こどもたちだけでなく大人も勉強になります。


全員集合   〃   〃 1/1000,F5.6
e0339873_22574102.jpg


[PR]
# by higirinikki2 | 2017-04-23 22:49 | コメ作り | Comments(0)