2017年 11月 07日 ( 1 )

■ ミヤマホオジロ   17.11.7

今日も穏かな暖かな日。満を持して散策に。幸運にも珍鳥の証拠写真が撮れました。

園内某所の谷戸の中、開けた小さな田んぼの周囲で、スズメかと思う鳥が2~3羽動き回っていた。藪に入る前に3枚撮っていた。確認してみるとカシラダカに似ている。
そこへやって来た鳥撮りさんたちの話の中に「ミヤマホオジロ」という言葉が聞こえたので、「これですか?」と尋ねたら「おー、そうです。どこで撮ったの?」と聞かれ、「そこですよ」と答えたら、皆そわそわして探し始めた。

ミヤマホオジロ   17.11.7   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/160,F6.4
e0339873_17241893.jpg
        ね!カシラダカと似ていますね。
e0339873_17241910.jpg
        拡大するとピンボケと手ぶれが目立ってしまいますが、目の上の黄白い眉が嘴橋まで達しているので、
        ミヤマホオジロだということです。しかも、この黒と黄色のコントラストが強いので、「雄」とわかるそうです。


        ミヤマホオジロ
        分 類   スズメ目・ホオジロ科
        全 長   約16cm
        特 徴   ①日本には冬鳥として渡来する。主に西日本が多く、対馬では繁殖例もある。
              ②冠羽と喉が黄色。雄は胸に黒い三角模様。尾がやや長い。
              ③ホオジロやカシラダカと混群を作ることがある。
        生息地   平地から山地の林、草地など
        採 餌   植物の種子、昆虫類など


e0339873_17241909.jpg
        甚だしいピンボケですが、2羽が写っていました。

[PR]
by higirinikki2 | 2017-11-07 17:39 | 舞岡公園の鳥 | Comments(0)