2017年 11月 04日 ( 1 )

■ 東京ゲートブリッジを歩く   17.11.4

3連休の真ん中の日、昼間は好天の予想。ウォーキンググループ「悠々会」の例会は、錦糸町駅に集合して15㎞を歩いて「東京ゲートブリッジ」まで行き、橋を歩いてみようというもの。

コースは、わかる人には「えー?」と思うだろう長距離区間。
錦糸町駅南口⇒猿江恩賜公園⇒木場公園⇒三つ目通り⇒辰巳の森海浜公園⇒辰巳の森緑道公園⇒夢の島緑道公園、第五福竜丸展示館、夢の島熱帯植物園、東京スポーツ文化館⇒新木場緑道公園⇒若洲海浜公園⇒東京ゲートブリッジ。


猿江恩賜公園   17.11.4   Canon PowerShot G7X 8.8-36.8mm ISO400 1/250,F5.6
e0339873_20293910.jpg
        むかし、錦糸町駅前には江東楽天地という映画館が9つもあるレジャー施設があった。
        その駅前から南側すぐにある「猿江恩賜公園」から歩き始めた。


夢の島ヨットハーバー
e0339873_23172229.jpg
        10年くらい前まで、高校の仲間とヨットを共有してクルージングを楽しんでいました。
        その係留場所だったヨットハーバーを見ながら歩きました。


第5福竜丸
e0339873_20293726.jpg
        夢の島には第五福竜丸展示館 があり、被爆した漁船「第五福竜丸」が展示されています。
        第五福竜丸は 1954 年 3 月 1 日、マーシャル諸島ビキニ環礁でアメリカがおこなった水爆実験により
        被ばくした静岡県焼津港所属の遠洋マグロ延縄漁船です。爆心地より 160 キロ東方の海上で操業中、
        突如西に閃光を見、地鳴りのような爆発音が船をおそいました。
        やがて、実験により生じた「死の灰」(放射性降下物)が第五福竜丸に降りそそぎ、
        乗組員 23 人は全員被ばくしました。 (詳しくは、上記サイト参照) 


東京ゲートブリッジ
e0339873_20293756.jpg
        全力歩き3時間強で到着した「恐竜橋」(側面から見える位置にはなかった)。逆光に輝く海面がまぶしい。

        東京ゲートブリッジ
        東京港第三航路(東京東航路)を跨ぎ中央防波堤外側埋立地と江東区若洲を結ぶ橋梁。
        全長2,618m(陸上部アプローチ橋を含む)のトラス橋である。
        水面(荒川工事基準面、A.P.)から橋梁最上部の高さが87.8m、海上を跨ぐ区間の長さが1,618m。


e0339873_20293823.jpg
        前方の中央防波堤側では橋を降りることはできないので、中央の海面上88mの位置から引き返しました。
        シルエットの二人は、先端まで行って駆け戻ってきた Si、Ho さん。元気だなあ。


お台場方向の眺め
e0339873_20293815.jpg
        地球儀のような球体のあるフジテレビのビルをようやく見つけました。


若洲公園方向をふりかえる
e0339873_20293822.jpg
        眼下には、海釣り専用の防波堤やキャンプ場、ゴルフ場が見える。
        歩きはここでヤメ、バスで東陽町経由で錦糸町駅に。2か月ぶりの打ち上げで盛り上がって解散した。

[PR]
by higirinikki2 | 2017-11-04 21:11 | 交友記 | Comments(0)