2017年 08月 06日 ( 1 )

■ エゴヒゲナガゾウムシ ♀   17.8.6

台風5号のゆっくりした動きの影響か、今日はピーカンの青空で今夏最高の暑さになった模様。

谷戸田の周辺で見られるエゴノキは3本。眼を凝らして探しても見つからなかったエゴヒゲナガゾウムシだが、4日の散策でやっと見つけた。手が届く先の実で夫婦で孔開け作業中だった。
その実を近くに引き寄せようとしたら、♂がポロリと落下した。孔開けで首を突っ込んでいた♀は落ちようがなかったのだろうか?
左手で枝を持ち、右手でカメラを構えるので、この画像が撮影の限界です。


エゴヒゲナガゾウムシ ♀   17.8.4   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当)ISO3200 1/640,F8
e0339873_17583932.jpg
e0339873_17584028.jpg
        ♀は長い馬面で、それを利してエゴノ実に孔を開け、十分掘ったところで逆向きになって尻を突っ込んで産卵する。
        一緒にいた♂は交尾の役目を了えた後は、♀の孔開けと産卵を見張っている。
        枝寄せの途中にポロリと落ちたのは、情けない所業ですな。

        雌雄の正面顔はこちらでご覧ください。   ■ エゴヒゲナガゾウムシ   14.7.30



[PR]
by higirinikki2 | 2017-08-06 18:09 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)