2017年 07月 31日 ( 1 )

■ ジャコウアゲハ   17.7.31

朝から気温が上がって30℃をはるかに超えたようだ。早めといっても10時過ぎに散策に出るのでは、日差しも強く「熱中症」にならぬ注意が必要だ。

小谷戸の里で食欲旺盛のジャコウアゲハの幼虫たちが、食草のウマノスズクサを食い尽くしたのは去年のこと。今年も、出遅れたウマノスズクサの小さな蔓や葉に、早くも幼虫が群がっている。それなのに、遅れてやってきたジャコウアゲハの成蝶が産卵場所を探して飛び回っている。


ジャコウアゲハ   17.3.31   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/1000,F7.1
e0339873_18032720.jpg
        めまぐるしく飛び回るので、目の前に飛んできてもシャッターを切れない。
        遠い高い位置で止まっているように見える時に、ようやくシャッターを切った。


〃 幼虫の群れ   〃   〃 1/50,F7.1
e0339873_18032790.jpg
        こんなふうに蔓や葉に群がって食している。じきに食い尽くすのは目にみえているのだが。


〃 前蛹の前日   3.30   〃 ISO1600 1/160,F8
e0339873_18032685.jpg
      きのう、木柵の下側にとまっていた。

〃 前蛹   3.31   〃 ISO400 1/100,F7.1
e0339873_18032647.jpg
        今日、これは前蛹の状態になっていた。


e0339873_18032771.jpg
        こちらは葉の下側で前蛹になっていた。


〃 蛹   〃   〃 1/125,F7.1
e0339873_18032726.jpg
e0339873_18032839.jpg
        「お菊虫」と呼ばれる蛹の状態になっている。いっぱいいました。


[PR]
by higirinikki2 | 2017-07-31 18:43 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)