2017年 07月 02日 ( 1 )

■ ウズグモの隠れ帯   17.7.2

前線がかなり北上して関東は夏の高気圧圏内にはいり真夏の様相を呈している。

おとといの散策の収穫物が続いています。今日は、蜘蛛の巣の話題です。


ウズグモの隠れ帯   17.6.29   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/100,F8
e0339873_20293025.jpg
        あんなに高い位置に、しかもジョロウグモの巣と同じように、縦位置に張られた「隠れ帯」を見たのは初めてのことです。

        ネット検索してみると、このように真ん丸の隠れ帯を張るのはウズグモの仲間です。
        しかしウズグモの作る網は、普通は下草の陰などで、しかも水平に張るもののようです。
        しかも、クモ本体は網の下面に隠れるようにとまっています。
        だから、クモ本体と網を写すにはカメラを網の下に入れて、仰ぎ見るようにしないと撮影できないのです。


e0339873_20293028.jpg
e0339873_20293100.jpg
e0339873_20293123.jpg
        こうして、らくに近接撮影できるのは、垂直に網が張られていたからです。
        しかも、クモはこちら側にいたので、その姿もバッチリとみることができるわけです。

        こうして見る隠れ帯、見事な丸い渦で綺麗な姿をしていますね!

[PR]
by higirinikki2 | 2017-07-02 17:41 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)