2017年 05月 08日 ( 1 )

■ オニグルミ   17..5.8

狐久保の奥にオニグルミの林がある。それぞれの木は、雄花序の長い房をぶら下げているか、雄花序が落ちた後に雌花序が伸びてピンクの花が開きかけている。木によって、その進行度合いが違うようで自家受粉を避ける仕組みができているように見える。


オニグルミの木たち   17.5.4   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/500,F8
e0339873_22403905.jpg
        2本のオニグルミの木です。右側の木には、雄花序がいっぱいぶら下がっています。
e0339873_22403938.jpg
        左側の木には雄花序が下がっていません。てっぺんに小さな枝が見えます。
e0339873_22403925.jpg


オニグルミ 雌花序
e0339873_22403828.jpg


オニグルミ 雄花序
e0339873_22403993.jpg
        木の下には役目を終えた雄花序がいっぱい落ちています。

[PR]
by higirinikki2 | 2017-05-08 17:34 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)