2017年 04月 27日 ( 1 )

■ 赤い耳どうし?   17.4.27   (カイツブリ、ミシシッピアカミミガメ)

「春寒」という季語は、春まだき時の寒さをいうのであって、春なかばの今日のような日の寒さはなんと言うのだろうか?
寒気団が上空に残っていて、雨があがっても冷たい風が吹いている谷戸を首をすくめながら散策、被写体はなかなか現れてくれない。

「さくらなみ池」で潜水を繰り返しているカイツブリが、アカミミガメが乗っている木柵を乗り越えようとしていた。その一瞬です。


赤い耳どうし?   17.4.27   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/320,F6.4
e0339873_18503819.jpg
        カイツブリの首がこんなに鮮紅色だったとは知りませんでした
        ミシシッピアカミミガメ、その名の通りに耳の部分に赤い筋がみえますね。
        赤い耳の競演です。

[PR]
by higirinikki2 | 2017-04-27 19:09 | 舞岡公園の鳥 | Comments(0)