2017年 02月 18日 ( 1 )

■ ノスリ   17.2.18

昨日とうってかわって北風の吹く寒い冬日に戻った。朝、小谷戸の里へ行く途中、カメラマンたちがレンズを上に向けている。その先には大きな鳥が白い腹を見せていた。
おととい、やはり小谷戸の里へ行く途中に背中側を見せていた鳥だという。いつもは上空を飛ぶ姿しか見たことのない「ノスリ」だった。


ノスリ   17.2.16   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/320,F6.4
e0339873_16095330.jpg
e0339873_16095349.jpg
        背中を見せているが、視線は下の草原に向けているらしい。
        地面を動くネズミなどの小動物を見つけるや、サッと飛び降りるのだろう。
        おかげでヤマシギは、どこかに隠れていて姿が見えない。


   2.18   〃  1/1000,F6.4
e0339873_16095412.jpg
e0339873_16095346.jpg
        きょうは顔を見せている。鋭い嘴と目が見える。
        腹が白いのは上空を飛ぶときに姿を空に溶け込ませる効果でもあるのだろうか?

        ノスリ
        カラス大、トビより色が薄く、ずんぐりした感じ。
        全長:52~57cm 翼開長120~140cm
        山地の林で繁殖する。
        秋冬は暖地や低地にも移動し、草地や農耕地、水辺などの開けた環境で見る。
        (日本野鳥の会HPより引用)

[PR]
by higirinikki2 | 2017-02-18 17:43 | 舞岡公園の鳥 | Comments(0)