2015年 08月 22日 ( 1 )

■ 狩り蜂 2種   15.8.22   (キンモウアナバチ、ジガバチ)

また気温が上がって33℃ちかくなったらしい。2時過ぎ、外へ出てみると膚をピリピリと射る陽射しに恐れをなして引っ込んだ。

きのうの散策で出会った「狩り蜂」2種です。


キンモウアナバチ   15.8.21   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/45,F8
e0339873_1857308.jpg
        最近よく似た蜂に出会うので、会えば「とりあえず撮っておこう」としている。
        この時は、くるくる動く蜂を見つけてシャッターを切って、さて何をしているのか見ようとしたら飛び立った。
        一瞬だけ、大きなバッタの仲間を掴んでいるのが見えた。

        ネット検索で「キンモウアナバチ」と同定してみた。
        クロアナバチに似るが、前伸腹節を中心に褐色の体毛を有し、やや大型。
        クダマキモドキを狩り、幼虫の餌にする。


        やはり、獲物は「クダマキモドキ」だったのだ。もっと、じっくりと撮影したかったな。

        参考過去記事  クロアナバチ


オオモンクロベッコウ → ジガバチ   〃   〃   1/500,F8
e0339873_1945100.jpg
        よく見るおなじみの蜂なのだが、動きが早く、なかなか撮らせてもらえない。

        最近、「オオモンクロクモバチ」と改称されたらしい。
        黒色で、腹部に太いオレンジ色の帯があるベッコウバチの仲間。
        クモ類を狩って産卵し、幼虫のエサにする。ネズミ穴などの中に穴を掘ってエサを埋める。
        
        残念ながら、蜘蛛を狩っているところに遭遇したことはない。

        「通行人」さんのご指摘により、間違っていることに気づきました。
        以後、見間違えることのないよう、しっかりと頭に刻みつけます。
[PR]
by higirinikki2 | 2015-08-22 19:07 | 舞岡公園の虫 | Comments(2)