■ アリスイとベニマシコ   18.1.12

朝はこの冬一番の冷え込みだったようだが、晴れ上がって風は弱く日向ぼっこには最適な日。

いつもより早く9時頃に着いたら、アリスイが芦原から姿を見せて「アリスイの木」や「アリスイの杭」にとまって、日向ぼっこをしてゆっくりと撮影をさせてくれた。
その右手の芦原には、私にとって今季初見のベニマシコの雌の群れが出て、セイタカアワダチソウの穂先にとまって小さな実を啄んでいた。


アリスイ   18.1.12   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当)(trimming) ISO400 1/800 F6.4
e0339873_18104833.jpg
e0339873_18104921.jpg
e0339873_18104968.jpg



ベニマシコ   〃   〃 1/320 F6.4
e0339873_18104940.jpg
e0339873_18104912.jpg
        遠くで、揺れる穂先、細い枝がごちゃごちゃあってピントを合わせにくい悪条件での撮影。
        「証拠」にもならない画像でした。


[PR]
by higirinikki2 | 2018-01-12 18:35 | 舞岡公園の鳥 | Comments(0)
<< ■ ヤマシギとトラツグミ   ... ■ 白いもの3つ   18.1... >>