■ ナンバンギセル   17.8.7

台風5号は今夜半から明日未明に関東に接近するという。今日の午前中はピーカンだったし、午後は30℃を遥かに超える暑さだった。

おととい、園内某所ではナンバンギセルが顔を出していた。「ミョウガと仲が良い」とは知っていたが、これほど親密だったのかと思わせるシーンを見た。


ナンバンギセル   18.8.5   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/60.F8
e0339873_18131529.jpg
        毎年発生するミョウガ畑(?)に、今年も顔を出していました。
        いつも根元まで見ていなかったので、初めて気がついたのです。
        こんなふうに、ミョウガの花が足元にあるとは。


e0339873_18131600.jpg
        まだ蕾みたいなものです。もっと花開いた時に、また取り上げたいと思います。


        ナンバンギセル  (Wikipediaより)
        イネ科の単子葉植物(イネ、ススキ、サトウキビなど)の根に寄生する。
        葉緑素が無く、寄主の根から吸収した栄養分に依存して生育するため、寄主の生長は阻害され、死に至ることもある。

        ミョウガの名前が出ていませんが、もちろん寄生される。我が家のミョウガ畑(?)にも種子を播けば出現するのでしょうが、
        栄養分を吸い取られても困るのでやめておきましょう。


[PR]
by higirinikki2 | 2017-08-07 18:23 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)
<< ■ 夏の花 3種   17.8... ■ エゴヒゲナガゾウムシ ♀ ... >>