■ ヤマシギとタシギ   17.2.1

冬らしい乾いた冷たい空気の青空の日。古民家説明も水車運転と重なるとたいへんだが、こどもたちには一層興味深く受け入れてもらえる。

谷戸のカメラマンの関心はヤマシギがどこまで近くに寄ってくれるかにある。一方、タシギはほとんど見向きもされないようだ。
そんな両方の鳥を撮ってみた。


タシギ   17.1.28   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/250,F8
e0339873_18012166.jpg


   1.29   〃(trimming) ISO800 1/1000,F5.6
e0339873_18012211.jpg
        なぜか窪みに入った2羽が静止して睨めっこをしている。


   1.31   〃(trimming) ISO1600 1/400,F6.4
e0339873_18012370.jpg
e0339873_18012346.jpg
        横になった木をまたいで水たまりに入ると、羽づくろいを始めた。



ヤマシギ   1.31   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO1600 1/500,F6.4
e0339873_18012481.jpg
e0339873_18012419.jpg
        タシギと反対側に、ヤマシギが姿を見せた。まだ、用心深く、ここから手前に来るのは先のことのようだ。


[PR]
by higirinikki2 | 2017-02-01 18:30 | 舞岡公園の鳥 | Comments(0)
<< ■ 鳥三昧   17.2.2 ... ■ ここにも春が   17.1... >>