■ タシギ   17..1.20

ときどき白いものがおちてくる寒い日。夜になって雪景色になるのだろうか。

「古民家説明」を始めて、じっくりと散策をしていないが、その行きかえりに湿地を見るとタシギの姿がいつもある。水浴びして水をふりはらう動作を始めると、シャッター音が賑やかになるが、ふだんはカメラマンたちは他の鳥の出現を待っている。
通りがかりの私は、念のためカメラを構えるが、先を急ぐので「証拠写真」を撮るだけです。


タシギ   17.1.16   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/28,F8
e0339873_18471482.jpg
        園路から真下に見下ろす位置にいました。
        長い嘴は羽の中に突っ込まれているようです。


   1.18   FUJIFILM XQ2 5.6-25.6mm ISO400 1/50,F8
e0339873_18572447.jpg
        霜が降りて水も凍っているような所で採餌をしていました。


   1.19   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当)(trimming) ISO800 1/400,F5.6
e0339873_18533239.jpg
        嘴を右左と動かして羽づくろいを始めようとしていました。
        大きく羽ばたく格好までいくかなと思いましたが、すぐに動きをやめてしまった。
        古民家へ行く途中だったので、残念とホッとする気持ちが混ざって歩き始めました。

.
[PR]
by higirinikki2 | 2017-01-20 18:56 | 舞岡公園の鳥 | Comments(0)
<< ■ 福寿草が咲きだした   1... ■ きょうの鳥さん   17.... >>