■ 虫こぶ 3種   16.11.28

はっきりしない天気の日が続いている。明日から4日間、旅に出るので話題となる写真を撮り貯めておこうと。今日も散策に出た。

「虫こぶ」が最盛期の夏とは違った姿を見せているので紹介しましょう。


エゴノネコアシ   16.11.28   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO1600 1/500,F6.4
e0339873_1453930.jpg
e0339873_14531999.jpg
        エゴノキの実が黒くなってついているように見えます。
        寄生した虫が抜け出た後でも、その形を残しているのですね。

        過去記事  エゴノネコアシ


ガマズミミケフシ   11.27   〃 ISO3200 1/200,F5.6
e0339873_14561357.jpg
        虫こぶも、本当の実と同じように色づいていたので、ビックリ。

        過去記事  ガマズミミケフシ


ナラハヒラタマルタマフシ   11.28   〃 ISO1600 1/800,F5.6
e0339873_14594823.jpg
        コナラの葉の表面で赤くなっている虫こぶ、初めてみました。

        ナラハヒラタマルタマバチによって、コナラの葉の主脈および支脈に作られた
        表面がつやつやした桃紅色の虫えいです。
        出来はじめの虫えいは葉に付いている部分が平らで半球形ですが、
        大きくなるにつれ球形に近くなってきます。
        虫えいは9月頃から出来はじめ10月上旬頃から落下し、次の年の10月に
        蛹になって11月頃に羽化するのだそうです。

        明日から4日間、旅に出ます。この間の記事は「予約投稿」です。


.
[PR]
by higirinikki2 | 2016-11-28 17:45 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)
<< ■ アカボシゴマダラの(越冬?... ■ 雪の古民家   16.11.27 >>