■ ツルニンジンが咲いている   16.9.16

あいかわらず天気がはっきりしない。何時、雨が降ってくるかわからず、散策は控える。

長久保で毎年花が見られる「ツルニンジン」、今年は草刈りで絶滅かと思っていたら、つるを伸ばし、蕾をつけて花が咲いている。いつもの年より花数は少ないようです。


ツルニンジン 蕾   16.8.31   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/300,F8
e0339873_1844011.jpg
        つるには気づいていたが、蕾が膨らんでいることに気づいた。


〃 蕾   9.6   〃    ISO400 1/34,F8
e0339873_1873828.jpg
        6日たって、蕾が大きくなっていた。


〃 花   9.10   〃    ISO800 1/200,F8
e0339873_1810969.jpg
e0339873_18101855.jpg
        4日後、最初の花が開いていた。


   9.15   〃    ISO800 1/200,F8
e0339873_18123074.jpg
        さらに5日後、二つめの花です。下から中を覗くのは趣味が悪いかな?
e0339873_18133250.jpg
        かわいい蕾が雨の滴をつけています。

        植物図鑑的に説明をつけると、
        「 萼片は5個。花冠の基部に距がある。花冠は長さ約3.5cm、直径4cm。
          花冠は5裂し、先端はそり返る。柱頭は3裂する。」となる。


        過去記事  ツルニンジン        
.
[PR]
by higirinikki2 | 2016-09-16 18:06 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)
<< ■ 古民家前庭の花   16.... ■ ジャコウアゲハが産卵   ... >>