■ つる草の花と実   16.9.11   (スズメウリ、ガガイモ、カラスウリ)

「東日本大震災」が発災して5年半がたった。復興未だし、の感をぬぐえない。阪神大震災とは津波と原発事故が加わっているのだから、もとより比較にならないのだが、それにしてもだ。
首都直下型地震や東海地震が起きたら、日本は絶滅かなと思う。

最近の里山では、つる草の印象が強く残る。


スズメウリ   16.9.9   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/600,F8
e0339873_18195688.jpg
        木道の脇の藪に絡んで小さな白い花が咲いている。
        ピント合わせや露光合わせが難しい被写体です。


ガガイモ   〃   〃   1/105,F8
e0339873_18222733.jpg
        スズメウリの上の方で、珍しくもガガイモの実の成りたてを見つけた。
        草刈りに遭わなければ、“種髪”いっぱいの実が飛ぶのが見られるだろうか。


カラスウリ   9.10   〃   1/105,F8
e0339873_18254149.jpg
        小谷戸の里の入り口、大掲示板の上を見上げるとカラスウリのつるが垂れ下っていた。
        まだ青い縞模様入りの実も下がっている。
        赤く色づくのも間近かな。

.
[PR]
by higirinikki2 | 2016-09-11 18:28 | 舞岡公園の草木 | Comments(2)
Commented by at 2016-09-12 18:56 x
今日舞岡公園のきざはし池の前で、ガガイモの実を見てきました。
背景からすると別個体のようですが、熟れて羽毛が沢山詰まった種が見たいです。
Commented by higirinikki2 at 2016-09-12 20:59
楽さん あそこにもありましたか。
これは、木道の脇の藪の上の方にありました。
羽毛、綿毛、種髪、なんと表現してもいいですが、その飛ぶ様を見たいものですね。
<< ■ ネットの中の虫たち   1... ■ 脱皮するジョロウグモ♀  ... >>