■ ゴマフボクトウ   16.8.21

台風が3つも発生していて天候不安定の日、日差しのある午前中にひさしぶりの散策に出た。

散策開始いきなり、時々珍しい蛾などの虫がいる南門に曲がる角のクスノキに、白っぽい蛾がいた。


ゴマフボクトウ   16.8.21   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/110,F4.5
e0339873_21264868.jpg
        「胡麻斑」が目立ちます。
        造化の神様は、どうしてこんな姿を作ったのでしょうね。
        因みに、触覚が糸のように細いので、この個体は ♀ です。

        
        ゴマフボクトウ    チョウ目 ボクトウガ科  昆虫エクスプローラ より引用
          •大きさ (開張)40-70mm
          •時 期 7-8月
          •分 布 北海道・本州・四国・九州

          白地に細かい黒点の入ったはねを持つガ。
          胸部には白地にやや大きめの黒点があり、腹部は黒白の縞模様。
          幼虫はいろいろな広葉樹の幹に穿孔して食害する。

.
[PR]
by higirinikki2 | 2016-08-21 21:33 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)
<< ■ アゲハの吸水   16.8... ■ ピンクの花 (2)   1... >>