■ 瓜久保付近の草花   16.8.9   (ヒヨドリバナ、クサギ、タコノアシ)

ついに横浜で37.4℃という「猛暑日」気温が出てしまったようです。その時間頃、庭の水撒きとインゲンやオクラの収穫をしたのだが、息が詰まるような雰囲気でした。長時間・ひなたにいれば熱中症に罹ること間違いないでしょう。

「室内にあってもエアコンを適切に使い、水分補給に心がける」ことの大切さを実感した日です。

5日の散策、瓜久保付近の園路や田んぼで出会った草花です。


ヒヨドリバナ   16.8.5   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/200,F5.6
e0339873_17543366.jpg
        園路際の斜面の草刈りで刈残されていたヒヨドリバナの白い花が咲き始めました。


クサギ   〃   〃    1/120,F6.4
e0339873_1755396.jpg
        「瓜久保の家」の門のそばに立つと、芳香が鼻をくすぐります。
        「臭(い)木」の名の由来は、葉を揉むと臭気が漂うからですが。
        花の匂いは、好き好きでしょうね。


タコノアシ   〃   〃    1/640,F6.4
e0339873_181151.jpg
        「瓜久保の家」の奥の田んぼの右手の蘆原で繁殖しています。
       秋になると真っ赤になった実がタコの吸盤のように見えるはずです。

.
[PR]
by higirinikki2 | 2016-08-09 18:02 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)
<< ■ つる草の花   16.8.... ■ アゲハ幼虫   16.8.8 >>