■ バッタの仲間 3種   16.8.4   (ショウリョウバッタ、クダマキモドキ、ツチイナゴ)

今日も猛暑日が多い日。この歳のわりには豊かな頭髪を、短く刈っても日数が立てば理髪に行かないとボウボウになる。暑い中を床屋に行き、ついでに、呑みつけの薬を貰いに医者と薬局に行く。その足で、妻とひさしぶりの外食に。午後は、クーラーを効かせた自宅で寛ぐ。暑さの夏は”おろおろ”と、過ぎ行くのを待つのみか?

31日の散策で出会ったバッタ3種です。


ショウリョウバッタ   16.7.31   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/240,F6.4
e0339873_21155430.jpg
        アカハネナガウンカを探しているススキの葉陰に隠れるようにバッタが見えた。
        全体像を撮ろうと向きを変えると、すっとまた隠れてしまう。


クダマキモドキ   〃   〃   1/170,F6.4
e0339873_21182260.jpg
        キバラヘリカメムシを探しているマユミの葉陰から、大型のバッタが顔を出した。
        こちらに気づいて、また影に隠れてしまった。


ツチイナゴ?   〃   〃   1/58,F6.4
e0339873_21205839.jpg
      園路を歩いていると赤っぽい虫が飛んだ。
        とまった先を見るとツチイナゴだった。腹が赤かった。
        ツチイナゴではないかもしれません。

.
[PR]
by higirinikki2 | 2016-08-04 21:25 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)
<< ■ イソウロウグモ   16.8.5 ■ トイレにいた蛾   16.... >>