■ トイレにいた蛾   16.8.3   (ナシイラガ、タカサゴツマキシャチホコ)

今日も天気が不安定。突然、黒雲がやってきて豪雨となる。もう亜熱帯地方になったと考えて間違いないのでは?

きのう「さくら広場」のトイレの外側の窓の桟に、2種の蛾がとまっていた。いずれも初見だ。


ナシイラガ   16.8.2   FUJIFILM XQ2 6.4-25.4mm ISO1600 1/38,F1.8
e0339873_18284481.jpg
        ネット検索し、すぐに同定できた。イラガの幼虫は特異な姿をしているが、接触は禁物だ。
        いずれ、幼虫にも会ってみたい。


        ナシイラガ チョウ目 イラガ科
         •大きさ (開張)30-35mm
         •時 期 7-9月
         •分 布 北海道・本州・四国・九州
           前翅は黄褐色~灰褐色で、くすんだ灰白色の帯模様がある。後翅は褐色。
           灯火によく飛来する。
      (「昆虫エクスプローラ」より)


タカサゴツマキシャチホコ   〃   〃   1/38,F1.8
e0339873_18341943.jpg
        まるで、折れた枯れ枝の一部にそっくりだ。
        誰の目をだまそうというのだろうか?

        タカサゴツマキシャチホコ  チョウ目 シャチホコガ科
         •大きさ (開張)48-55mm
         •時 期 7-8月
         •分 布 本州(関東以西)・四国・九州
           前翅は銀白色で、翅頂部に黄白色の紋(紋の内縁は黒色)があり、外縁は茶褐色。
           後翅は淡褐色。頭部・胸部は茶褐色。翅を細くすぼめてとまることが多く、静止していると木片に見える。
           灯火に飛来する。
      (「昆虫エクスプローラ」より)

.
[PR]
by higirinikki2 | 2016-08-03 18:39 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)
<< ■ バッタの仲間 3種   1... ■ ヒメクロオトシブミ   1... >>