■ オニグモ 2種   16.5.17   (ヤマシロオニグモ、ビジョオニグモ)

夜中から降り始めた雨が夕方まで、けっこう激しく降り続いている。明日からは晴れの日がつづくようだ。

13日の散策で出会ったオニグモの仲間です。


ヤマシロオニグモ   16.5.13   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/50,F8
e0339873_18285888.jpg
        「これはオニグモだったかな?」と思いながら撮りました。

e0339873_1830388.jpg
        「これは何グモかな?」と思いながら撮りました。

        セット検索の結果「ヤマシロオニグモ」としました。色味、紋様には変異が多いとのこと。

        ヤマシロオニグモ  ♂:8~10mm ♀:12~15mm
                 分布 北海道,本州,四国,九州,南西諸島
                 出現期 6~10月
                 エサ 昆虫
 
                 コガネグモ科ヒメオニグモ属の仲間。
                 頭胸部は暗赤褐色で、腹背の模様や色彩は個体差が激しい。
                 腹部背面中央から後方にかけて白い縁取りの黒い縦帯があるものがアトグロ型、
                 腹部背面前方から波打った白色の縦帯があるものがセジロ型と呼ばれている。
                 樹間に多く生息し、夜に活動、昼は葉の隙間などで静止していることが多い。
(「虫ナビ」より引用)


ビジョオニグモ   〃   〃   ISO800 1/100,F8
e0339873_18384541.jpg
        葉の上に編んだ網の中から外をうかがっているところ。

e0339873_18394642.jpg
        背中の紋様を撮ろうとすると逆光に。

e0339873_18403499.jpg
        横からフラッシュを焚くと白く飛んでしまいますが。

        ビジョオニグモ  ♂:5~6mm ♀:8~10mm
                 分布 北海道,本州,四国,九州
                 出現期 8~10月
                 エサ 昆虫

                 綺麗な色彩をした模様を持つオニグモ。
                 腹部は白地で前方側面は黒色で縁取られ、背甲の中央付近に1対の黒紋,
                 後方は緑色がかり、2本の黄色い横線があるなどの特徴がある。
                更に腹部前方に黒色の太いV字状の紋があり、個体により、前縁の黒い縁取りと繋がることがある。
                図鑑によると模様が美しいから美女の名が付いたようだ。
(「虫ナビ」より引用)
[PR]
by higirinikki2 | 2016-05-17 18:45 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)
<< ■ アカシジミ 3   16.... ■ 甲虫 3種   16.5.... >>