■ ノイバラの葉にオトシブミ   16.5.12

きのうの強風の1日から一転して「五月晴れ」に。(本来の“さつきばれ”は梅雨の合間の晴れ、のはずだが)
ひさしぶりに、大学クラスメート「6人の会」を大手町の和食屋で昼食会で開いた。終わって皆で、皇居東御苑を散歩、日陰の風が気持ちよかったです。

6日の散策で見つけたシーンです。


ノイバラの葉に落し文   16.5.6   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/180,F5.6
e0339873_1841287.jpg
e0339873_18412148.jpg
        ノイバラの小さな葉を、くるくると丸めて作った”落し文”こと「揺籃」です。
        誰の仕業か、作成者は近くにはいませんでした。


ヒメクロオトシブミ   〃   〃(trimming) 1/180,F5.6
e0339873_18443513.jpg
        近くの別の葉の上に、どうやら作成者と思われる虫を見つけました。
        あの丸めた葉の中に卵を産み付け、孵化した幼虫はこの葉を中から食べて成長します。

        過去記事  ヒメクロオトシブミ

.
[PR]
by higirinikki2 | 2016-05-12 18:46 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)
<< ■ ゴミグモを狩るオオシロフク... ■ 蜘蛛合戦?   16.5.11 >>