■ ケンポナシの実   15.11.1-1

朝の冷え込みがきつくなってきました。3日の「作品展」に出す作品掲示の仕上げができたので、午後、散策に出ました。歩きを中心に、尾根道を30分ほど急ぎ足で歩いてきました。

ケンポナシの実が風に吹かれて園路に落下し始めています。


ケンポナシの実   15.11.1   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/210,F8
e0339873_202422.jpg
e0339873_20241162.jpg
        果実は球形の核果だが、果肉はほとんど無い。代わりに果柄が太く折れ曲がって肉質になり、食べられる。
       冬に熟し、果実が黒色なるころ果柄は梨の香りがしておいしくなる。
        果実の梨と比べれば食べでは無いが、昔は山のおやつだったのかもしれない。  樹木図鑑 より
[PR]
by higirinikki2 | 2015-11-01 20:26 | 舞岡公園の草木 | Comments(2)
Commented by YAKUMA at 2015-11-01 20:51 x
ケンポナシ、私も今日載せました。
食感や味も試してみたいですね。
Commented by higirinikki2 at 2015-11-01 22:21
YAKUMA さん 熟した黒い実が目立つようになりましたね。
落下した実で味見するのは躊躇しますけども。
以前、試してみましたが、味や食感は忘れました。
<< ■ アオサギ 若鳥   15.... ■ 「まい作品展」 のご案内 ... >>