■ 蛾の幼虫 3種   15.10.22   (フタトガリコヤガ、スジモンヒトリ、?)

薄い雲が空を覆っているが、これは「晴れ」の天気。朝晩が冷え込むが、日中は20℃ちょっとで気持ち良い1日。

3日前、公園の林の中でしゃがんで撮影していると、首筋から何かの虫が入り込んだらしく、ムズムズしてそのうちに痛痒くなってきた。服を脱いで確認もできず、そのまま散策を続けていた。帰宅後、肩から背中にかけて赤い発疹がいっぱい広がっていた。一昨日、きのうの葬儀でずっと痒さを我慢、やっと今日皮膚科を受診できた。医師は一目みるなり「これはチャドクガにやられましたね」とのこと。かなり効くステロイド軟膏をもらってきた。スーという感じで痒みはとれつつある。

庭にツバキやサザンカがあった時は、枝葉の剪定中、不注意にもチャドクガの幼虫にやられたことが数回あった。今頃の季節にも、まだ蛹や成虫にやられることもあるらしいので、ご注意!を。

最近見つけた蛾の幼虫3種です。


フタトガリコヤガ   15.10.9   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/220,F8
e0339873_17594568.jpg
        小谷戸の里の足洗い場の上のフヨウの葉を食害していた。
        幼虫の色彩に黒紋型と赤紋型の2型あり、これは黒紋型。


スジモンヒトリ?シロヒトリ?   10.19   〃   1/340,F8
e0339873_1833464.jpg
        ときどき園路を歩いていることもある、典型的な「毛虫」。よく似ているので、どちらかは不明です。


   10.15   〃   1/75,F8
e0339873_1862086.jpg
        アザミの葉を齧っていた。特徴的な姿なので、すぐわかると思ったが、何だかわかりません。
[PR]
by higirinikki2 | 2015-10-22 18:08 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)
<< ■ 産卵管のあるハチ 2種  ... ■ 木の実 3種   15.1... >>