■ オオカマキリの捕食   15.9.8

秋雨前線に台風が接近・融合して大雨が予想されている。

おとといの散策で見つけたオオカマキリの捕食シーンです。
肉食カマキリの猟の形態は「待ち伏せ」です。周囲の草葉に紛れてじっとしている。気づかずに接近した昆虫などを、あの鎌で捕まえるのです。
おとといも、何気なく見た藪の中にシオカラトンボがいるのが不自然に思えて、覗き込んだところ「オオカマキリ」が鎌で抱きかかえているところだったのです。


オオカマキリ   15.9.6   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/420,F9
e0339873_18513357.jpg
        まるで抱っこしているように見えますが、
        よく見ると鋭い刃のついた鎌ががっちりと確保しています。

e0339873_18531831.jpg
        首根っこを抑えられています。

e0339873_18534394.jpg
e0339873_18535098.jpg
        トンボが1秒間に何回、羽ばたいているのか知らないが、その翅を動かしている筋肉は凄いですね。
        その筋肉はカマキリにとってのご馳走でしょう。
[PR]
by higirinikki2 | 2015-09-08 18:56 | 舞岡公園の虫 | Comments(2)
Commented by YAKUMA at 2015-09-08 21:29 x
これはすごい映像ですね。
どちらも肉食、トンボが戦いに敗れたのですね。
Commented by higirinikki2 at 2015-09-09 18:33
YAKUMAさん 待ち伏せて掴まえたのですから、闘いらしい闘いはなかったと思います。
丹念に覗き込むことで、珍しいシーンをとらえることができるようです。
まあ、「毎日が日曜日」時間だけはいっぱいあるのが取り柄です。
<< ■ イオウイロハシリグモ   ... ■ 赤紫色の花 3種   15... >>